ボルト ネタバレ 68 - 【ボルト】65話ネタバレ!カワキが武器としてのカーマを手に入れる!?

68 ボルト ネタバレ 速報!アニメBORUTO第60話 感想・ネタバレ!【木ノ葉隠れVS砂隠れ】

68 ボルト ネタバレ 【ボルト漫画49話、ネタバレ】大筒木イッシキがカワキに再び楔を刻むため木ノ葉の里に襲来!

68 ボルト ネタバレ 54話【ボルト漫画、54話ネタバレ】サスケがボルシキに天照ブッパ!ナルトの寿命尽きた?

68 ボルト ネタバレ 速報!アニメBORUTO第60話 感想・ネタバレ!【木ノ葉隠れVS砂隠れ】

68 ボルト ネタバレ 【BORUTO

68 ボルト ネタバレ 【ボルト漫画56話ネタバレ感想】コードの強さはジゲン超え!?全てを知る者エイダとかやべーインフレきちゃったよ

68 ボルト ネタバレ 【ボルト】66話ネタバレ!ボルト死亡!?カワキは第2のイッシキ!?

速報!アニメBORUTO第60話 感想・ネタバレ!【木ノ葉隠れVS砂隠れ】

68 ボルト ネタバレ 【動画】【ネタバレ】BORUTO最新話66話考察!ついにカワキが覚醒…!?【ボルト考察】

68 ボルト ネタバレ 【ボルト漫画68話感想】新型デルタ登場

速報!アニメBORUTO第60話 感想・ネタバレ!【木ノ葉隠れVS砂隠れ】

68 ボルト ネタバレ 【ボルト漫画49話、ネタバレ】大筒木イッシキがカワキに再び楔を刻むため木ノ葉の里に襲来!

ボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動き

物陰から、チョウチョウとトマルの様子をうかがう仲間たち… トマル:どっちが、本当のキミなの? もし、本当のキミが… 心の中で、大切なのはポテチの芯、と呟くチョウチョウ… トマルの言葉を遮り、逆質問で畳みかけます。 「バカ言ってんじゃねぇ!オレの息子だぞ!」 カワキ 「そうだな・・・同時にあんたの命を狙う悪魔でもある」 ナルト 「・・・正気かお前・・・!?どっちが悪魔だよ・・・!」 カワキ 「そんな事は問題じゃあない・・・あんたにはできない事だ、そこが問題なんだ」 「だからオレがやる、どいてくれ七代目」 ナルト 「冗談じゃねぇ・・・!頭冷やせカワキ!!」 カワキ 「・・・あんたこそ少しは現実を見ろよ・・・他に方法がねぇだろうが」 意識を取り戻したボルト。 文字どおり滝のように流れるガイの涙に驚く観衆w 仕切り直して、手合わせ開始! が、どうしたことでしょう? 偶然なのか、意図的なのか… ロック・リーの攻撃をことごとくかわすメタル。 (お前は火影殿を守りたいんだろ?) (結局の所、コードを倒すにはシンプルに「力」で対処するしかない、奴を圧倒する「力」でな) (手に入れろ・・・イッシキ亡き今こそ、その手に新たな「力」を、純粋な武器としての「カーマ」を、お前にはその資格がある) (そしてオレなら・・・それを可能にしてやれる、どうするかはお前次第だカワキ・・・選択肢はお前の中にある) 驚くコード。 そういう意味では… アシナも、他人の評判で物事を推し量るっていう意味で、 チョウチョウやトマルと、同じ次元で物事を見ていたとも言えるのかな? トマルはともかく、 アシナも大事なことに気付いてくれたと良いですよね。 「サラダの言うとおりだ」 「奴は神出鬼没だ・・・たとえ里内でも単独行動はするべきじゃあない」 「それにボルトだけじゃあない・・・カワキがコードを圧倒するほどの力をつけた今・・・コードは何よりもまず自身の力の制限(リミッター)を解除したいはずだ・・・どちらかといえば先に狙われるのは・・・」 ボルトは言います 「アマドのおっさん・・・!」 コードが再び現れる アマドに聞くシカマル。 チョウチョウが、コンビニに行ってたことで、 警備が手薄になった隙をまんまと突かれた感じですね? これ、偶然なのか? 身代金の受け渡し役を引き受けるアシナ ボルトたちの帰りを待つ撮影関係者たち… 犯人の追跡に出たボルトたちの戻りを待つみんな… 今か今かと待つ感じ、ピリピリした雰囲気が漂ってます。 ロック・リーの師匠である マイト・ガイは、 第四次忍界大戦の対 マダラ戦で、八門すべて開門し、 八門遁甲の陣・ 夜ガイを発動しました。 次の瞬間、あたり一帯を包む眩いばかりの閃光!! 木ノ葉丸:来るぞ、油断するな! 閃光が収まったとき、そこにはトマルを捕獲したガスマスク男が! ガスマスク男を追う第七班と第十班… が、ガスマスク男の影分身が、木ノ葉丸たちの征く手を遮ります! ガスマスク男の影分身:あの男を返して欲しければ金を用意しろ! まんまと逃げきるガスマスク男。 「よかったわねコード、あなたの大事な十尾の生贄・・・ボルト君は生きてるわ」 「蘇ったのよ・・・モモシキのカーマの力でね」 「しかもその過程で・・・カーマ内の圧縮データは全て解凍されたみたい、もはやボルト君は完全に大筒木化したってこと」 「どうやらこの私の千里眼をもってしても、直接視ることのできないやりとりが交わされたようね・・・彼は・・・何か精神的な次元でモモシキとの意思疎通が可能なのかしら・・・」 コードは言います。 このセリフのまま行けば、サラダが火影になり、支えるボルトの姿が見られそうですね! 綱手に次ぐ女性の火影・サラダにも期待が集まるでしょう! スポンサーリンク ボルト 最終回のその後はどうなる?ボルトの子供は男の子? 本日の夕方5:30からは、第118話「記憶を喰らうモノ」が放送です! 一向に現れないアサキのもとへ向かう、木ノ葉丸とボルト。 木の葉の里の上層部でもその事実を知っているのは一部となっている(アニメでは5代目火影であった綱手も知らなかったほど) 関連記事 2018-07-06 23:47 第四次忍界大戦後は新しく水影になった長十郎がいる霧隠れの里には戻っていない様子。 ロック・リー:では、緊張を受け入れた… その状態で、如何に戦えるのか、試してみよう! 勝負開始!果敢に挑むメタルですが、ロック・リーには敵わない! ってか、ロック・リーの髪の毛の生え際が気になるw ロック・リーの一撃で突き飛ばされるメタル 無様な倒れ方に観衆の笑いが… ってか、この人たちチョット性格わるぅい~w 立ち上がったメタルを襲うロック・リー! 倒れて転がるメタルの姿が、またまた観衆の笑いを誘います。 アシナ:大した実力もない癖に… 顔が良いってだけで、スター気取りのヘボ役者に、 このドラマを奪われるなんて、我慢ならなかった! 木ノ葉丸:現実は、ドラマと違って… なかなか、筋書きどおりには、いかないものなんだ、コレ! アシナ:ワタシは輝き続けなければいけないの! それがワタシなの! アシナ:輝きを失うなんて許されない… ワタシが、ワタシじゃ、なくなってしまうもの… こんな事件を起こした以上、表舞台には立てないと自嘲するアシナ。 この状態になると、 五影クラスの大物をも圧倒するほどの力を得られますが、 その代償として、身体から紅の 血の蒸気を発散しながら戦ったのちに ほぼ確実に死に至ります。 シンキとボルト…この先どんあストーリーで絡んでいくのかな? ちょっと楽しみな伏線ですよね? ボルト、その額当てはオマエにやる、オレの弟子の証だ! 里を移動しているところをサスケに呼び止められたボルト… ボルト:今のところ、特に変わったことはねぇってばさ。 経絡の流れを制御している弁は、 全部で八つあり、 脳に 開門・ 休門、胴体に 生門・ 傷門・ 社門・ 景門・ 驚門、心臓に 死門があります。 「仕方ないだろ?不可抗力ってやつだ」 「カワキが「楔」を取り戻し・・・よもやボルトを殺すだなんて誰が想像できた?」 エイダ 「あのね・・・勘違いしないで欲しいんだけど」 「あなたの目的にとやかく口を出すつもりはないの」 「いい?言いたい事は一つだけ・・・」 「ボルトくんの代わりに・・・カワキを「生贄」にしようだなんてバカな考えはしないことね」 「そんなのこのあたしが許さないわよ」 間を置き、コードは言います。 百豪の術で白豪の印を刻めるまで、 3年もの間一定量のチャクラを貯め続ける必要があるんですよね? もしかしたらだけど… サクラは、既に百豪の術を会得していて、 只今、チャクラを貯金中な~んて可能性もあるかもしれないですよね? サラダ:パパ、今日も帰ってこないの? せっかく里に戻ったんだから、家でのんびりすればいいのに… サクラ:あの人はこれで良いのよ。 オレは火影になるわけじゃねぇ!オレの物語りはここから始まる!! さて、次の日の朝… 昨晩、遅くまでゲームをし過ぎて寝坊した二人… 慌てて、仕事に出かけるようですw ナルトと並んで走りながら、頑張れよ七代目!と声をかけるボルト。 トマルとアシナが絶壁・断崖に立つシーン… モニターで撮影状況を見てため息ばかりのチョウチョウ… サラダ:42回目… チョウチョウ:ひとのため息、数えんなっちゅ~の! サラダ:まだ気にしてるの? あんなヤツに言われたこと! チョウチョウ:そりゃ…するっしょ。 でも、でてくる言葉はシドロモドロ… メタル:ボクは、ネックレスに頼り、緊張から逃げていた… 大切なのは、緊張をなくすことではなく、 緊張と向き合い、受け入れること… メタル:だから、もう緊張から逃げないと、心に誓ったのです! その誓いを、今ここで、証明してみせます! ロック・リー:ようやく、わかったんだね。 「論点をすり替えるんじゃあねーぜ」 「結果はともかく、あんたがしたことは木ノ葉やカワキのためなんかじゃあねぇはずだ・・・」 「何なら俺には・・・あんたがカワキのカーマそのものに執着しているようにすら思える・・・!」 「その理由を聞いてんだよ・・・!」 その時、シカマルの首筋の爪痕からコードが現れます。 アラヤ:誤ったから、何だって言うんスか?! ボルト:オレが遣っちまったことは消せねぇけど… オマエらに、嫌な思いをさせちまったことだけは、謝りたいんだ! アラヤ:ケッ! 無言のまま立ち去ろうとするシンキ…。 シカマル 「決まってんだろ!仲間を手にかけたんだぞ!?事情が事情だったとはいえ・・・何の躊躇もなしに・・・」 ナルト 「カワキのした事は・・・あいつだけの責任じゃあねぇ」 シカマル 「かもな・・・モモシキの力に対処するのは遅かれ早かれ・・・ああする以外に方法はなかったかも知れねぇ・・・」 「だがな!オレが最も問題視するのは奴が、目的のためなら手段を選ばねぇ野郎だって事だ!」 「今回の件でそれがハッキリした!」 ナルト 「だったらどうするってんだ・・・木ノ葉じゃあ手に余るから、どっかへ追い出そうとでも言うのかよ」 シカマル 「そうは言ってねぇ!他里への手前もある。 一方的に責任を放棄するつもりはねぇ・・・」 ナルト 「・・・あいつは・・・ボルトにとっちゃ兄弟で・・・オレたちの家族も同然だ」 「何をしようと、誰がなんと言おうとな・・・」 「こんな時に家族が傍にいてやれねーで、誰がアイツの味方してやれんだよ」 シカマルはナルトに問います。 ナルト「バカヤロー!無茶しやがって!」 ボルト「ここなら思いっきり戦える!あとはイッシキを倒すだけだぜ!」 イッシキ「下等種共が…すぐに後悔させてやる」 煽り:退路無しの頂上決戦が始まる…!!今こそ、最悪の因果を断ち切れーーー!! 50話のあらすじはこちら。 コードも直にこの事実を知るだろう」 ボルト 「いつ化物の餌にされてもおかしくねぇって言いてぇのか・・・」 「上等だ・・・むしろ野郎を捜す手間が省けんなら好都合だぜ」 モモシキ 「イキがるな小童が・・・肝に銘じておけ・・・今回のような復活は二度と起こらん。 「お前・・・前に言ったよな・・・」 (心せよ・・・その青き瞳は、いずれ貴様から全てを奪い去る・・・) ボルト 「オレは一度死んだ・・・全てを奪い去るってのは、この事だったのか・・・」 ボルトの言葉に不適な笑みを浮かべるモモシキ。 (異次元からモノを取り出す「大黒天」、それに物質を「縮小」する「少名毘古那」まで・・・) (アマドの奴・・・カワキを第2のイッシキにしようとでもいうのか・・・?) カワキ vs モモシキ カワキは言います。 ボルト:シンキは、砂鉄を使って、あとは…あれっ?! シカダイ:ははは… 全然見ていねぇじゃねぇか… 居たんだぜ、スゲェ奴が一杯! 上ばっか見てると、足元救われるぜ! ボルト:なんだよ、それ… シカダイ:オレもオマエに負けるのが癪だってことだよ。 サラダ:そうやって、全員に謝っていたの? ボルト:冷やかしなら帰れよ! 試験は中止になったんだから、 謝罪しなくとも良いんじゃないかと言うミツキに… これが、オレのけじめだと答えるボルト。 爺ちゃんと、父ちゃんが火影だからって、 同じ道を行く必要はねぇってばさ! ボルト:オレが目指すのは、 サラダ、オマエの父ちゃんみてぇな忍だ! オレは、オレの忍道を行ってやる! ワタシの父を目標にするボルトが、 火影になった自分を守ってくれるつもりだって?! それが、ボルトの忍道!! サラダは、マジで頬を紅潮させてボルトを見つめます。 いのじん:誰かさんが、試験で活躍しすぎたせいでしょ? ボルトたちの前を通り過ぎる第十班、 通り過ぎるとき、互いに相手の存在に気付いたボルトとシカダイは… 雷車の屋根に二人並んで座るボルトとシカダイ… 互いに相手を意識しながらも、終始無言の二人… シカダイと面と向かうと素直になり切れないボルト… でも、謝らなきゃ!ボルトは意を決してシカダイに話しかけます。 ボルト「生物は縮小できないんだったよなァ!」 イッシキ「小賢しいマネを…!しかしお前ごときに何ができる?」 ズオッ! イッシキ「!?」 ボルトの右手から放たれる黒い渦がイッシキを飲み込んでいく。 それでは、早速、 第66話『 オレの物語…!!』の あらすじ・感想と ネタバレ、 視聴者の感想をご覧ください。 果心居士は木の葉隠れに過去に登録のある人物?その正体は? 2019-03-28 23:32 関連記事(歴代五影キャラクターまとめ ) 関連記事(人柱力、尾獣まとめ) 関連記事(忍刀七人衆、鷹、暁メンバーまとめ) スマホでもいつでも漫画を楽しみたいあなたにはコレ! ふとしたタイミングなど自分が見たいタイミングで、漫画を読みたいも多いのではないでしょうか。 クラマさんいないから十尾揃わないし、チャクラの実もできない サスケの輪廻眼復活して自分の命と引き換えにナルトを 「輪廻転生」 サラダ万華開眼、「インドラの転生者の最期か」と六道のじいちゃん再登場「サスケをなんとかしてくれってばよ、それが無理ならあんときみてぇに力くれってば」とかボルト達の戦闘よりサスケ気にしちゃう父ちゃんっていいのか? 「争いあってたお前達兄弟がようやく和解できたのだからもう少し今生を楽しんでもらいたいが儂には無理じゃあの時とは状況も違うしの 」絶望的だが何かが起きてサスケ復活、青年ボルトの話でまた危機を迎え 今度はナルサスオワコン ヒマワリ、サラダ、ミツキ、トネリ、スミレ、カカシ、ヤマトの動きや五影と尾獣、大蛇丸+鷹のメンバーの役割はなんだろうね。 サプライズ!?ボルトとヒマワリの誕生日パーティーだってばさ! 第七班のメンバーと別れ、自宅に帰ったボルト… ボルトが、家に帰ると、ナルトも帰っているではありませんか! しかも、ナルトは、 子供たちの誕生日を祝うケーキまで買ってきたらしい? ナルト:遅くなって、悪かったってばよ。 「いいこと?あなたの仕事は私の元へカワキを連れてくること」 「その見返りとして・・・あなた自身の目的のためにも力を取り戻す手助けはしてあげる」 「今のままじゃ私にとっても単なるお荷物でしかないからね」 「ただし・・・あなたが力を得てもなお役立たずの無能だったり、或いは私にとって単なる邪魔者でしかないと判断した場合」 「私たち姉弟はあなたを始末することに何のためらいもないってことを忠告しておくわ」 アマドの部屋を訪れるシカマル。 マンマと罠にかかったアシナってところでしょうか? チョウチョウ:木ノ葉丸先生?! ってか、みんな知ってたわけ? シカダイ:トマルさんが攫われたとき、オマエ現場に居なかったろ? ボルト:あれから犯人を追っかけて、フン捕まえたんだ! それにしても、まさか共犯者が、アシナさんだったとはな…。 「簡単なことだ・・・根本的に奴はカーマを嫌悪している・・・合意などおそらく得られん」 「しかしその反面・・・奴は力を欲していた・・・火影殿を守り敵を退ける力をな・・・」 「どの道、再びカーマが発現するには奴自身の意思が必要不可欠だったんだ」 「つまりカワキが自分で選択したことだ・・・奴自身が望んだ結果なんだよ」 「必要な時にすぐ使えなきゃ困るだろ・・・?だから前もって仕込んでおいただけだ、そもそも今回の難局を無事に乗り切れたのはカワキのカーマがあったからこそだろ・・・違うかね?」 シカマルは言います。 チョウチョウ:それが、何だってぇのよ!? ミツキ:キミが何を考えていようが、別にどっちだって良いんだけど… まわりまで振り回されると、任務に支障が出るからね! チョウチョウ:説教なら、間に合ってるから! ミツキ:大切なのは、味じゃなくて、ポテチの芯。 メタル:ボクたち、土木工事のプロですから! イワベエ:誤解を招く言い方、するなってぇーの! 第五班は、土木工事のプロ!… 何事も手抜きなしの真剣勝負なメタルらしい言葉ですねw ミツキの怪我の回復を案じるメタルとデンキ… ミツキは、親が体を丈夫に作ってくれていて良かったと答えます。 ケーキ、片付けちゃうわよっ! ナルト:うぉ~っ、それはないじゃん! ボルト:かぁちゃん、勘弁してくれってばさ! ヒマワリ:ごめんなさーい! 三人の素直な反応に笑いを堪え切れなくなるヒナタ… ヒマワリ:ねぇねぇ、早くケーキ食べよう! ナルト:おう、そうだな、もう腹がペコペコだな。.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com