選択 と 集中 - 選択と集中はもう古い。これからは「収拾」をキーワードにすべし

集中 選択 と 「選択と集中」の誤算㊦ 成長へのギアチェンジ

集中 選択 と 「選択と集中」を勘違いして解釈すると痛い目にあうかも。(その2)

「選択と集中」の本質は、やらない覚悟を決めること|居候男子

集中 選択 と 【副業】「選択と集中」は誤訳!?副業で「選択と集中」してはいけないワケ!

選択と集中とは?意味と実例からみる経営戦略の考え方

集中 選択 と 事業の「選択と集中」とは?意味や失敗例を徹底解説

集中 選択 と 【副業】「選択と集中」は誤訳!?副業で「選択と集中」してはいけないワケ!

選択と集中とは

集中 選択 と 【選択と集中】WILLFUを辞めたくなっているあなたへ。

「選択と集中」を勘違いして解釈すると痛い目にあうかも。(その2)

集中 選択 と 公平な分配ではなく「選択と集中」を。地方創生8年目で立ち返るべき原点とは

集中 選択 と ドラッカーの「選択と集中」は誤解されている

選択と集中は今も有効?多角化経営との関係や国内事例もあわせて紹介

集中 選択 と 「選択と集中」による「切り捨て」

集中 選択 と 「選択と集中」による「切り捨て」

「選択と集中」を勘違いして解釈すると痛い目にあうかも。(その1)

具体的には、2009年の時点で19社存在していた上場子会社を3年間で11社まで絞り込み、主な取引形態をBtoC Business to Consumer=消費者向け販売 からBtoB Business to business=企業間取引 へとシフトしました。 「企業が決めた: company decided to focus 」と言う文に修飾を加えていけば良いのです。 それに対し、『競合他社に対して圧倒的なアドバンテージを得ている事業分野』や『独自の技術やノウハウを多く保有している事業分野』、『他社が容易に模倣することのできない技術やスキル』などを指すCore Competence コア・コンピタンス にConcentration 集中 する『Concentration in Core Competence』は意訳的表現であるといえるでしょう。 中小企業にとって事業の「選択と集中」を行うということは、 新事業立ち上げへの投資と、 新規事業立ち上げに伴う 社員の育成を、 セットで考えなければなりません。 事業 人員 経営資源 事業分野 選択と集中 削減 削減 集中 主力事業のみ 多角化経営 拡大 増加 分散 多種多様 選択と集中 余分な人員や事業を削減し、自社が選択した領域に経営資源を集中投下するため、高い成果を得られる経営戦略です。 【関連】 選択と集中の英語訳 選択と集中は英語で『Selection and Concentration』や『Concentration in Core Competence』と訳されています。.

  • 仕事の範囲を極端に狭めることなく、ある程度の 「守備範囲の広さ」 を保っておく方が、今後の日本を待ち受ける 「大失業時代」 への対策としては正しいのではないでしょうか・・・。 世間でもてはやされている経営理論やビジネス手法を取り入れる際も、 「なるほどそういう方法があるのか」とそのまま実行するのでもなければ、 「これは大企業の考え方だから」と切り捨てるわけでもなく、 まずはそれらの根幹を成す考え方をしっかりと理解した上で、その理論や手法を 「 自社に適用させる場合はどうすればいいか?」と考えてみましょう。 しかし、日本企業では 「不採算部門廃止」 の方に重点が置かれ過ぎ、 「自社の強みを伸ばす」 「成長分野に参入する」 方は疎かにしたか、成果が出なかったということでしょう。 競争戦略を得意とするポーター教授が生み出した5F分析は、『新規参入業者の脅威 Threat of new entrants 』、『代替品の脅威 Threat of substitutes 』、『買い手の交渉力 Bargaining power of customers 』、『売り手の交渉力 Bargaining power of suppliers 』、『業界内における競合 Industry rivalry 』という5つの要因を整理することにより、業界の魅力度を客観的に評価することができます。 【関連】 5F分析 5F 5 Forces Analysis 分析とは、前述したハーバード大学経営大学院のポーター教授が著書『競争の戦略 原題:Competitive Strategy 』で示した業界構造の分析方法です。 「選択と集中」とは 「選択と集中」は誤訳 「選択と集中」を英語で書くと 「concentration in core competence.

  • 「事業の選択と集中とはどのような意味か?」 「事業の選択と集中は、中小企業や小さな会社にも使える戦略か?」 「中小企業が事業の選択と集中を行う際のポイントは?」 というあなたに、今回は、 中小企業が事業の選択と集中を行う前に考えるべき3つのこと について解説いたします。 」 【引用】 ピーター・F・ドラッカー,『経営者の条件』,ダイヤモンド社,1966年 これらは経営の神様として有名なオーストリアの経営学者ピーター・ファーディナンド・ドラッカー Peter Ferdinand Drucker 氏の言葉です。 そうすることによって、 「どの事業を選択してどの事業を手放すか?」 という極端な判断を避け、 「 各事業のどこに力を入れて、どこを縮小または切り離すのか?」 を見極めるのです。 「Selection and Concentration」「Concentration in Core Competence」直訳すると「選択と集中」「コアコンピタンス(企業の中核となる強みのこと)への集中」です。 中小・零細企業にとって「選択と集中」と「多角化」のどちらが良いか? 中小・零細企業 ベンチャー含む にとっては、「選択と集中」により一つの事業ドメインに特化する戦略と、多角化により複数のビジネスを戦略のどちらが良いのでしょうか? 結論から言うと大半の中小・零細企業にとっては、選択と集中の方が適していると考えています。 General Electric Company 選択と集中を語る上でGeneral Electric Company ゼネラル・エレクトリック 社の成功事例は欠かすことができません。 【関連】 イノベーションを生み出しやすくなる イノベーション innovation とは、従来の発想やイメージとは異なる新しい切り口や活用法を創造することです。 A company that is pursuing diversified management decided to focus on core business areas by using the strategy of selection and concentration.




2022 blog.edcanvas.com