レーゾンデートル 歌詞 - Eve『レーゾンデートル』歌詞の意味を考察・解釈

歌詞 レーゾンデートル Lyrics Eve

歌詞 レーゾンデートル レーゾンデートル 歌詞

歌詞 レーゾンデートル クラムボン レーゾンデートル

Eve「レーゾンデートル」に込められた意味とは?自分の存在意義を探す歌詞を考察!

歌詞 レーゾンデートル Lyrics Eve

レーゾンデートル

歌詞 レーゾンデートル レーゾンデートル/Eveの歌詞

歌詞 レーゾンデートル Eve『レーゾンデートル』歌詞の意味を考察・解釈

歌詞 レーゾンデートル レーゾンデートル 歌詞

クラムボン レーゾンデートル 歌詞

歌詞 レーゾンデートル クラムボン レーゾンデートル

歌詞 レーゾンデートル レーゾンデートル 歌詞

歌詞 レーゾンデートル Eve「レーゾンデートル」に込められた意味とは?自分の存在意義を探す歌詞を考察!

レーゾンデートル 歌詞「Eve」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

レーゾンデートル

言葉選びのセンスが神 -- とと 2021-02-10 22:56:18• 振 ふ る 舞 ま う 人前である動作や行為を行う(行動する)こと。 鏡に映った君はの後 8 yourself が表示されるのがよすぎる -- 名無しさん 2021-02-17 11:19:47• 作詞:Eve 作曲:Eve 漂うこの空気にストップ ただ矛盾を抱いている 今更猛スピードでスタート切ったって どうやったって追いつきゃしないぜメーデー 強がりに嫌気がさしている 弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる 損得のものさしでぽいって捨てられ よそいきの顔してまたやり過ごす 存在もないようなもんだ 誰もわかっちゃいないや 感情論に縋ってなんて憚れば堕ちる だけど 夢に目覚めた君は何をみるの 最低な日を超えて 最善の成る方へ どうしたんだ 期待なんてもうしてられないから その時をじっと待っている 曖昧な視界に立って 際限のない方へ こんな気持ちさえも捨てきれないのなら 混ざって混ざって生まれ変わるまで 終わらない夢を 従わないことでしか 忌み嫌われることでしか 焦りだけでは満たされない ありのままなど見せたくはないね ヘラヘラと今日も笑っている 弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる 詭弁に振る舞う 自己暗示さえ 真実に拘る 必要もない 裏切ってしまいそうな今日が かける言葉もないな 金輪際もう一生なんて憚れば堕ちる だけど 答えなど待っても君に会えやしないと 相対 武器をとって 感情の鳴る方へ こんな気持ちさえも捨てきれないのなら 混ざって混ざって生まれ変わるまで 終わらない夢を 足りないものばかりの僕ら 外見だけ取り繕った 続かないことに苛立った 他人を見下し嗤ったんだ そうしないと もう僕の心は壊れてしまうから 本当はもうわかってるんだ 期待されない人生だ 根拠もないあの日のような 真っすぐな瞳は だけど 夢に目覚めた君は何をみるの 最低な日を超えて 最善の成る方へ どうしたんだ 期待なんてもうしてられないから その時をじっと待っている 曖昧な視界に立って 際限のない方へ こんな気持ちさえも捨てきれないのなら 混ざって混ざって生まれ変わるまで 終わらない夢を その先の君を.

  • 2番出だしのラップみたいなパートで一言め「錯覚」でばーんと来るのとてもすきです -- ななし 2021-02-20 18:56:34• それらを諦めずに乗り越えて、自分の中に沸き起こった 弱くて情けない感情も強がりも情熱も全部 「まぜて」、 新たな自分に生まれ変わって欲しいという願いを筆者は 今作から感じ取りました。 漂 ただようこの 空気 くうきにストップ ただ 矛盾 むじゅんを 抱 いだいている 今更 いまさら 猛 もうスピードでスタート 切 きったって どうやったって 追 おいつきゃしないぜメーデー 強 つよがりに 嫌気 いやけがさしている 弱音 よわねも 吐 はけないままでいる 弱音 よわねも 吐 はけないままでいる 損得 そんとくのものさしでぽいって 捨 すてられ よそいきの 顔 かおしてまたやり 過 すごす 存在 そんざいもないようなもんだ 誰 だれもわかっちゃいないや 感情 かんじょう 論 ろんに 縋 すがってなんて 憚 はばかれば 堕 おちる だけど 夢 ゆめに 目覚 めざめた 君 きみは 何 なにをみるの 最低 さいていな 日 ひを 超 こえて 最善 さいぜんの 成 なる 方 ほうへ どうしたんだ 期待 きたいなんてもうしてられないから その 時 ときをじっと 待 まっている 曖昧 あいまいな 視界 しかいに 立 たって 際限 さいげんのない 方 ほうへ こんな 気持 きもちさえも 捨 すてきれないのなら 混 まざって 混 まざって 生 うまれ 変 かわるまで 終 おわらない 夢 ゆめを 従 したがわないことでしか 忌 いみ 嫌 きらわれることでしか 焦 あせりだけでは 満 みたされない ありのままなど 見 みせたくはないね ヘラヘラと 今日 きょうも 笑 わらっている 弱音 よわねも 吐 はけないままでいる 弱音 よわねも 吐 はけないままでいる 詭弁 きべんに 振 ふる 舞 まう 自己暗示 じこあんじさえ 真実 しんじつに 拘 こだわる 必要 ひつようもない 裏切 うらぎってしまいそうな 今日 きょうが かける 言葉 ことばもないな 金輪際 こんりんざいもう 一生 いっしょうなんて 憚 はばかれば 堕 おちる だけど 答 こたえなど 待 まっても 君 きみに 会 あえやしないと 相対 あいたい 武器 ぶきをとって 感情 かんじょうの 鳴 なる 方 ほうへ こんな 気持 きもちさえも 捨 すてきれないのなら 混 まざって 混 まざって 生 うまれ 変 かわるまで 終 おわらない 夢 ゆめを 足 たりないものばかりの 僕 ぼくら 外見 がいけんだけ 取 とり 繕 つくろった 続 つづかないことに 苛立 いらだった 他人 たにんを 見下 みくだし 嗤 わらったんだ そうしないと もう 僕 ぼくの 心 こころは 壊 こわれてしまうから 本当 ほんとうはもうわかってるんだ 期待 きたいされない 人生 じんせいだ 根拠 こんきょもないあの 日 ひのような 真 まっすぐな 瞳 ひとみは だけど 夢 ゆめに 目覚 めざめた 君 きみは 何 なにをみるの 最低 さいていな 日 ひを 超 こえて 最善 さいぜんの 成 なる 方 ほうへ どうしたんだ 期待 きたいなんてもうしてられないから その 時 ときをじっと 待 まっている 曖昧 あいまいな 視界 しかいに 立 たって 際限 さいげんのない 方 ほうへ こんな 気持 きもちさえも 捨 すてきれないのなら 混 まざって 混 まざって 生 うまれ 変 かわるまで 終 おわらない 夢 ゆめを その 先 さきの 君 きみを 漂 tadayo うこの ukono 空気 kuuki に ni ストップ sutoppu ただ tada 矛盾 mujun を wo 抱 ida いている iteiru 今更 imasara 猛 mou スピ supiー ド do で de スタ sutaー ト to 切 ki ったって ttatte どうやったって douyattatte 追 o いつきゃしないぜ itsukyashinaize メ meー デ deー 強 tsuyo がりに garini 嫌気 iyake がさしている gasashiteiru 弱音 yowane も mo 吐 ha けないままでいる kenaimamadeiru 弱音 yowane も mo 吐 ha けないままでいる kenaimamadeiru 損得 sontoku のものさしでぽいって nomonosashidepoitte 捨 su てられ terare よそいきの yosoikino 顔 kao してまたやり shitematayari 過 su ごす gosu 存在 sonzai もないようなもんだ monaiyounamonda 誰 dare もわかっちゃいないや mowakatchainaiya 感情 kanjou 論 ron に ni 縋 suga ってなんて ttenante 憚 habaka れば reba 堕 o ちる chiru だけど dakedo 夢 yume に ni 目覚 meza めた meta 君 kimi は ha 何 nani をみるの womiruno 最低 saitei な na 日 hi を wo 超 ko えて ete 最善 saizen の no 成 na る ru 方 hou へ he どうしたんだ doushitanda 期待 kitai なんてもうしてられないから nantemoushiterarenaikara その sono 時 toki をじっと wojitto 待 ma っている tteiru 曖昧 aimai な na 視界 shikai に ni 立 ta って tte 際限 saigen のない nonai 方 hou へ he こんな konna 気持 kimo ちさえも chisaemo 捨 su てきれないのなら tekirenainonara 混 ma ざって zatte 混 ma ざって zatte 生 u まれ mare 変 ka わるまで warumade 終 o わらない waranai 夢 yume を wo 従 shitaga わないことでしか wanaikotodeshika 忌 i み mi 嫌 kira われることでしか warerukotodeshika 焦 ase りだけでは ridakedeha 満 mi たされない tasarenai ありのままなど arinomamanado 見 mi せたくはないね setakuhanaine ヘラヘラ herahera と to 今日 kyou も mo 笑 wara っている tteiru 弱音 yowane も mo 吐 ha けないままでいる kenaimamadeiru 弱音 yowane も mo 吐 ha けないままでいる kenaimamadeiru 詭弁 kiben に ni 振 fu る ru 舞 ma う u 自己暗示 jikoanji さえ sae 真実 shinjitsu に ni 拘 kodawa る ru 必要 hitsuyou もない monai 裏切 uragi ってしまいそうな tteshimaisouna 今日 kyou が ga かける kakeru 言葉 kotoba もないな monaina 金輪際 konrinzai もう mou 一生 issyou なんて nante 憚 habaka れば reba 堕 o ちる chiru だけど dakedo 答 kota えなど enado 待 ma っても ttemo 君 kimi に ni 会 a えやしないと eyashinaito 相対 aitai 武器 buki をとって wototte 感情 kanjou の no 鳴 na る ru 方 hou へ he こんな konna 気持 kimo ちさえも chisaemo 捨 su てきれないのなら tekirenainonara 混 ma ざって zatte 混 ma ざって zatte 生 u まれ mare 変 ka わるまで warumade 終 o わらない waranai 夢 yume を wo 足 ta りないものばかりの rinaimonobakarino 僕 boku ら ra 外見 gaiken だけ dake 取 to り ri 繕 tsukuro った tta 続 tsudu かないことに kanaikotoni 苛立 irada った tta 他人 tanin を wo 見下 mikuda し shi 嗤 wara ったんだ ttanda そうしないと soushinaito もう mou 僕 boku の no 心 kokoro は ha 壊 kowa れてしまうから reteshimaukara 本当 hontou はもうわかってるんだ hamouwakatterunda 期待 kitai されない sarenai 人生 jinsei だ da 根拠 konkyo もないあの monaiano 日 hi のような noyouna 真 ma っすぐな ssuguna 瞳 hitomi は ha だけど dakedo 夢 yume に ni 目覚 meza めた meta 君 kimi は ha 何 nani をみるの womiruno 最低 saitei な na 日 hi を wo 超 ko えて ete 最善 saizen の no 成 na る ru 方 hou へ he どうしたんだ doushitanda 期待 kitai なんてもうしてられないから nantemoushiterarenaikara その sono 時 toki をじっと wojitto 待 ma っている tteiru 曖昧 aimai な na 視界 shikai に ni 立 ta って tte 際限 saigen のない nonai 方 hou へ he こんな konna 気持 kimo ちさえも chisaemo 捨 su てきれないのなら tekirenainonara 混 ma ざって zatte 混 ma ざって zatte 生 u まれ mare 変 ka わるまで warumade 終 o わらない waranai 夢 yume を wo その sono 先 saki の no 君 kimi を wo.

  • Eve レーゾンデートル 作詞:Eve 作曲:Eve 漂うこの空気にストップ ただ矛盾を抱いている 今更猛スピードでスタート切ったって どうやったって追いつきゃしないぜメーデー 強がりに嫌気がさしている 弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる 損得のものさしでぽいって捨てられ よそいきの顔してまたやり過ごす 存在もないようなもんだ 誰もわかっちゃいないや 感情論に縋ってなんて憚れば堕ちる だけど 夢に目覚めた君は何をみるの 最低な日を超えて 最善の成る方へ どうしたんだ 期待なんてもうしてられないから その時をじっと待っている 曖昧な視界に立って 際限のない方へ こんな気持ちさえも捨てきれないのなら 混ざって混ざって生まれ変わるまで 終わらない夢を 従わないことでしか 忌み嫌われることでしか 焦りだけでは満たされない ありのままなど見せたくはないね ヘラヘラと今日も笑っている 弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる 詭弁に振る舞う 自己暗示さえ 真実に拘る 必要もない 裏切ってしまいそうな今日が かける言葉もないな 更多更詳盡歌詞 在 金輪際もう一生なんて憚れば堕ちる だけど 答えなど待っても君に会えやしないと 相対 武器をとって 感情の鳴る方へ こんな気持ちさえも捨てきれないのなら 混ざって混ざって生まれ変わるまで 終わらない夢を 足りないものばかりの僕ら 外見だけ取り繕った 続かないことに苛立った 他人を見下し嗤ったんだ そうしないと もう僕の心は壊れてしまうから 本当はもうわかってるんだ 期待されない人生だ 根拠もないあの日のような 真っすぐな瞳は だけど 夢に目覚めた君は何をみるの 最低な日を超えて 最善の成る方へ どうしたんだ 期待なんてもうしてられないから その時をじっと待っている 曖昧な視界に立って 際限のない方へ こんな気持ちさえも捨てきれないのなら 混ざって混ざって生まれ変わるまで 終わらない夢を その先の君を.




2022 blog.edcanvas.com