特定 薬剤 管理 指導 加算 2 - [通知]第98 特定薬剤管理指導加算2

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 特定薬剤管理指導加算 2

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 2020年度診療報酬改定 特定薬剤管理指導加算2【薬剤服用歴管理指導料】

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 特定薬剤管理指導加算2の施設基準|e

特定薬剤管理指導加算2【2022年改定】※抗悪性腫瘍薬(抗がん剤)

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 特定薬剤管理指導加算2【2022年改定】※抗悪性腫瘍薬(抗がん剤)

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 [通知]第98 特定薬剤管理指導加算2

特定薬剤管理指導加算2の施設基準|e

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 特定薬剤管理指導加算2の施設基準|e

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 特定薬剤管理指導加算2が新設|内容と算定要件、点数、算定事例など|2020年(令和2年)の調剤報酬改定

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 【特定薬剤治療管理料】算定ルールやレセプト記入の仕方を例題でわかりやすく解説!

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 【特定薬剤治療管理料】算定ルールやレセプト記入の仕方を例題でわかりやすく解説!

2021年|薬剤管理指導料の算定要件・指導内容と施設基準

管理 加算 指導 薬剤 2 特定 #022 特定薬剤管理指導加算2

特定薬剤管理指導加算とは

[算定要件] (1)保険医療機関で、 抗悪性腫瘍剤を注射された患者について、当該患者の治療内容等を文書により確認し、必要な薬学的管理及び指導を行った場合であって、当該患者の同意を得た上で、 調剤後の抗悪性腫瘍剤の服用に関し、 電話等により服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、当該保険医療機関に必要な情報を 文書等により提供した場合には、特定薬剤管理指導加算2として、月1回に限り100点を所定点数に加算する。 調剤報酬点数表(2022)より引用 特定薬剤管理指導加算2 注6 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において、 別に厚生労働大臣が定める患者に対して、当該患者の副作用の発現状況、治療計画等を文書により確認し、必要な薬学的管理及び指導を行った上で、当該患者の同意を得て、悪性腫瘍の治療に係る薬剤の投薬又は注射に関し、電話等により、その服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、保険医療機関に必要な情報を文書により提供した場合には、特定薬剤管理指導加算2として、月1回に限り100点を所定点数に加算する。 シ】「注7」に規定する加算は、入院中の患者であって、バンコマイシンを数日間以上投与しているものに対して、バンコマイシンの安定した血中至適濃度を得るため頻回の測定 が行われる初回月に限り を行った場合は、 1回に限り、 初回月加算(バンコマイシンを投与した場合)として「注7」に規定する加算を算定し、「注8」に規定する加算は別に算定できない。 )及び必要な指導が行われている悪性腫瘍の患者 2 当該保険薬局において、悪性腫瘍の治療に係る薬剤の調剤を受ける患者 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて 2022 より引用 1 特定薬剤管理指導加算2に関する施設基準 1 施設基準の届出時点において、保険薬剤師としての勤務経験を5年以上有する薬剤師が勤務していること。 2 届出に関する事項 特定薬剤管理指導加算2の施設基準に係る届出は、別添2の様式 92 を用いること。 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて からの引用 第 98 特定薬剤管理指導加算2 1 特定薬剤管理指導加算2に関する施設基準 1 施設基準の届出時点において、保険薬剤師としての勤務経験を5年以上有する薬剤師が勤務していること。 調剤報酬点数表に関する事項 より引用 7 特定薬剤管理指導加算2 1 特定薬剤管理指導加算2は、診療報酬点数表の第2章第6部注射通則第7号の連携充実加算を届け出ている保険医療機関において、抗悪性腫瘍剤を注射された悪性腫瘍の患者に対して、抗悪性腫瘍剤等を調剤する保険薬局の保険薬剤師が以下のアからウまでの全てを実施した場合に算定する。 【薬剤服用歴管理指導料】 (新) 特定薬剤管理指導加算2 100点(月1回まで) [対象患者] 保険医療機関(連携充実加算を届出ている場合に限る)において、 抗悪性腫瘍剤が注射されている悪性腫瘍の患者であって、化学療法のレジメン(治療内容)等について、文書により交付されているもの。 70 特定薬剤管理指導加算 2 とは?厚生労働省資料を読む ひとまず,厚労省から出されている文書を確認しよか。 2 「抗悪性腫瘍剤等を調剤する保険薬局」とは、患者にレジメン(治療内容) 等 を交付した保険医療機関の処方箋に基づき、保険薬剤師が抗悪性腫瘍剤又は制吐剤等の支 持療法に係る薬剤を調剤する保険薬局をいう。 対象患者の要件 薬剤服用歴管理指導料を算定している 抗がん剤の治療を受けている 処方元の医療機関が連携充実加算を算定している 【留意点】 ・「抗悪性腫瘍剤等を調剤する保険薬局」とは、患者にレジメンを交付した保険医療機関の処方箋に基づき、保険薬剤師が抗悪性腫瘍剤又は制吐剤等の支持療法に係る薬剤を調剤する保険薬局をいう。 注7 「イ」については、入院中の患者であって、バンコマイシンを投与しているものに対して、同一暦月に血中のバンコマイシンの濃度を複数回測定し、その測定結果に基づき、投与量を精密に管理した場合は、 1回目の特定薬剤治療管理料を算定すべき月 1回に限り、 530点を所定点数に加算する。 調剤報酬点数表 より引用 特定薬剤管理指導加算2 注7 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において、別に厚生労働大臣が定める患者に対して、当該患者の副作用の発現状況、治療計画等を文書により確認し、必要な薬学的管理及び指導を行った上で、当該患者の同意を得て、悪性腫瘍の治療に係る薬剤の投薬又は注射に関し、電話等により、その服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、保険医療機関に必要な情報を文書により提供した場合には、 特定薬剤管理指導加算2として、月1回に限り100点を所定点数に加算する。 疑義解釈より引用 【特定薬剤管理指導加算2】について より引用 問10 特定薬剤管理指導加算1と特定薬剤管理指導加算2は併算定可能か。 3 特定薬剤管理指導加算2における薬学的管理及び指導を行おうとする保険薬剤師は、 原則として、保険医療機関のホームページ等でレジメン(治療内容) 等 を閲覧し、あらかじめ薬学的管理等に必要な情報を把握すること。 特に (Plan) :入所者の病状、服薬アドヒアランス等に応じた処方の検討、 (Do) : 検討に基づく処方 (Check : 処方後の状態等を踏まえた総合的な評価 (Action : その評価結果を踏まえた処方継続又は処方変更 一連のサイクルを行いサービスの質の管理、国民の健康の保持増進及びその有する能力の維持向上に適宜活用されていくことが必要とされています。 【特に安全管理が必要な医薬品(12種類)】 ・抗悪性腫瘍剤 ・免疫抑制剤 ・不整脈用剤 ・抗てんかん剤 ・血液凝固阻止剤(内服薬に限る。 施設基準 2022 より引用 十の二 特定薬剤管理指導加算2の施設基準 当該管理及び指導等を行うにつき必要な体制が整備されていること。 5mg 2錠 分2 朝夕食後 30日分処方例3では特定薬剤管理指導加算を算定できません。 当該加算における薬学的管理及び指導を行おうとする保険薬剤師 は, 原則として,保険医療機関のホームページ等でレジメン(治 療内容)を閲覧し,あらかじめ薬学的管理等に必要な情報を把握 すること。.

  • )及び 必要な指導が行われている悪性腫瘍の患者 2 当該保険薬局において、 悪性腫瘍の治療に係る薬剤の調剤を受ける患者 調剤報酬点数表に関する事項(2022)より引用 7 特定薬剤管理指導加算2 1 特定薬剤管理指導加算2は、医科点数表の区分番号「B001-2-12」の「注6」に規定する連携充実加算を届け出ている保険医療機関において、抗悪性腫瘍剤を注射された悪性腫瘍の患者に対して、抗悪性腫瘍剤等を調剤する保険薬局の保険薬剤師が以下のアからウまでの全てを実施した場合に算定する。 [ ] 区分 10 薬剤服用歴管理指導料 8 7 特定薬剤管理指導加算2 1 特定薬剤管理指導加算2は、診療報酬点数表の第2章第6部注射通則第7号の連携充実加算を届け出ている保険医療機関において、抗悪性腫瘍剤を注射された悪性腫 瘍の患者に対して、抗悪性腫瘍剤等を調剤する保険薬局の保険薬剤師が以下のアからウまでの全てを実施した場合に算定する。 保険医療機関が実施する抗悪性腫瘍剤の化学療法に係る研修会に 当該保険薬局に勤務する薬剤師の少なくとも 1 名が年 1 回以上参加していること。 注10 「イ」については、エベロリムスを投与している臓器移植後の患者であって、2種類以上の免疫抑制剤を投与されているものについて、医師が必要と認め、同一暦月に血中の複数の免疫抑制剤の濃度を測定し、その測定結果に基づき、個々の投与量を精密に管理した場合は、エベロリムスの初回投与を行った日の属する月を含め3月に限り 月1回、4月目以降は 4月に1回に限り 250点を所定点数に加算する。 十の三 服薬管理指導料の注6 特定薬剤管理指導加算2 及び かかりつけ薬剤師指導料の注4に規定する厚生労働大臣が定める患者 次のいずれにも該当する患者であること。 [調剤点数表] 10 薬剤服用歴管理指導料 (特定薬剤管理指導加算2) 注7 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において、別に厚生労働大臣が定める患者に対して、当該患者の副作用の発現状況、治療計画等を文書により確認し、必要な薬学的管理及び 指導を行った上で、当該患者の同意を得て、悪性腫瘍の治療に係る薬剤の投薬又は注射に関し、電話等により、その服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、保険医療機関に必要な情報を文書により提供した場合には、 特定薬剤管理指導加算2 として、月1回に限り 100点 を所定点数に加算する。 共通する5項目 1 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認 2 服用患者のアドヒアランスの確認(飲み忘れ時の対応を含む) 3 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育 4 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター) 5 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認 共通する5項目が、ハイリスク薬の服薬指導の基本です。 2 届出に関する事項 特定薬剤管理指導加算2の施設基準に係る届出は、別添2の様式 92 を用いること。 別に厚生労働大臣が定める患者とは(施設基準 2022 より引用) 次の いずれにも該当する患者であること。 自殺未遂におよぶ 9 糖尿病用剤 1 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認 2 服用患者のアドヒアランスの確認(Sick Day 時の対処法についての指導) 3 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(低血糖及び低血糖状態出現時の自覚症状とその対処法の指導) 4 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値(HbA1c や血糖値)のモニター) 5 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認 6 注射手技の確認(薬剤の保管方法、空打ちの意義、投与部位等)、注射針の取り扱い方法についての指導 10 膵臓ホルモン剤 1 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認 2 服用患者のアドヒアランスの確認(Sick Day 時の対処法についての指導) 3 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(低血糖及び低血糖状態出現時の自覚症状とその対処法の指導) 4 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値(HbA1c や血糖値)のモニター) 5 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認 6 注射手技の確認(薬剤の保管方法、空打ちの意義、投与部位等)、注射針の取り扱い方法についての指導 11 抗HIV剤 1 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認 2 服用患者のアドヒアランスの確認(服用する回数や時間がライフスタイルと合致しているかの確認、アドヒアランス低下による薬剤耐性HIV出現のリスクについての説明) 3 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(重大な副作用の発見のため、発熱、発疹等の初期症状について指導し、体調変化の有無について確認) 4 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター) 5 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認 特定薬剤管理指導加算を算定するためには「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン」に沿った内容の指導を行い、薬歴にその記録を残さなければなりません。 保険医療機関で,抗悪性腫瘍剤を注射された患者について, 当該患者の治療内容等を文書により確認し,必要な薬学的管理及び指導を行った場合であって, 当該患者の同意を得た上で,調剤後の抗悪性腫瘍剤の服用に関し,電話等により服用状況,副作用の有無等について患者に確認し, 当該保険医療機関に必要な情報を文書等により提供した場合には, 特定薬剤管理指導加算2として, 月1回に限り100点を所定点数に加算する。 (答) ・ 「科学的介護情報システム(LIFE)関連加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」(令和3年3月 16 日老老発 0316 第4号)においてお示しをしているとおり、評価等が算定要件において求められるものについては、それぞれの加算で求められる項目(様式で定められた項目)についての評価等が必要である。 LIFEに提出すべき情報は「科学的介護情報システム(LIFE)関連加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」(令和3年3月 16 日老老発 0316 第4号)の各加算の様式例において示されているが、利用者又は入所者の評価等に当たっては、当該様式例を必ず用いる必要があるのか。 ロ 特定薬剤治療管理料2 100点 注1 「イ」については、ジギタリス製剤又は抗てんかん剤を投与している患者、免疫抑制剤を投与している臓器移植後の患者その他別にに対して、薬物血中濃度を測定して計画的な治療管理を行った場合に算定する。 目次 特定薬剤管理指導加算 2 をスライド資料で確認しよう 【全体版】令和2年度診療報酬改定の概要p.

  • .

特定薬剤管理指導加算2が新設|内容と算定要件、点数、算定事例など|2020年(令和2年)の調剤報酬改定

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com