Jr 北海道 ダイヤ 改正 - JR北海道が2021年春ダイヤ改正の内容発表、「大雪」全列車が閑散期運休に

北海道 ダイヤ 改正 jr JR北海道が2021年春ダイヤ改正の内容発表、「大雪」全列車が閑散期運休に

北海道 ダイヤ 改正 jr JR、12日ダイヤ改正 コロナ禍で運行縮小

北海道 ダイヤ 改正 jr 2022年春ダイヤ改正まとめ:JR北海道編 |

北海道 ダイヤ 改正 jr 「北斗」と新幹線の接続改善 JR北海道ダイヤ改正

北海道 ダイヤ 改正 jr 北海道の交通関係:JR北海道2022年新ダイヤ素案発表…

北海道 ダイヤ 改正 jr 北海道の交通関係:JR北海道2022年新ダイヤ素案発表…

JR北海道2022年3月ダイヤ改定の概要。廃止7駅はどこだ?

北海道 ダイヤ 改正 jr 【2021年3月 ダイヤ改正】運転取りやめ・臨時列車化・廃駅・置き換えなど今回のダイヤ改正でJR北海道かなり変わる!!

北海道 ダイヤ 改正 jr 【2021年3月 ダイヤ改正】運転取りやめ・臨時列車化・廃駅・置き換えなど今回のダイヤ改正でJR北海道かなり変わる!!

北海道 ダイヤ 改正 jr JR北海道が2021年春ダイヤ改正の内容発表、「大雪」全列車が閑散期運休に

北海道 ダイヤ 改正 jr JR北海道の2022年3月ダイヤ改正について ~

赤字で在来線を減便か? JR東海ダイヤ改正予測(2022年3月予定)

予讃線の - - 間に「 愛ある伊予灘線」の愛称が与えられた。 ・では、早朝の岡山駅 - 間の普通1往復の運転が取り止められ、これに伴って - 間の普通1往復が岡山駅まで延長された。 札幌 - 旭川 - :「オホーツク」(2往復、キハ183系)• ・では、千葉駅 - 佐原駅間および佐原駅 - 鹿島神宮駅間の日中の運転間隔の見直しを行った。 211号 手稲方面~札幌~江別方面 ・6時台1本、7時台3本、8時台1本(計5本) 学研都市線 ・2本(7時台) 通勤通学の利用が減少する土休日についてダイヤの見直しを行うそうです。 では - 東室蘭駅 - の普通列車(特急「すずらん」の東室蘭駅 - 室蘭駅間およびその間合い運用は除く)の電気運転が廃止され、車両は711系電車からに置き換えられた。 2018年(平成30年) [ ] 3月17日 [ ] 各社でダイヤ改正を実施。 釧網本線では、知床斜里駅 - 緑駅間の夜1往復および釧路駅 - 川湯温泉駅間の一部列車を廃止した。 の新大阪駅 - 放出駅間が開業(鴫野駅 - 放出駅間は学研都市線(片町線)に併設)し、新大阪駅 - 久宝寺駅間の全線が開業した。 豊肥本線ではの影響で - が不通となっていることによる暫定処置として、豊後竹田駅 - 大分駅に特急「九州横断特急」4往復が設定された。 土讃線琴平駅 - 阿波池田駅間と須崎駅 - 窪川駅間において、利用の少ない始発・最終の見直しを行った。 石北本線では、白滝駅 - 遠軽駅間および西留辺蘂駅 - 北見駅間で本数の見直しを行った。 では、東京駅発着の快速を増発し、代替として - の区間列車(一部は京葉線車両を使用)を増発したほか、では昼間の快速を増発( - 間では1時間に8本を9本に増発)するなど「」の利便性が向上した。 予讃線高松駅 - 多度津駅 - 観音寺駅間および土讃線多度津駅 - 琴平駅間・須崎駅 - 窪川駅間の最終列車の時刻を見直した。 「」は運転区間を熊本駅 - 大分駅・別府駅に縮小し、熊本駅 - 人吉駅間の運転を廃止した。 宮城県内では、震災で不通になっていたの - 間との - 間が運転を再開した。 上越新幹線では、で接続していた在来線特急「はくたか」の廃止などに伴い、東京駅 - 間の「」1往復および東京駅 - 越後湯沢駅間の「」7往復がそれぞれ削減された。 における特急料金がこれまでのA料金からB料金に変更され、特急「」のB特急料金適用区間がこれまでの - 間から京都駅 - 間に拡大され、京都駅 - 日根野駅間の各停車駅から関西空港駅までの特急料金が最大で210円値下げされた。 新潟地区では、快速「くびき野」の代替として、新潟駅 - 新井駅()間に115系3両編成による快速を2往復、新潟駅 - 糸魚川駅()間に485系6両編成による快速を1往復、朝に直江津発長岡行き快速1本(115系3両編成)が設定された。 路線名 来春で廃止となる駅 函館線 伊納駅 宗谷線 南比布駅・北比布駅・東六線駅・北剣淵駅・下士別駅・北星駅・南美深駅・紋穂内駅・豊清水駅・安牛駅・上幌延駅・徳満駅 石北線 北日ノ出駅・将軍山駅・東雲駅・生野駅 釧網線 南斜里駅 さらに、宗谷線17駅と石北線1駅が自治体による維持管理に移行するほか、根室線の音別駅が無人化されます。 石勝線では、追分駅 - 新夕張駅 - 夕張駅間の本数を削減し、追分発20時台終わり・新夕張発21時台の最終夕張行きと夕張発22時の追分行きを廃止した。 2017年(平成29年) [ ] 3月4日 [ ] 各社でダイヤ改正を実施。 上越新幹線にも E7系 が投入され、東京駅 - 新潟駅間の「とき」4往復、東京駅 - 越後湯沢駅間の「たにがわ」1往復に使用されることになった。 学園都市線 札幌~あいの里公園・石狩当別間の一部列車を北海道医療大学まで延長 10本 その他の地域 室蘭本線• ・( - 間)・( - 間)では運行本数の見直しが実施され、等間隔ダイヤになった。 2016年(平成28年) [ ] 3月26日 [ ] 各社でダイヤ改正を実施。 では、名寄駅 - 音威子府駅 - 幌延駅 - 稚内駅間の運行時刻・本数が見直され、稚内行きの一番列車が音威子府発5時半、幌延発6時台終わりになった、また、幌延発朝6時台の名寄行きの一番列車が稚内始発(朝5時過ぎ)になった。 - ・・間の特急列車は「北近畿」から「」に改称したほか、使用車両も - 福知山駅・豊岡駅・城崎温泉駅間の「」・京都駅 - 間の「」・京都駅 - 間の「」とともに一部を除き新型車両のを投入した。 長万部駅に停車中のH100形 左 とキハ40形 右 札幌都市圏 土休日運休• 2019年(平成31年・令和元年) [ ] 3月16日 [ ] 各社でダイヤ改正を実施。 (片町線)では、日中(平日はおおむね11時台 - 14時台、土曜・休日はおおむね12時台 - 14時台)の快速が区間快速に変更された。 山陰本線の - - 間で本数が削減され、22時台の東萩駅 - 長門市駅間1往復と小串駅 - 滝部駅間の6・22時台の列車が廃止された。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道株式会社千葉支社, 2019年8月29日 ,• 上越線高崎駅 - 渋川駅間および信越線高崎駅 - 横川駅間において、運転本数の見直しが行われた。 北陸本線では - 金沢駅間に「」を3往復(金沢行きは早朝、福井行きは夜間)新設したほか、では和倉温泉駅発着だった「サンダーバード」・「しらさぎ」・「はくたか」の代替として「」を金沢駅 - 和倉温泉駅間に5往復新設した。 前述の特急「スーパー白鳥」・「白鳥」の廃止に伴って、 - 新青森駅 - 青森駅間で普通列車が増発され、新幹線との接続が確保された。 今回の開業に伴い、並行在来線となるの長野駅 - 間は(北しなの線)に、同じく妙高高原駅 - 間は(妙高はねうまライン)に、の金沢駅 - 間はに、倶利伽羅駅 - 富山駅 - 間はに、市振駅 - 糸魚川駅 - 直江津駅間はえちごトキめき鉄道(日本海ひすいライン)にそれぞれ移管された。 函館線1駅 駅名 駅名(かな) 所在地 伊納 いのう 旭川市 宗谷線12駅 駅名 駅名(かな) 所在地 南比布 みなみぴっぷ 比布町 北比布 きたぴっぷ 比布町 東六線 ひがしろくせん 剣淵町 北剣淵 きたけんぶち 剣淵町 下士別 しもしべつ 士別市 北星 ほくせい 名寄市 南美深 みなみびふか 美深町 紋穂内 もんぼない 美深町 豊清水 とよしみず 美深町 安牛 やすうし 幌延町 上幌延 かみほろのべ 幌延町 徳満 とくみつ 豊富町 石北線4駅 駅名 駅名(かな) 所在地 北日ノ出 きたひので 旭川市 将軍山 しょうぐんざん 当麻町 東雲 とううん 上川町 生野 いくの 遠軽町 釧網線1駅 駅名 駅名(かな) 所在地 南斜里 みなみしゃり 斜里町 北海道新幹線関連 北海道新幹線関連では以下のダイヤ改正が行われます。 2010年(平成22年) [ ] 3月13日 [ ] 北海道を除く各社でダイヤ改正が行われた。 松本駅 - 篠ノ井駅間・信越本線篠ノ井駅 - 長野駅間と中央本線 - ・間での運行を開始し、これによって篠ノ井線の一部列車でを開始したほか、の営業運転を終了した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 列車体系では、東京駅・仙台駅 - 新函館北斗駅間で「はやぶさ」を11往復、盛岡駅・新青森駅 - 新函館北斗駅間で「はやて」を2往復がそれぞれ設定された(いずれも全車指定席として運転)。 常磐緩行線 - 東京メトロ千代田線では、の代々木上原駅 - 登戸駅間の複々線化完成に伴い、小田急との相互直通列車が朝夕を中心に増発されるなど運行体系の見直しが行われた。 夕方の鹿児島本線 ー 熊本駅 - 間の普通列車を増発• 2015年(平成27年) [ ] 3月14日 [ ] 四国を除く各社でダイヤ改正を実施。 2012年(平成24年) [ ] 3月17日 [ ] 北海道を除く各社でダイヤ改正が行われた。 札幌~旭川間 ・カムイ9号、28号、29号、42号を土休日のみ運転 (お盆、年末年始など利用が多い時期は運転) 旭川~網走間 ・大雪1~4号を閑散期の曜日(4、5、10、11月の火・水・木曜日運休。 平日の通勤時間帯、「はちおうじ」が東京駅 - 八王子駅間(下り 6本、上り 2本)で、「おうめ」が東京駅 - 青梅駅間( 1往復)でそれぞれ E353系により新設された。 札幌 - 旭川 - :「宗谷」(1往復、キハ261系)• の廃線間近に伴う駆け込み需要のため、 - 間の列車と - 間の列車を江津駅 - 三次駅間の通し運転に変更した。 東日本大震災の影響で不通となっていた路線のうち、石巻線渡波駅 - と常磐線亘理駅 - での運転を再開した。 夜行列車 今改正でも夜行列車の削減が行われ、大阪駅 - 青森駅間を結ぶ寝台特急「」と大阪駅 - 新潟駅間を結ぶ急行「」が定期列車としては廃止され、臨時列車に変更となった。 また、「スーパーひたち」は全列車が上野駅 - 間での運転となり、いわき駅 - 仙台駅間での特急の運転が正式に取りやめられた。 205系の尼崎駅 - 大阪駅 - 高槻駅・京都駅間での運用が復活した。 常磐線相馬駅 - 浜吉田駅間の運転を再開し、原ノ町駅 - 仙台駅間の線路が震災後5年9か月ぶりにつながった。 これに伴い、奈良駅 - 間と王寺駅 - 間の本数は2本に変更された。 鹿角花輪発盛岡行きの始発を5時台、荒屋新町発大館行きの始発を6時台(盛岡発5時過ぎ)にそれぞれ見直したほか、日中の - 間の1往復が - 大館駅間の運転に短縮された。 の影響で - 間の復旧が未定になっていることから、熊本駅 - 肥後大津駅間における気動車列車を削減。 また、運転区間も特急化以前と同様の新宿駅 - 間に見直されたほか、1往復が週末運転の臨時列車(新宿駅 - 間で「」と併結)に変更となった。 運転取りやめ 札幌~手稲方面:計3本 ・札幌発14時台1本 ・札幌着16時台・19時台各1本 札幌~千歳方面:計4本 ・札幌発11時台、19時台各1本ずつ ・札幌着14時台、22時台各1本ずつ その他の区間の運転見直し 札幌圏以外の区間では利用客が少なく維持が困難な区間もあり各路線で取りやめとなる列車があります。 2011年(平成23年) [ ] 3月5日 [ ] のでダイヤ改正。 - 間の9時 - 19時台、阿南 - 間の10時 - 15時台に運転する普通列車の発車時刻を統一。 また、福井駅 - 金沢駅間の「おはようエクスプレス」「おやすみエクスプレス」は運転区間が敦賀駅 - 金沢駅間に拡大された。 終点の千葉駅で各駅停車津田沼行きに接続する 11月30日 [ ] 東日本の・などでダイヤ改正。 - - 現行 改正後 線 区 列 車 名 定期列車 定期列車 臨時列車 運転取りやめ 東北新幹線 はやぶさ 58本 45本 13本 - こまち 30本 28本 2本 - やまびこ 82本 66本 16本 - つばさ 32本 32本 - - なすの 33本 31本 1本 1本 上越新幹線 とき 52本 48本 4本 - たにがわ 26本 23本 2本 1本 北陸新幹線 かがやき 20本 16本 4本 - はくたか 28本 28本 - - あさま 34本 34本 - - 定期列車の削減本数が特に多いのが、東北新幹線の「はやぶさ」と「やまびこ」です。 上記に関連して、はこだてライナーの時刻見直し 1分繰り上げ 新函館北斗駅に到着する北海道新幹線 在来線特急 在来線特急関連では以下のダイヤ改正が行われます。 日中時間帯の・天王寺駅 - 日根野駅間の区間快速・天王寺駅 - 間の普通の1時間の本数が各4本に統一された。 「くろしお」は、新大阪駅 - 和歌山駅間で3本が増発(新大阪行きは早朝に1本、和歌山行きは夕方と夜間にそれぞれ1本ずつ)されて定期列車は1日18往復の運転となったが、京都駅 - 新大阪駅間は2往復から1往復に、白浜駅 - 新宮駅間は7往復から6往復にそれぞれ削減された。 またこれに合わせて福北ゆたか線系統の折尾駅 - 直方駅間の列車と統合する形で若松駅 - 直方駅間を直通する列車が大幅に増えた。 その他の路線 嵯峨野線・山陰本線では - 福知山駅間(福知山駅 - 間の直通の一部を除く)の全列車が221系・223系に統一されたほか、利用客の少ない一部駅は早朝・深夜を中心に通過に変更された。 また、京都駅・高槻駅 - 大阪駅 - 尼崎駅間における205系の運転が終了し、車両はに転配された。 列車体系では、速達タイプの「」(全車指定席)を東京駅 - 金沢駅間で朝夕を中心に10往復、「」を東京駅 - 金沢駅間で14往復および長野駅 - 金沢駅間で1往復、「」を富山駅 - 金沢駅間で18往復、それぞれ設定され、既存の「」は東京駅 - 長野駅間で16往復の設定となった。 代替として博多駅 - 柳ヶ浦駅・大分駅間と延岡駅 - 宮崎駅間の特急の始発・終発の繰り上げ・繰り下げを行った。 片町線貨物支線(城東貨物南連絡線)・関西本線貨物支線の - - 間が直流電化され、百済駅発着の貨物列車は吹田駅 - 百済駅間でディーゼル機関車牽引から電気機関車牽引に変更された。 2014年(平成26年) [ ] 3月15日 [ ] 各社でダイヤ改正を実施。 2013年(平成25年) [ ] 3月16日 [ ] 北海道を除く各社でダイヤ改正が行われた。 函館線(1本) ・旭川発滝川行き(1本) 留萌線(3本) ・留萌発深川行き(2本) ・深川発留萌行き(1本) 根室線(計6本) 滝川~新得間(2本) ・滝川発東鹿越行き(富良野~東鹿越間取りやめ、代行バス2本取りやめ) ・東鹿越発滝川行き(新得発の代行バスも取りやめ) 新得~帯広間(3本) ・帯広発新得行き(2本) ・新得発帯広行き(1本) 帯広~釧路間(1本) ・厚内発釧路行き(厚内~音別間取りやめ) 宗谷線(2本) ・旭川発比布行き(1本) ・比布発旭川行き(1本) 石北線(1本) ・遠軽発生田原行き(1本) H100形電気式気動車を投入! 室蘭・宗谷・石北線で使用されているキハ40形の一部を新型の 「H100形」電気式気動車へ置き換えることで、各路線での速達化をはかるとのことです。 千葉駅 - 佐原駅 - 鹿島神宮駅間の直通便の下り4本・上り3本を佐原駅で分割した。 平日夕夜間帯(17時台 - 22時台)下り列車の1時間の本数は大崎駅 - 新宿駅間で5 - 6本に、新宿駅 - 赤羽駅間で12本とする。 前年の27番線ホームの使用開始に続いて引上線が2線から4線に増強され、東海道区間における下り「」の1時間当たり最大10本運転が可能な時間帯が東京駅発7時台 - 20時台に拡大され、上りについても「のぞみ」の1時間当たり最大10本運転が可能な時間帯が新大阪駅発6時台 - 19時台に設定された。.

  • .

  • .

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com