パッ と 咲い て 散っ て 灰 に - Creepy

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy Nuts、センバツMBSテーマソング「パッと咲いて散って灰に」配信リリース決定

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy

Creepy Nuts、毎日放送『センバツ』公式テーマ「パッと咲いて散って灰に」完成|ニフティニュース

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy Nuts

Creepy Nuts、毎日放送『センバツ』公式テーマ「パッと咲いて散って灰に」完成|ニフティニュース

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy Nuts、センバツMBSテーマソング「パッと咲いて散って灰に」配信リリース決定

パッと咲いて散って灰に 歌詞「Creepy Nuts」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy Nuts『パッと咲いて散って灰に』を語る

パッと咲いて散って灰に 歌詞「Creepy Nuts」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy Nuts

Creepy Nuts パッと咲いて散って灰に 歌詞

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy Nuts

て 散っ 灰 咲い に パッ と て Creepy Nuts、毎日放送『センバツ』公式テーマ「パッと咲いて散って灰に」完成|ニフティニュース

Creepy Nuts、センバツMBSテーマソング「パッと咲いて散って灰に」配信リリース決定

誰も傷つけないで 終われるなんて ハナから望まねぇ事だぜmy men ヤツの願いを お前の願いで 押しのけてやっと開く狭いway 嫌われないで 終われるなんて 微塵も期待しちゃいけないぜmy men 引きずり倒して 蹴落として 憎まれながらはばかれ世界へ その優しさってのは傍らに 優れたモノのみあの2文字 今のお前にゃ誰一人 控えめに言っても敵わない そう散っては咲いての只中に 短すぎるその花盛り 無数の目に晒されるstage 今全て露に パッと咲いて散って灰に 消えてく然と 難攻不落を目の前に色気づいてる 春の風吹き荒れる土壇場で 雑音なんて消え去って静かに笑ってる 「ここまでくれば大したもんだ」なんて誰ぞがほざいた 耳を貸すな 振り返りゃ美化出来る轍だが お前が下した お前が退かした あの日お前の手で終わらした いくつもの声や 願いは そう簡単には許しちゃくれないさ なら行くとこまで行けその高み 転がり落ちようが構わない 今のお前らは誰一人そこで収まるようなタマじゃない 腐っても鯛だろ爽やかに で頷けるほど大人じゃ無い 無数の正義が交差するstage 今全て露に パッと咲いて散って灰に 消えてく然と 難攻不落を目の前に色気づいてる 春の風吹き荒れる土壇場で 雑音なんて消え去って静かに笑ってる パッと咲いて散って灰に 消えてく然と 半透明の明日を前に 怖気付いてる 誰のせいにも出来ぬこの土壇場で かっ飛ばしてくれ派手に どこまでも遠くへ.

  • .

  • 誰 だれも 傷 きずつけないで 終 おわれるなんて ハナから 望 のぞまねぇ 事 ことだぜmy men ヤツの 願 ねがいを お 前 まえの 願 ねがいで 押 おしのけてやっと 開 ひらく 狭 せまいway 嫌 きらわれないで 終 おわれるなんて 微塵 みじんも 期待 きたいしちゃいけないぜmy men 引 ひきずり 倒 たおして 蹴落 けおとして 憎 にくまれながらはばかれ 世界 せかいへ その 優 やさしさってのは 傍 かたわらに 優 すぐれたモノのみあの2 文字 もじ 今 いまのお 前 まえにゃ 誰一人 だれひとり 控 ひかえめに 言 いっても 敵 かなわない そう 散 ちっては 咲 さいての 只中 ただなかに 短 みじかすぎるその 花盛 はなざかり 無数 むすうの 目 めに 晒 さらされるstage 今 いま 全 すべて 露 あらわに パッと 咲 さいて 散 ちって 灰 はいに 消 きえてく 然 さだめと 難攻不落 なんこうふらくを 目 めの 前 まえに 色気 いろけづいてる 春 はるの 風 かぜ 吹 ふき 荒 あれる 土壇場 どたんばで 雑音 ざつおんなんて 消 きえ 去 さって 静 しずかに 笑 わらってる 「ここまでくれば 大 たいしたもんだ」なんて 誰 だれぞがほざいた 耳 みみを 貸 かすな 振 ふり 返 かえりゃ 美化 びか 出来 できる 轍 わだちだが お 前 まえが 下 くだした お 前 まえが 退 どかした あの 日 ひお 前 まえの 手 てで 終 おわらした いくつもの 声 こえや 願 ねがいは そう 簡単 かんたんには 許 ゆるしちゃくれないさ なら 行 いくとこまで 行 いけその 高 たかみ 転 ころがり 落 おちようが 構 かまわない 今 いまのお 前 まえらは 誰一人 だれひとりそこで 収 おさまるようなタマじゃない 腐 くさっても 鯛 たいだろ 爽 さわやかに で 頷 うなずけるほど 大人 おとなじゃ 無 ない 無数 むすうの 正義 せいぎが 交差 こうさするstage 今 いま 全 すべて 露 あらわに パッと 咲 さいて 散 ちって 灰 はいに 消 きえてく 然 しかと 難攻不落 なんこうふらくを 目 めの 前 まえに 色気 いろけづいてる 春 はるの 風 かぜ 吹 ふき 荒 あれる 土壇場 どたんばで 雑音 ざつおんなんて 消 きえ 去 さって 静 しずかに 笑 わらってる パッと 咲 さいて 散 ちって 灰 はいに 消 きえてく 然 さだめと 半透明 はんとうめいの 明日 あしたを 前 まえに 怖気付 おじけづいてる 誰 だれのせいにも 出来 できぬこの 土壇場 どたんばで かっ 飛 とばしてくれ 派手 はでに どこまでも 遠 とおくへ 誰 dare も mo 傷 kizu つけないで tsukenaide 終 o われるなんて warerunante ハナ hana から kara 望 nozo まねぇ manee 事 koto だぜ dazemy men ヤツ yatsu の no 願 nega いを iwo お o 前 mae の no 願 nega いで ide 押 o しのけてやっと shinoketeyatto 開 hira く ku 狭 sema い iway 嫌 kira われないで warenaide 終 o われるなんて warerunante 微塵 mijin も mo 期待 kitai しちゃいけないぜ shichaikenaizemy men 引 hi きずり kizuri 倒 tao して shite 蹴落 keo として toshite 憎 niku まれながらはばかれ marenagarahabakare 世界 sekai へ he その sono 優 yasa しさってのは shisattenoha 傍 katawa らに rani 優 sugu れた reta モノ mono のみあの nomiano2 文字 moji 今 ima のお noo 前 mae にゃ nya 誰一人 darehitori 控 hika えめに emeni 言 i っても ttemo 敵 kana わない wanai そう sou 散 chi っては tteha 咲 sa いての iteno 只中 tadanaka に ni 短 mijika すぎるその sugirusono 花盛 hanazaka り ri 無数 musuu の no 目 me に ni 晒 sara される sarerustage 今 ima 全 sube て te 露 arawa に ni パッ paxtu と to 咲 sa いて ite 散 chi って tte 灰 hai に ni 消 ki えてく eteku 然 sadame と to 難攻不落 nankoufuraku を wo 目 me の no 前 mae に ni 色気 iroke づいてる duiteru 春 haru の no 風 kaze 吹 fu き ki 荒 a れる reru 土壇場 dotanba で de 雑音 zatsuon なんて nante 消 ki え e 去 sa って tte 静 shizu かに kani 笑 wara ってる tteru 「 ここまでくれば kokomadekureba 大 tai したもんだ shitamonda」 なんて nante 誰 dare ぞがほざいた zogahozaita 耳 mimi を wo 貸 ka すな suna 振 fu り ri 返 kae りゃ rya 美化 bika 出来 deki る ru 轍 wadachi だが daga お o 前 mae が ga 下 kuda した shita お o 前 mae が ga 退 do かした kashita あの ano 日 hi お o 前 mae の no 手 te で de 終 o わらした warashita いくつもの ikutsumono 声 koe や ya 願 nega いは iha そう sou 簡単 kantan には niha 許 yuru しちゃくれないさ shichakurenaisa なら nara 行 i くとこまで kutokomade 行 i けその kesono 高 taka み mi 転 koro がり gari 落 o ちようが chiyouga 構 kama わない wanai 今 ima のお noo 前 mae らは raha 誰一人 darehitori そこで sokode 収 osa まるような maruyouna タマ tama じゃない janai 腐 kusa っても ttemo 鯛 tai だろ daro 爽 sawa やかに yakani で de 頷 unazu けるほど keruhodo 大人 otona じゃ ja 無 na い i 無数 musuu の no 正義 seigi が ga 交差 kousa する surustage 今 ima 全 sube て te 露 arawa に ni パッ paxtu と to 咲 sa いて ite 散 chi って tte 灰 hai に ni 消 ki えてく eteku 然 shika と to 難攻不落 nankoufuraku を wo 目 me の no 前 mae に ni 色気 iroke づいてる duiteru 春 haru の no 風 kaze 吹 fu き ki 荒 a れる reru 土壇場 dotanba で de 雑音 zatsuon なんて nante 消 ki え e 去 sa って tte 静 shizu かに kani 笑 wara ってる tteru パッ paxtu と to 咲 sa いて ite 散 chi って tte 灰 hai に ni 消 ki えてく eteku 然 sadame と to 半透明 hantoumei の no 明日 ashita を wo 前 mae に ni 怖気付 ojikedu いてる iteru 誰 dare のせいにも noseinimo 出来 deki ぬこの nukono 土壇場 dotanba で de かっ kaxtu 飛 to ばしてくれ bashitekure 派手 hade に ni どこまでも dokomademo 遠 too くへ kuhe.




2022 blog.edcanvas.com