二 級 管 工事 - 2級の施工管理(電気:管工事)には合格証明書だけで、資格証のよう...

級 管 工事 二 2級 管工事施工管理技術検定のご案内

級 管 工事 二 令和4年度 1・2級管工事施工管理技士[資格詳細]

級 管 工事 二 管工事施工管理技士1級・2級試験の第一次検定と第二次検定の難易度。2021年よりの新試験制度

級 管 工事 二 2級管工事施工管理技士検定の過去問|construction site

2級管工事施工管理技士は令和3年度より新制度になりました。新制度ってどんな勉強すればいいの?それを解説します。

級 管 工事 二 管工事施工管理技士とは?1級と2級それぞれの試験内容や合格率を詳しく解説

2級管工事施工管理技術検定

級 管 工事 二 令和4年度 1・2級管工事施工管理技士[資格詳細]

管工事施工管理技士とは?合格率は高いのか?低いのか?

級 管 工事 二 2級管工事施工管理技士は令和3年度より新制度になりました。新制度ってどんな勉強すればいいの?それを解説します。

級 管 工事 二 管工事施工管理技士とは?合格率は高いのか?低いのか?

管工事施工管理技士1級・2級試験の第一次検定と第二次検定の難易度。2021年よりの新試験制度

級 管 工事 二 2級管工事施工管理技士・合格発表

級 管 工事 二 2級管工事施工管理技術検定

管工事施工管理技士

3 学校教育法 昭和22年法律第26号 による大学を卒業した者で、在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業した年度又は卒業後1年いないに平成27年度までの2級の技術検定の学科試験に合格 在学中の合格も含む。 試験対策に学校・通信講座・スクール 管工事施工管理技士を目指す方々の場合は、 「時間が取れない」 「効率的な学習を知りたい」 このような意見が多くあります。 〇 アーク溶接機を用いて行う金属の溶接、溶断等の業務 3項 〇 作業床の高さ10m未満の高所作業車運転業務 10の5項 〇 小型ボイラー取扱業務 14項 〇 玉掛(1トン未満のクレーン、移動式クレーン、デリック)業務 19項 〇 酸素欠乏危険作業にかかる業務 26項 〇 足場の組立て、解体、変更の作業に係る業務 39項 1級管工事施工管理 第二次検定 実地試験 出題傾向の分析 難易度が高くても高得点を取る必要なし。.

  • ビル管理の管工事は2級で十分 なぜビル管理業務に勤しむ私が、 2級管工事(以下2級管工事)の資格を取得しようと思ったか? 総額4000万以上の管工事を請負う場合は、 1級管工事の資格が必要になります。 現場受入れ検査のサンプル解答文/ 機器の設計図書及び顧客要求事項・安全性の確認 1 特に重要と考えた事項 大規模店舗新築工事において冷暖房設備機器、冷凍設備機器、給湯設備や衛生設備機器などが、設計図書に記述された仕様、顧客要求事項を満たしていること。 第二次検定では、 監理技術者として、 工事の施工管理を適確に行うために 必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる 応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる 応用能力が問われます。 1級管工事施工管理技術検定の第1次検定を、受験資格:2級管工事施工管理技士の合格者として合格した者のうち、第1次検定における受験資格の1・2・3・4、または次のiまたはiiのうちいずれかに該当する者 i ・2級管工事施工管理技士に合格後1年以上の中で、指導監督的な実務経験および専任の監理技術者による指導を受けた実務経験2年以上を含めて3年以上経過している者 ・2級合格後5年以上 ・2級合格後5年未満で高等学校、中等教育学校の卒業者(高度専門士・専門士以外)の場合、卒業後の実務経験年数は、指定学科卒業者は9年以上・指定学科以外の卒業者は10年6ヶ月以上 ・その他の者は12年以上 ii ・専任の主任技術者としての実務経験1年以上 2級合格者、合格後3年以上、専任の主任技術者としての実務経験を合格後1年以上含む3年以上、合格後3年未満の者 ・短期大学、高等専門学校、専門学校の卒業者(専門士) 指定学科卒業者の実務経験年数は、1級の第1次検定における受験資格1の区分。 ロ 第一次検定免除者 1 平成28年度以降の学科試験のみを受検し合格した者で、 2 イのうち第一次検定の合格を除く2級管工事施工管理技術検定・第二次検定の受検資格を有する者(当該合格年度の初日から起算して12年以内に連続2回の第二次検定を受検可能) 2 技術士法による第二次試験のうち技術部門を機械部門(選択科目を「流体機器」又は「熱・動力エネルギー機器」とするものに限る。 2級第二次検定のみ受験 1 2級管工事施工管理技術検定「第一次検定・第二次検定」を受験し、第一次検定のみ合格した者 2 令和3年度以降の「第一次検定」のみを受験して合格し、所定の実務経験(1表、2表)を満たした者 3 技術士法第4条第1項の規定による第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体工学」又は「熱工学」とするものに限る)、上下水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体工学」、「熱工学」又は上下水道部門若しくは衛生工学部門に係るものとするものに限る)とするものに合格した者(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成15年文部科学省令第36号)による改正前の第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体機械」又は「暖冷房及び冷凍機械」に係るものとするものに限る)、水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体機械」、「暖冷房及び冷凍機械」又は水道部門若しくは衛生工学部門とするものに限る)とするものに合格した者を含む)で、受験する2級管工事施工管理技術検定 第二次検定の受検資格を有する者 4 学校教育法による大学を卒業した者で在学中に施工技術検定規則(以下「規則」という)第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後1年以内に平成28年度までの2級管工事施工管理技術検定の学科試験に合格(在学中の合格も含む。 申込受付期間 「第一次検定(前期)」 令和4年3月2日(水)~令和4年3月16日(水) 「第一次検定・第二次検定、第一次検定(後期)、第二次検定」 令和4年7月12日(火)~令和4年7月26日(火) 申込は簡易書留郵便による個人別申込になります。 1級管工事施工管理 第二次検定 実地試験 項目集サンプル これだけ項目集では、1級 実地試験で出題されるすべての、 次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。 【インターネットでの再受検申込に際してのご注意】 ・「第一次検定・第二次検定」の再受検申込の場合 平成27年度から令和2年度までの「学科・実地」及び令和3年度の「第一次検定・第二次検定」の 受検実績者は、受検資格等の審査が済んでいますので、同一の受検種目の「第一次検定・第二次検定」 の申込に限りインターネット再受検申込が可能です。 実務経験について 〔管工事施工管理〕に関する 実務経験年数とは 管工事の施工に直接的に関わる技術上の全ての職務経験をいい、具体的には、下記 1 ~ 3 に関するものをいいます。 【1級第二次検定出題形式】 出題合計数と合格ライン 級別 試験種 経験記述 問題 記述式問題 合計問題数 出題内容 1級 土木 1題必答 3/5題選択解答 4/6題 土工 1 ・コンクリート工 1 ・施工管理 3 造園 1題必須、1/3題選択解答 4/5題 植栽施工 1 ・工程・品質・安全管理からそれぞれ1 3 管工事 1題必須、2/4題選択解答 4/6題 施工全般 2 ・法規 1 ・工程管理 1 建築 5題必須解答 5/5問 躯体 1 ・仕上げ 1 ・施工管理 1 ・法規 1 電気 5題必須解答 5/5問 電気工学 1 ・施工管理 2 ・法規 1 舗装 (応用) 2/4題選択解答 3/5題 舗装工学 4 2級 土木 2/4題選択解答 3/5題 土木一般 2 ・施工管理 2 造園 2題必須解答 3/3題 造園材料・植栽施工・施工管理 2 管工事 3/5題選択解答 4/6題 施工全般・法規 5 建築 4題必須解答 4/4題 施工計画 1 ・法規 1 ・工程管理 1 電気 5題必須解答 5/5問 電気工学 1 ・施工管理 2 ・法規 1 舗装 (応用) 3/4題選択解答 4/5題 舗装工学 4 経験記述の概要について 工事経験記述(体験記述ともいいます)は、実際に現場の仕事をした経験があるかどうかを判断するための作文形式の記述問題です。 1級 実地試験 問題1 設備全般 のサンプル 1管工事 実地 H29-1-1 H27-1-2 H25-1-1 H22-1-3 H19-1-2 排水、通気系統図 ・汚水槽の流出管は、トラップ形式でないため、T形トラップを設置する。 科目 出題数 解答数 解答形式 施工管理法 1問 1問(必須) 記述 2問 1問(選択) 記述 2問 1問(選択) 記述 1問 1問(必須) 記述 従来の「実地試験」と同様、令和3年度からの「第二次検定」も、出題6問・解答4問という構成です。 ・工程管理 + 試運転調整と自主検査、または、現場受入れ検査 ・安全管理 + 試運転調整と自主検査、または、現場受入れ検査• 試験科目 1級第一次検定 機械工学等 ・管工事の施工に必要な機械工学、 衛生工学、電気工学及び建築学の知識 ・冷暖房、空気調和、給排水、衛生等 設備に関する知識。 受験者数 合格者数 合格率 16,473 5,471 33.

  • 1級第二次 検定 設備全般、工程管理、法規、施工経験記述 を中心とした記述式 2級 第一次 検定 機械工学等の知識: ・機械工学、衛生工学、電気工学、 電気通信工学及び建築学に関する知識 ・冷暖房、空気調和、給排水、 衛生等の設備に関する知識 ・設計図書に関する知識 施工管理法の知識: 施工計画の作成方法及び工程管理、 品質管理、安全管理等工事の施工の 管理方法に関する知識 新制度で追加される科目 施工の管理を的確に行うために必要な能力 法規の知識 建設工事の施工に必要な法令に 2級 第二次 検定 記述式 施工管理法に関連し ・主任技術者として、 施工の管理に必要な知識 ・監理技術者又は主任技術者の、 設設計図書の理解。 2級 建設業法による 一般建設業の営業所の 専任技術者や、工事現場における 主任技術者となることができる。 以下の学歴と実務経験年数に該当する者 ・大学、専門学校の卒業者(高度専門士) 実務経験年数(指定学科の卒業者):卒業後3年以上 実務経験年数(指定学科以外の卒業者):卒業後4年6ヶ月以上 ・短期大学、高等専門学校、専門学校の卒業者(専門士) 実務経験年数(指定学科の卒業者):卒業後5年以上 実務経験年数(指定学科以外の卒業者):卒業後7年6ヶ月以上 ・高等学校、中等教育学校、専門学校の卒業者(高度専門士・専門士以外) 実務経験年数(指定学科の卒業者):卒業後10年以上 実務経験年数(指定学科以外の卒業者):卒業後11年6ヶ月以上 ・その他の者 実務経験年数:15年以上 2.

管工事施工管理技士(1級・2級)|CIC日本建設情報センター

4を卒業し大学の指定学科に進学した卒業者:卒業後8年以内免除 管工事施工管理技士の試験のスケジュール 2級管工事施工管理技士検定のスケジュール ・学科試験(前期) 受付期間:2週間ほど。 工程管理 10件、安全管理 10件、試運転調整 5件、受入れ検査 5件。 第二次検定 受験資格 下記のいずれかに該当する者 イ 1級管工事施工管理技術検定 第一次検定の合格者で所定の実務経験がある者 ロ 前年度1級管工事施工管理技術検定・学科試験に合格し、実地試験が不合格又は欠席をした者 ハ 技術士法第4条第1項の規定による第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体工学」又は「熱工学」とするものに限る)、上下水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体工学」、「熱工学」又は上下水道部門若しくは衛生工学部門に係るものとするものに限る)とするものに合格した者(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成15年文部科学省令第36号)による改正前の第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体機械」又は「暖冷房及び冷凍機械」とするものに限る)、水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体機械」、「暖冷房及び冷凍機械」又は水道部門若しくは衛生工学部門とするものに限る)とするものに合格した者を含む)で、受験する1級管工事施工管理技術検定学科試験の受検資格を有する者 第二次検定 受験資格 下記のいずれかに該当する者 イ 2級管工事施工管理技術検定 第一次検定の合格者で下記の実務経験がある者 ロ 前年度2級管工事施工管理技術検定・学科試験に合格し、実地試験が不合格又は欠席をした者 ハ 技術士法第4条第1項の規定による第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体工学」又は「熱工学」とするものに限る)、上下水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体工学」、「熱工学」又は上下水道部門若しくは衛生工学部門に係るものとするものに限る)とするものに合格した者(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成15年文部科学省令第36号)による改正前の第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体機械」又は「暖冷房及び冷凍機械」に係るものとするものに限る)、水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体機械」、「暖冷房及び冷凍機械」又は水道部門若しくは衛生工学部門とするものに限る)とするものに合格した者を含む)で、受験する2級管工事施工管理技術検定学科試験の受検資格を有する者 (1)学歴 学 歴 実務経験年数 指定学科以外 ・大学 ・専門学校を卒業し「高度専門士」と称する者 1年以上 1年6ヶ月以上 ・短期大学・ 高等専門学校 ・専門学校を卒業し「専門士」と称する者 2年以上 3年以上 ・高等学校 ・専門学校 3年以上 4年6ヶ月以上 その他 8年以上 (2) 職業能力開発促進法第44条による検定職種を配管技能検定1級・2級合格者 } 選択科目 実務経験年数 建築配管作業 4年以上 (職業能力開発促進法施行規則の一部を改正する省令(平成15年12月25日厚生労働省令第180号)の施行の際、既に、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号による技能検定のうち、検定職種を1級の配管(選択科目を「建築配管作業」とするものに限る)又は2級の配管とするものに合格した者及び職業訓練法施行令の一部を改正する政令(昭和48年政令第98号)による改正前の職業訓練法施行令による1級又は2級の空気調和設備配管若しくは給排水衛生設備配管とするものに合格した者、又は同法附則第2条の規定による廃止前の職業訓練法(昭和33年法律第133号)による技能検定のうち、検定職種を1級又は2級の配管工とするものに合格した者を含む).

  • 総合的な試運転調整のサンプル解答文/ 高置タンク方式の液面制御運転の試運転調整 1 特に重要と考えた事項 マンション施設管理者が1日のうち午前午後合わせ2時間程度業務する形態であるため、高置タンクの液面制御運転調整、緊急連絡体制の構築を最重要課題とした。 1級 管工事施工管理技士試験の 「経験記述問題」「第二次検定 実地試験」 支援ツールのおすすめポイントを、少しだけ紹介します。 試験地 「第一次検定(前期)」 札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇の10地区 「第一次検定・第二次検定、第一次検定(後期)、第二次検定」 札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇の13地区 なお、2級第一次検定のみ試験地については、上記試験地に、宇都宮を追加する。 1管工事 実地 H29-5-5 H27-5-2 H27-5-3 H26-5-1 H25-5-1 H19-5-4 労働安全衛生規則 36条 特別教育を必要とする業務 事業者は、〇〇〇の業務に労働者をつかせるときは、当該業務に関する安全、衛生のための特別の教育を行わなければならない。 R元年度二次試験 当時の実地試験 設問1(1) R元年度前期試験 問37 平成27年度 問36 問1(4)について 令和3年度二次試験の問1の 4 を確認してみます。 とするものに合格した者で、第一次検定の合格を除く2級管工事施工管理技術検定・第二次検定の受検資格を有する者 技術士法施行規則の一部を改正する省令 平成15年文部科学省令第36号 による改正前の第二次試験のうち技術部門を機械部門 選択科目を「流体機械」又は「暖冷房及び冷凍機械」に係るものとするものに限る。 工程管理について書く事 ポンプ交換のような日数のかからない工事については、 施工に関する工程管理は書きづらいので、書くとしたら… 機器の納期が遅れても問題無いように、 発注から納品までに係る日数を逆算し、 機器の発注を通常より1週間早めた。 管工事施工管理技士試験 1級 第二次検定(実地試験) 1級管工事施工管理 第二次検定 実地試験 これだけ項目集 試験勉強では過去問題を分析し、重要な部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が重要です。 1級 実地試験 問題5 法規 のサンプル 1管工事 実地 H28-5-1-2 H24-5-1 H22-5-1 H20-5-1 H18-5-1 労働安全衛生法 15条の2-1 元方安全衛生管理者 統括安全衛生責任者を選任した事業者で建設業を行う者は、厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、元方安全衛生管理者を選任し、その者に統括安全衛生責任者が統括管理すべき事項のうち、技術的事項を管理させなければならない。 1 受注者(請負人)として施工を指揮・監督(工程管理、品質管理、安全管理等含む)した経験(施工図の作成や補助者としての経験も含む) 2 設計者等による工事監理の経験(補助者としての経験も含む) 3 発注者側における現場監督技術者等としての経験(補助者も含む) なお、研究所・学校等における研究、教育および指導業務、保守・点検業務等は実務経験年数として認められません。 1 特に重要と考えた事項 2 とった措置又は対策 管工事施工管理技士試験 1級 経験記述の解答例サンプル• 1級実地試験は、 問題1 設備全般、問題2 空調設備、問題3 給排水設備、 問題4 工程管理、問題5 法規。 区分 内容 1級 建設業法により 特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない 主任技術者および監理技術者になることができる。 実務経験年数を確認する 1級第二次検定 下記 1 、 2 のいずれかに該当する方 1 令和3年度以降の「第一次検定・第二次検定」を受験し、第一次検定のみ合格した者 2 技術士法第4条第1項の規定による第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体工学」又は「熱工学」とするものに限る)、上下水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体工学」、「熱工学」又は上下水道部門若しくは衛生工学部門に係るものとするものに限る)とするものに合格した者(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成15年文部科学省令第36号)による改正前の第二次試験のうち、技術部門を機械部門(選択科目を「流体機械」又は「暖冷房及び冷凍機械」とするものに限る)、水道部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門(選択科目を「流体機械」、「暖冷房及び冷凍機械」又は水道部門若しくは衛生工学部門とするものに限る)とするものに合格した者を含む)で、受験する1級管工事施工管理技術検定第一次検定の受検資格を有する者 職業能力開発促進法第44条第1項の規定による技能検定のうち、検定職種を1級の配管(選択科目を「建築配管作業」とするものに限る)又は2級の配管に合格した者であって、管工事施工に関し4年以上の実務経験を有する者(職業能力開発促進法施行規則の一部を改正する省令(平成15年12月25日厚生労働省令第180号)の施行の際、既に、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号による技能検定のうち、検定職種を1級の配管(選択科目を「建築配管作業」とするものに限る)又は2級の配管とするものに合格した者及び職業訓練法施行令の一部を改正する政令(昭和48年政令第98号)による改正前の職業訓練法施行令による1級又は2級の空気調和設備配管若しくは給排水衛生設備配管とするものに合格した者、又は同法附則第2条の規定による廃止前の職業訓練法(昭和33年法律第133号)による技能検定のうち、検定職種を1級又は2級の配管工とするものに合格した者を含む) 〔管工事施工管理〕 に関する 実務経験年数とは 管工事の施工に直接的に関わる技術上の全ての職務経験をいい、具体的には、 1 ~ 3 に関するものをいいます。 ・高等学校、中等教育学校、専門学校の卒業者(高度専門士・専門士以外) 実務経験年数(指定学科の卒業者):卒業後7年以上 実務経験年数(指定学科以外の卒業者):卒業後8年6ヶ月以上 ・その他の者は12年以上 1級管工事施工管理技士の学科試験の内容 1級管工事施工管理技士の学科試験では、管工事の施工知識・空調と衛生・設計図書・施工管理法・法規などの範囲から出題されます。 令和3年度から、1級管工事施工管理技術検定 学科試験および実地試験は技術検定制度の改定により、第1次検定 現学科試験相当 及び、第2次検定 現実地試験相当 と独立した技術検定になります。 1 受注者(請負人)として施工を指揮・監督(工程管理、品質管理、安全管理等含む)した経験(施工図の作成や補助者としての経験も含む) 2 設計者等による工事監理の経験(補助者としての経験も含む) 3 発注者側における現場監督技術者等としての経験(補助者も含む) なお、研究所・学校、訓練所等における研究、教育および指導業務、設計業務、保守・点検業務等は実務経験年数として認められません。 その他 問2から問6 の問題については下表のとおり、昨年度同様の出題形式、出題数で、設備全般 空調・衛生 、工程管理、法規、施工経験記述が出題されました。 試験日及び合格発表日 「第一次検定(前期)」 試験日: 令和4年6月5日 日 合格発表日: 令和4年7月5日 火 「第一次検定・第二次検定、第一次検定(後期)、第二次検定」 試験日: 令和4年11月20日 日 合格発表日: ・第一次検定(後期) 令和5年1月20日 金 第一次検定のみ受検者 ・第一次検定・第二次検定、第二次検定 令和5年3月1日(水) 4.

  • 覚えてしまえば、サービス問題に変わるので確実に得点にしましょう! 二級管工事試験の施工経験記述の書き方 二級管工事試験の施工経験記述の書き方は、 「工程管理」「品質管理」「安全管理」 について書ければ完璧です。 令和元年度後期試験 問38 問1(5)について 令和3年度二次試験の問1の 5 を確認してみます。 )し、卒業した後4年以内に行われる連続する2回の2級管工事施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で管工事施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者 5 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後2年以内に平成28年度までの2級管工事施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後5年以内に行われる連続する2回の2級管工事施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で管工事施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者 6 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で、平成28年度までの2級管工事施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(短期大学又は高等専門学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、短期大学又は高等専門学校を卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級管工事施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で管工事施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者 7 学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後3年以内に平成28年度までの2級管工事施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級管工事施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で管工事施工管理に関し3年以上の実務経験を有する者 8 学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、平成28年度までの2級管工事施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び短期大学又は高等専門学校在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後7年以内に行われる連続する2回の2級管工事施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で管工事施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者 9 学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、平成28年度までの2級管工事施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後8年以内に行われる連続する2回の2級管工事施工管理技術検定・実地試験(第二次検定)を受験しようとする者で管工事施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者.




2022 blog.edcanvas.com