外来 服薬 支援 料 2 - 2022年度診療報酬改定 外来服薬支援料 調剤料の一包化加算は廃止

2 料 外来 支援 服薬 外来服薬支援料について

2 料 外来 支援 服薬 #020 服用薬剤調整支援料2

2 料 外来 支援 服薬 令和4年度調剤報酬改定内容のダイジェストのみ紹介~若手薬剤師よ、この内容で上司にマウントをとれ~

2 料 外来 支援 服薬 外来服薬支援料について

外来服薬支援料が二つに分かれ一包化加算がなくなりました

2 料 外来 支援 服薬 ブラウンバッグ運動で一包化加算が外れたら「外来服薬支援料加算」を算定できる?

2 料 外来 支援 服薬 外来服薬支援料の算定要件、算定事例など|一包化加算との兼ね合い、レセプト請求のポイントなど

2 料 外来 支援 服薬 14の2 外来服薬支援料

2 料 外来 支援 服薬 一包化加算が外来服薬支援料2になる?

外来服薬支援料 算定方法 具体例|ゆるやく

2 料 外来 支援 服薬 外来服薬支援料

2 料 外来 支援 服薬 退院時処方を外来服薬支援料(185点)を算定して一包化できる?

調剤報酬14の2 外来服薬支援料|診療報酬アカデミー

算定できないケース 例3 F錠 1錠 1日1回 朝食後 N日分 G錠 1錠 1日1回 朝食後 N日分 H錠 1錠 1日1回 昼食後 N日分 I錠 1錠 1日1回 昼食後 N日分 J錠 1錠 1日1回 夕食後 N日分 K錠 1錠 1日1回 夕食後 N日分 6種類もの薬剤を一包化するケースですが、これは「外来服薬支援料2」は算定できません。 )以上が参加してお り、そのうち2者以上が入院保険医 療機関に赴き共同指導を行ってい る場合に、保険薬局の薬剤師が、ビ デオ通話が可能な機器を用いて共 同指導した場合でも算定可能である。 14の2 外来服薬支援料 185点 注1 自己による服薬管理が困難な患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、当該患者が服薬中の薬剤について、 当該薬剤を処方した保険医に当該薬剤の治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の 必要性を確認した上で、患者の服薬管理を支援した場合に月1回に限り算定する。 注2 患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、 患者又はその家族等が 保険薬局に持参した服用薬の整理等の服薬管理を行い、その結果を 保険医療機関に情報提供した場合についても、所定点数を算定できる。 2 調剤報酬明細書に関する事項 14 「保険医療機関の所在地及び名称」欄、「都道府県番号」欄、「点数表番号」欄及び「医療機関コード」欄について 処方せんを発行した保険医(以下「処方医」という。 服用薬剤調整支援料 1 2 点数 125 100 内服薬の種類 6種以上 6種以上 処方医への提案内容 服用薬剤の削減 重複薬の解消 算定要件 ・処方医に文書を用いて提案 ・2種類以上の処方薬の減薬が必要 ・処方医に文書を用いて提案 ・提案後の処方変更の有無は問わず 算定回数 月1 回 3ヶ月に1回 「1」と「2」の共通点は ・6種以上の内服薬を服用している患者が対象 ・医師への文書による提案 です。 区分 14 の2 外来服薬支援料 3 「注2」については、患者が保険薬局に持参した服用中の薬剤等の服薬管理を行い、その結果を関係する保険医療機関へ情報提供した場合に算定できる。 3 退院時共同指導料の共同指導は 対面で行うことが原則であるが、当 該患者に対する診療等を行う医療 関係職種等の3者(当該保険薬局の 薬剤師を含む。 区分 14 の2 外来服薬支援料 1 外来服薬支援料は、保険薬局の保険薬剤師が、自己による服薬管理が困難な外来の患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じ、当該患者又はその家族等が持参した服薬中の薬剤について、治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を判断し、当該薬剤を処方した保険医にその必要性につき了解を得た上で、一包化や服薬カレンダー等の活用により薬剤を整理し、日々の服薬管理が容易になるよう支援した場合に、「注1」及び「注2」合わせて服薬支援1回につき、月1回に限り算定する。 14の2 外来服薬支援料 185点 注1 自己による服薬管理が困難な患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、当該患者が服薬中の薬剤について、当該薬剤を処方した保険医に当該薬剤の治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を確認した上で、患者の服薬管理を支援した場合に月1回に限り算定する。 ・服薬支援に係る薬剤の処方医の了解を得た旨 or 情報提供した内容 ・当該薬剤の名称 ・服薬支援の内容及び理由 上記のような内容を必ず残しましょう。 点数を確認(外来服薬支援料2) 外来服薬支援料2 詳細 点数 42日分以下 7日分毎に 34点 43日分以上 一律 240点 これを日数別に更に細かくしたのが下表です。 内科-処方内容 アムロジピン錠5㎎ 1日1回 1錠 朝食後 アトルバスタチン錠10㎎ 1日1回 1錠 朝食後 整形外科-処方内容 ラロキシフェン錠60㎎ 1日1回 1錠 朝食後 アルファカルシドール錠1㎍ 1日1回 1錠 朝食後 内科単独,整形外科単独では,外来服薬支援料2の算定要件を満たしません。 2 外来服薬支援料2は、処方箋受付1回につき1回算定できるものであり、投与日数が 42 日分以下の場合には、一包化を行った投与日数が7又はその端数を増すごとに 34 点を加算した点数を、投与日数が43日分以上の場合には、投与日数にかかわらず240点を算定する。 例題:外来服薬支援料2と計量混合調剤加算 or自家製剤加算 の同時算定 外来服薬支援料2を算定した場合においては、自家製剤加算 及び 計量混合調剤加算 は算定できません。 区分 14 の2 外来服薬支援料 1 外来服薬支援料は、保険薬局の保険薬剤師が、自己による服薬管理が困難な外来の患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じ、当該患者又はその家族等が持参した服薬中の薬剤について、治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を判断し、当該薬剤を処方した保険医にその必要性につき了解を得た上で、一包化や服薬カレンダー等の活用により薬剤を整理し、日々の服薬管理が容易になるよう支援した場合に、「注1」及び「注2」合わせて服薬支援1回につき、月1回に限り算定する。 調剤報酬点数表に関する事項 2022改訂 より引用 2 外来服薬支援料2 1 外来服薬支援料2は、多種類の薬剤が投与されている患者においてしばしばみられる薬剤の飲み忘れ、飲み誤りを防止すること又は心身の特性により錠剤等を直接の被包から取り出して服用することが困難な患者に配慮することを目的とし、治療上の必要性が認められると判断される場合に、医師の了解を得た上で、処方箋受付ごとに、 一包化を行い、患者の服薬管理を支援した場合について評価するものである。 イ 42日分以下の場合投与日数が7又はその端数を増すごとに34点を加算して得た点数 ロ 43日分以上の場合240点 また、現行の外来服薬支援料は、以下のようになっている。 第2 調剤報酬明細書の記載要領(様式第5) 1 調剤報酬明細書の記載要領に関する一般的事項 3 同一患者につき、同一医療機関の保険医が交付した処方せんに係る調剤分については、一括して1枚の明細書に記載すること。 対面で行うことが原則であるが、保険薬局又は入院保険医療機関のいずれかが「基本診療料の施設基準等 及びその届出に関する手続きの取 扱いについて」(令和2年3月5日 保医発0305第2号)の別添3の別紙 2に掲げる医療を提供しているが 医療資源の少ない地域に属する場 合は、保険薬局の薬剤師が、ビデオ 通話が可能な機器を用いて共同指 導した場合でも算定可能である。 調剤管理加算(調剤管理料) イ 初めて処方箋を持参した場合 :3点 ロ 2回目以降に処方箋を持参した場合であって処方内容の変更により薬剤の変更又は追加があった場合: 3点 算定要件 別に厚生労働大臣が定める保険薬局において、複数の保険医療機関から6種類以上の内服薬(特に規定するものを除く。 平成30年3月26日 保医発0326第5号 外来服薬支援料の算定における薬歴の記載 外来服薬支援料を算定した時は 以下の4点を薬歴に記載する必要がありそうです。 通知文の解説 ザックリ要約 医師、薬剤師がオッケーして、整理・一包化などしたら算定できる 1 外来服薬支援料は、保険薬局の保険薬剤師が、自己による服薬管理が困難な外来の患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じ、当該患者又はその家族等が持参した服薬中の薬剤について、治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を判断し、当該薬剤を処方した保険医にその必要性につき了解を得た上で、一包化や服薬カレンダー等の活用により薬剤を整理し、日々の服薬管理が容易になるよう支援した場合に、「注1」及び「注2」 合わせて服薬支援1回につき、月1回に限り算定する。 [調剤点数表] 14の2 外来服薬支援料 1外来服薬支援料1 185点 2外来服薬支援料2 イ 42日分以下の場合 投与日数が7又はその端数を増すごとに34点を加算して得た点数 ロ 43日分以上の場合 240点 注1 1については、自己による服薬管理が困難な患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、当該患者が服薬中の薬剤について、当該薬剤を処方した保険医に当該薬剤の治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性の了解を得た上で、患者の服薬管理を支援した場合に月1回に限り算定する。 服用時点が 2つ以上( 朝+ 朝 夕)で、服用時点が重なっている 基本的には投与日数が、 7日毎(or+端数)で 34点になります。 区分 14 の2 外来服薬支援料 2 「注1」については、外来服薬支援を行うに当たり、患者が、当該保険薬局で調剤した薬剤以外に他の保険薬局で調剤された薬剤や保険医療機関で院内投薬された薬剤を服用していないか確認し、極力これらの薬剤も含めて一包化や服薬カレンダー等の活用により整理するよう努める。 服用薬剤調整支援料は、内服を開始して 4週間以上経った 6種類以上の内服薬が出ている患者について、処方医に 文書を用いて減薬の提案を行い、 2種類以上減らした状態が4週間以上続いた場合に算定します。 2 外来服薬支援料2は、処方箋受付1回につき1回算定できるものであり、投与日数が 42 日分以下の場合には、一包化を行った投与日数が7又はその端数を増すごとに 34 点を加算した点数を、投与日数が 43 日分以上の場合には、投与日数にかかわらず 240 点を算定する。 <薬学管理料> 区分14の2 外来服薬支援料 (1)外来服薬支援料は、保険薬局の保険薬剤師が、自己による服薬管理が困難な外来の患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じ、当該患者又はその家族等が持参した服薬中の薬剤について、治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を判断し、当該薬剤を処方した保険医にその必要性につき了解を得た上で、一包化や服薬カレンダーの活用等により薬剤を整理し、日々の服薬管理が容易になるよう支援した場合に、「注1」及 び「注2」合わせて服薬支援1回につき、月1回に限り算定する。 日数 点数 外来服薬支援料2 1~7日分 34点 8~14日分 68点 15~21日分 102点 22~28日分 136点 29~35日分 170点 36~42日分 204点 43日分以上 240点 2020年改訂の一包化加算と外来服薬支援料2は 同じ点数に設定されています。 ただ点数が下がっていますが… 改定後自家製剤加算(錠剤の分割) 投与日数が7又はその端数を増すごとに 4点を加算 新設 調剤管理料について 今まで調剤料として算定していた対人業務の部分と、薬剤服用歴管理指導料のなかの一部を足したものがこの調剤管理料になって新設されました。 例2 C錠 1錠 1日1回 朝食後 N日分 D錠 1錠 1日1回 朝食後 N日分 E錠 1錠 1日1回 朝食後 N日分 「1剤であっても3種類以上の内服用固形剤が処方されているときは算定可」のケースです。 14の2 外来服薬支援料 185点 注 1 自己による服薬管理が困難な患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、当該患者が服薬中の薬剤について、当該薬剤を処方した保険医に当該薬剤の治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を確認した上で、患者の服薬管理を支援した場合に月1回に限り算定する。 <薬学管理料> 区分14の2 外来服薬支援料 (1) 外来服薬支援料は、保険薬局の保険薬剤師が、自己による服薬管理が困難な外来の患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じ、当該患者又はその家族等が持参した服薬中の薬剤について、治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を判断し、当該薬剤を処方した保険医にその必要性につき了解を得た上で、一包化や服薬カレンダーの活用等により薬剤を整理し、日々の服薬管理が容易になるよう支援した場合に、 「注1」及び「注2」合わせて服薬支援1回につき、月1回に限り算定する。 第1 調剤報酬請求書に関する事項(様式第4) 1 「平成年月分」欄について 調剤年月又は 外来服薬支援料若しくは退院時共同指導料を算定した年月(以下「調剤年月等」という。 通知 1 外来服薬支援料1 1 外来服薬支援料1は、保険薬局の保険薬剤師が、自己による服薬管理が困難な外来の患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じ、当該患者又はその家族等が持参した服薬中の薬剤について、治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を判断し、当該薬剤を処方した保険医にその必要性につき了解を得た上で、一包化や服薬カレンダー等の活用により薬剤を整理し、日々の服薬管理が容易になるよう支援した場合に、「注1」及び「注2」合わせて服薬支援1回につき、月1回に限り算定する。 外来服薬支援料2は、処方箋受付1回につき1回算定できるものであり、投与日数が 42 日分以下の場合には、一包化を行った投与日数が7又はその端数を増すごとに 34 点を加算した点数を、投与日数が 43 日分以上の場合には、投与日数にかかわらず 240 点を算定する。 1 外来服薬支援料1 185点 2 外来服薬支援料2(新設)• つまり、今回は調剤していないが、患者さんが薬をもって来て、 「この薬多くて飲めないから何とかしてほしい」 と言ってきたときに、 ザックリ要約 ほかの薬局の薬もチェックし、整理することが必要 2 「注1」については、外来服薬支援を行うに当たり、患者が、当該保険薬局で調剤した薬剤以外に他の保険薬局で調剤された薬剤や保険医療機関で院内投薬された薬剤を服用していないか確認し、極力これらの薬剤も含めて一包化や服薬カレンダー等の活用により整理するよう努める。 出典: ウ アの ロ の報告書は以下の内容を含む別紙様式3又はこれに準ずるものをいう。 経管投薬支援料;100点 外来服薬支援料 服薬管理が困難な外来の患者又は、その家族等が持参した 調剤済みの薬剤について、 処方医に了解を得た上で、一包化や服薬カレンダーを活用して、 服薬管理を支援した場合に算定できます。 【外来服薬支援料】 (問8)患者が、処方医からの 一包化薬の指示がある処方せんとともに、 他の薬局で調剤された薬剤や 保険医療機関で院内投薬された薬剤も併せて薬局に持参した場合であって、処方せんに基づく調剤を行う際にすべての薬剤の一包化を行い、服薬支援を行った場合には、調剤に係る薬剤服用歴管理指導料等と外来服薬支援料の併算定が可能か。 そこで、私が実際の現場で確認する方法として用いているのが 「調剤報酬実務必携」 北海道医療総合研究所 編著 おススメのポイントは以下の通り 特にお気に入りのポイントは、 持ち歩きに便利なポケットサイズな点。 区分 14 の2 外来服薬支援料 5 薬剤の一包化による服薬支援は、多種類の薬剤が投与されている患者においてしばしばみられる薬剤の飲み忘れ、飲み誤りを防止すること又は心身の特性により錠剤等を直接の被包から取り出して服用することが困難な患者に配慮することを目的とし、治療上の必要性が認められる場合に行うものである点に留意する。 算定できるケース 例1 A錠 1錠 1日1回 朝食後 N日分 B錠 2錠 1日2回 朝夕食後 N日分 「服用時点の異なる2種類以上の内服用固形剤を服用時点ごとに一包にする場合は算定可」のケースです。 外来服薬支援料2 イ 42日分以下の場合・・・投与日数が7又はその端数を増すごとに34点を加算して得た点数 ロ 43日分以上の場合・・・240点 点数は今までの一包化加算と全く同じですね。 イ 受診中の医療機関、診療科等に関する情報 ロ 服用中の薬剤の一覧 ハ 重複投薬等に関する状況 ニ 副作用のおそれがある患者の症状及び関連する薬剤 ホ その他(残薬、その他患者への聞き取り状況等) エ 「重複投薬等の解消に係る提案」とは、重複投薬の状況や副作用の可能性等を踏まえ、患者に処方される薬剤の種類数の減少に係る提案をいう。 アムロジピン錠5㎎ 1日1回 1錠 朝食後 アトルバスタチン錠10㎎ 1日1回 1錠 朝食後 アボルブカプセル30㎎ 1日1回 1cp 朝食後 30日分 アボルブは吸湿性が高いため除包せず、シートで一包化にホチキス留めすることになりました。 1年で2回なんて普通に無理ですけどね 笑 Sponsored Link 服用薬剤調整支援料2 服用薬剤調整支援料2は同じく複数の医療機関から内服薬が合計6種類以上処方されている患者に対して、重複投薬等の解消に関わる提案を文書で行った場合に3月に1回算定できます。 内科-処方内容 アムロジピン錠5㎎ 1日1回 1錠 朝食後 アトルバスタチン錠10㎎ 1日1回 1錠 朝食後 整形外科-処方内容 ラロキシフェン錠60㎎ 1日1回 1錠 朝食後 アルファカルシドール錠1㎍ 1日1回 1錠 朝食後 内科単独,整形外科単独では,外来服薬支援料2の算定要件を満たしません。 区分 14 の2 外来服薬支援料 1 〜省略〜 なお、服薬管理を容易にするような整理を行わずに単に服薬指導を行っただけでは算定できない。 注1:処方医に必要性を確認して、患者宅で服用薬を全て整理する 注2:患者又家族が持参した薬を管理して、その結果を医療機関に情報提供 今回の件では 注2の既に調剤済みの薬剤を患者が持ってきて一包化する場合であり、 外来服薬支援料(2022年4月の調剤報酬改定により 外来服薬支援料1)として算定を考える事ができます。 区分 14 の2 外来服薬支援料 2 「注1」については、 外来服薬支援を行うに当たり、患者が、当該保険薬局で調剤した薬剤以外に他の保険薬局で調剤された薬剤や保険医療機関で院内投薬された薬剤を服用していないか確認し、極力これらの薬剤も含めて一包化や服薬カレンダー等の活用により整理するよう努める。.

  • .

  • .

一包化加算が外来服薬支援料2になる?

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com