非 効果 的 健康 管理 看護 計画 - 肥満(メタボリックシンドローム)患者の看護計画

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイント2

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 脳梗塞患者の看護計画

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 看護学生です。 現在実習中なのですが、今日根本的に患者さんへの

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 高血圧症の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のための必要な情報収集とアセスメント、主な看護計画と看護問題に対する成果目標達成のための具体策例

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 非効果的健康管理 看護計画

肺がん患者への看護計画(OP・TP・EP)と終末期におけるケア

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 非効果的健康維持 看護計画

看護実習でずれないアセスメントをするために|「デキる看護師になる為の看護実習が100倍充実する学び方・教え方」ユアナーシング

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 非効果的家族健康管理 看護計画

誤嚥性肺炎、肺炎の具体的看護計画(OP、TP、EP)とそのエビデンス 看護実習・臨床向け

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 心不全の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のための必要な情報収集とその評価・アセスメント、看護問題に対する成果目標達成の為の具体策

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 非効果的健康管理 看護計画

非効果的健康維持 看護計画

管理 計画 健康 効果 的 非 看護 看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイント2

高血圧症の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のための必要な情報収集とアセスメント、主な看護計画と看護問題に対する成果目標達成のための具体策例

#B 心筋収縮性に関連した心拍出量減少 患者の目標 成果目標 ・十分な心拍出量を維持することが出来る #C 酸素の供給/需要のアンバランスに関連した活動耐性低下 患者の目標 成果目標 ・労作時に異常な心拍反応を示さない。 または実施する 短期:感染予防の必要性を述べる OーP ・ブドウ糖代謝障害、最小血管障害、動脈硬化症、脱水、栄養障害、神経障害など感染防御機能の低下につながる状態の有無と程度を観察する ・全身の皮膚、口腔を観察する ・合併症に関する検査所見の観察 TーP ・足を必ず観察し白線、カンジダや胼胝、鶏眼などの発見時は医師に相談する ・口腔トラブルにより通常の硬さの食事を摂取できない場合は、食事形態を検討し必要であれば医師に歯科受診を依頼する ・糖尿病コントロール不良などにより倦怠感が強い場合は、全身の清潔を保てるよう介助する EーP ・糖尿病の易感染状態について日常生活の注意点を含めて説明する ・皮膚の観察方法を説明する ・発熱、下痢、嘔吐、食欲不振により食事ができない場合の対応について、栄養補給方法、インスリン注射を勝手に中止しないこと、受診の目的などわかりやすく説明する #6低血糖による意識障害により、転倒、外傷の危険がある 看護診断 身体損傷リスク状態 危険因子:生化学的障害(低血糖) 看護目標 長期:転倒により身体を損傷することなく入院生活を送る OーP ・低血糖症状の出現状況と程度を観察する TーP ・安全な環境を整備する ・低血糖症状出現時には血糖を測定し低血糖を確認する。 ・家族のノーマライゼーション(2604) (定義:家族員が慢性疾患や慢性的な障害を負った時に、最適に機能する方法を見つける家族の能力) ・専門職のケアへの家族の参画(2605) (定義:ヘルスケア職員によるケアについての意思決定、ケア提供、評価に関与する家族の能力) ・介護者の介護能力:直接的ケア(2205) (定義:家族介護者による家族への身の回りの世話とヘルスケアの提供) ・介護者の介護能力:間接的ケア(2206) (定義:家族介護者による、家族への適切なケアの調整と監督) ・治療中の家族支援(2609) (定義:治療を受けている家族のため、情緒的にサポートできる家族の能力) 2)目標 ・患者と家族が、疾患を管理するための治療計画の内容を理解できるよう支援をする。 #D に対する看護ケア計画 1 モニタ管理 補足 大動脈の解離の進行や瘤の破裂を予防するために、慎重な管理をおこなっていく。 間違った例:曖昧な表現 「できるだけ長い時間、車椅子で過ごすことができる」 正しい例:具体的な表現 「1日に20分間、車椅子で過ごすことができる」 ・短期間と長期間の目標を立てる 忙しい臨床現場ではなかなか難しいですが、できれば、短期的な目標と長期的な目標を立てるとよいでしょう。 ・個人の健康状態(2006) (定義:18歳以上の成人の身体的、心理的、社会的、霊的な全般的健康状態) ・知識:治療計画(1813) (定義:特別な治療計画に関する理解の程度) ・健康増進行動(1602) (定義:健康を維持または増進するための個人の行動) ・社会的支援(1504) (定義:他者からの確かなえんじょ) 2)目標 ・患者が疾患を管理するために、治療計画を生活に取り入れる支援をする。 主な看護診断と患者の目標 成果目標 #A 知識不足に関連した非効果的自己管理 患者の目標 成果目標 ・自己の健康管理状態を把握することが出来、指示された薬物療法、食事療法が実施することが出来る。 主な看護診断と患者の目標 成果目標 #A 知慮計画に関連した非効果的自己管理 患者の目標 成果目標 ・日常生活の改善計画を立案し実行することが出kる #B 治療行動についての知識不足に関連したノンコンプライアンス 患者の目標 成果目標 ・合併症の兆候や症状の圧巻が血圧と関連していることを言語で表現することが出来る。 6 ストレスの有無 7 不眠の有無、十分な休息がとれているか 補足 十分に休息がとれていない状況で活動を続けると、体力を消耗し、心臓負荷につながる。 #C 高血圧症に関連した非効果的脳組織循環リスク状態 患者の目標 成果目標 ・血圧が目標範囲内に高圧する ・合併症 脳血管障害 を起こさない。 #D 意欲の低下に関連した入浴セルフケア不足 患者の目標 成果目標 ・身体を清潔に保つことが出来る。 4 尿量・性状 5 水分出納 補足 ショック症状や腎血流障害を起こしている場合がある為、尿の性状・水分出納を把握しておく。 ・自己管理:急性疾患(3100) (定義:可逆的な疾患とその治療を管理し、合併症を予防するための個人の行動) ・自己管理:慢性疾患(3102) (定義:慢性疾患とその治療を管理し、疾患の進行および合併症を予防するための個人の行動) ・症状の自己コントロール(1608) (定義:自覚した身体的および情緒的機能の病的な変化を最小にするための個人の行動) ・コンプライアンス行動(1601) (定義:特定の健康問題について医療従事者からの勧めに従う個人の行動) ・社会的支援(1504) (定義:他者からの確かな援助) 2)目標 ・患者が疾患を管理するために、治療計画を生活に取り入れる支援をする。 14 薬剤の副作用兆候の有無と程度 補足 ジギタリス投与時は中毒症状 不整脈、悪心・嘔吐、下痢、精神的混乱 に注意する。 ・排便の量、性状 ・排便・尿支障因子 ・水分出納 3.活動・休息のバランス 肺炎の重症度と呼吸不全はないかを観察していく。 ・呼吸の状態 喘鳴、陥没呼吸、呼気延長、起坐呼吸、チアノーゼの有無、呼吸数 喘息発作の発作強度の評価 小発作、中発作、大発作、呼吸不全 を行うことで、その重症度と症状改善のための治療が決定されているので、速やかに対応する必要がある。 3 発作予防の知識と対処方法の実際 4 家族のサポート状況 根拠 継続的な自己管理には、家族の協力やサポートが不可欠。 3.インスリン抵抗性改善薬 例 アクトス インスリン抵抗性を改善したり、 肝臓における糖新生を抑えて末梢での糖の利用を高める。 2 治療・検査の目的や予定についての説明 3 家族の支援への依頼 根拠 高齢者では入院。 ・体位ドレナージ ・スクイージング 6 環境整備 喘息発作の誘発因子を除去し、発作を予防していく。 2 痰喀出の援助 必要時の吸入・吸引 3 衣服や寝具の調整 ・衣服を緩める、寝具での圧迫をふせぐ 根拠 全身をゆったりとして安楽な呼吸を促すためには、衣服や寝衣の調整が必要である。 不安を成長させないように、丁寧にゆっ くりと患者のペースに合わせて話、患者の 気持ちを理解できるよう、しっかりと聞 き、安心感と安楽の提供と感情の表出を 促す。 #1誤った解釈から糖尿病を軽視している 看護診断 非効果的自己健康管理 関連因子:治療計画に対する不信感がある 診断指標:治療計画を毎日の生活に組み込むことが難しいと言葉に表す。 5%以上の場合 3)確実な糖尿病網膜症が認められた場合 4)過去に「糖尿病型」と示した資料(検査データ)がある場合 3. 上記の条件が満たされた記録がある場合は糖尿病の疑いをもって対応する 4-2.

  • 食事療法の例 糖尿病食1000 エネルギ- 1000Kcal 蛋白質 50g 脂質 25g 炭水化物 150g 塩分7g 糖尿病食1200 エネルギー1200kcal 蛋白質60g 脂質30g 炭水化物180g 塩分7g 糖尿病食1400 エネルギー1400Kcal 蛋白質60g 脂質40g 炭水化物200g 塩分7g 糖尿病食1600 エネルギー1600kcal 蛋白質70g 脂質45g 炭水化物230g 塩分7g 糖尿病食1800 エネルギー1800Kcal 蛋白質75g 脂質50g 炭水化物260g 塩分7g 5-3.

  • 動脈血酸素分圧 PaO2 が低下し、60Torr トル 以下になると組織に十分な酸素を供給できなくなる。 5 薬剤 テオフィリン の効果と副作用 喘息発作治療薬として使用されるテオフィリンは強い副作用が出現する場合があるので、観察が必要である。 #B 大動脈損傷に関連した急性疼痛 患者の目標 到達目標 ・疼痛が緩和し日常生活を送ることが出来る #C 死への脅威に関連した不安 患者の目標 到達目標 ・不安の表出をすることが出来る #D 血液量減少に関連したショック状態 患者の目標 到達目標 ・大動脈の解離の進行、破裂を起こさない 問題点別の看護計画 具体策 #A 知識不足に関連した非効果的自己管理 患者の目標 到達目標 ・血圧コントロールの必要性を理解し、日常生活で実施出来る。 アルコール依存症の看護過程、看護計画 OP、TP、EP のための必要な情報収集 観察項目 とアセスメント、主な看護計画と看護問題に対する成果目標達成の為の具体策例 本記事の内容• 看護診断名の例 1.非効果的治療計画管理 2・恐怖 3.栄養摂取消費バランス異常 8.

看護学生です。 現在実習中なのですが、今日根本的に患者さんへの...

1)リンケージ上の成果 ・誤嚥の予防(1918) (定義:水分や固形物が肺を通過するのを予防する個人の行動) ・呼吸の状態:気道開通(0410) (定義:気管気管支の気道が開通している程度) ・呼吸の状態:換気(0403) (定義:肺への空気の出入り) 2)目標 ・気道分泌物を除去し閉塞や肺炎を防ぐ。 統合失調症の看護計画 具体策 の例とエビデンス #D 情動的な問題 不安、緊張 に関連した対自己暴力リスク問題 患者の目標 成果目標 ・幻覚、妄想や感情障害により自分に対する暴力行動をしないことが出来る。 間違った例:看護師が主語 「転倒させない」 正しい例:患者さんが主語 「転倒しない」 ・曖昧な表現をしない 「できるだけ」「ある程度」などの曖昧な表現は使わないようにします。 ・発熱の程度、熱型 ・呼吸状態 呼吸数、呼吸音 、喘鳴 ・呼吸困難の有無 ・咳嗽の有無と程度 咳嗽を効果的に行うことが出来ず、気道分泌物が貯留し、呼吸困難が生じていないか観察する。 神経障害 ・足の裏のしびれ感 ・感覚鈍磨など 足の壊疽の原因の1つとなる 自律神経障害 ・立ちくらみ 起立性低血圧 ・下痢や便秘 ・発汗障害など 網膜症 ・視力障害 腎症 ・蛋白尿 ・浮腫 進行してからでないと症状は現れない 腎不全 ・尿毒症の症状 倦怠感、皮膚の搔痒感、貧血など 2型糖尿病の患者に対する治療方法とは 糖尿病は、完治することは難しいですが、「初期の段階で治療を正しく行う」「血糖値を安定させることで症状の進行を抑える」等で症状を改善することができます。 糖尿病患者の看護計画 看護目標の書き方 看護目標はよく5w1hで書くように指導されたりしますが、看護目標の基本的な書き方は 主語 :誰が 動詞:何を、どんな行為を 状態:どんな状態で行うのか 尺度:いつまで、どの位、どこまで、どのような状態になれば良いのか 時間:いつ行うのか をちゃんと書くことです。 #1誤った解釈から糖尿病を軽視している 看護診断 非効果的自己健康管理 関連因子:治療計画に対する不信感がある 診断指標:治療計画を毎日の生活に組み込むことが難しいと言葉に表す。 1.全身倦怠感 2.易疲労感 3.食欲不振 4.腹部膨満 5.手掌紅斑 6.くも状血管拡張(前胸部・肩・首など) 7.腹水 8.黄疸 9.腹壁静脈拡張 10.肝性脳症 11.浮腫 12.食道・胃静脈瘤 13.女性化乳房 14.睾丸萎縮 4、看護診断と看護過程 肝硬変の患者さんの状態を全体的に分析・把握し、個々にあった看護を行っていく必要があります。 看護診断:ノンコンプライアンス 定義:患者(家族や地域社会)と医療専門職で合意している健康増進計画や治療計画が存在していても、患者や介護者があまり計画どおりには行動せず、臨床上の好ましくないアウトカムにつながる可能性のある可能性のある状態 1.コンプライアンス と ノンコンプライアンス 1)コンプライアンス コンプライアンス(compliance)は、直訳すると、「順守」「追従」「応諾」「承伏」「承知」という意味です。 5 苦痛の緩和 6 精神的ストレスの緩和 補足 身体的な苦痛を対症的に緩和するとともに、入院や治療への不安の緩和を図り、血圧を上昇させる要因を除去する。 治療計画実施の障壁となるもの位を減少させるための行動がとれないと言葉に表す 看護目標 長期:患者家族は、糖尿病コントロールに向けて、治療に積極的に参加する意欲を表現する 短期:1)糖尿病コントロールの妨げになっているものを明確にする 2)食事の改善点を述べる 3)運動の実施方法を述べる OーP ・糖尿病の状態を知るため狡猾、多飲、多尿、体重減少などの症状の有無と程度を観察する ・糖尿病の程度、合併症の状態を知るため糖尿病コントロール指標、合併症のための検査所見を観察する ・これまでの体重の増減の経緯、20歳時の体重、肥満の程度から発症後の経過と今後の目標体重の情報を得る ・食事摂取量、内容、回数、バランス、身体活動、運動の種類、頻度、飲酒、などを確認する ・糖尿病食を実際に見て食べることから体感した反応を観察する ・指示された運動実施時の身体症状、乾燥を聴取し運動療法に対する反応を観察する ・インスリン注射時の表情、言動を観察しインスリン注射に対する反応を観察する ・患者を広く取り巻く生活環境に着目し、生活背景が及ぼす影響を確認する TーP ・現時点での糖尿病のうけとっめを確認するため患者が持つ糖尿病の理解と認識を引き出す ・糖尿病全般の新たな情報の獲得を援助するため、糖尿病教室への参加を促し、参加後の感想や疑問に対応する EーP ・患者の個々のライフスタイルや考え方に合わせて、糖尿病についてわかりやすく説明する ・患者の課題を明確にしたうえで食事療法についてわかりやすく説明する ・家族の積極的な参加の重要性を説明し、調理する家族も含めて食事療法について説明する ・患者の課題を明確にしたうえで、運動療法についてわかりやすく説明する #2食事療法、運動療法についての知識不足から過剰に栄養を摂取している 看護診断 栄養摂取消費バランス異常:必要量以上 関連因子:代謝上必要とする以上の過剰な栄養摂取 診断指標:身長や骨格から割り出した理想体重より20%多い体重。 ・コンプライアンス行動(1601) (定義:特定の健康問題について医療従事者からの勧めに従う個人の行動) ・症状の自己コントロール(1608) (定義:自覚した身体的および精神的機能の病的な変化を最小限にするための個人の行動) ・セルフケア:経口・外用薬(0307) (定義:補助具の使用にかかわらず、治療的な目標に応じた経口薬および局所用薬を自力で使用する個人の行動) ・セルフケア:非経口(0309) (定義:補助具の使用にかかわらず、治療的な目標に応じた非経口薬を自力で使用する個人の行動) ・知識:治療計画(1813) (定義:特別な治療計画に関する理解の程度) 2)目標 ・患者と家族が、疾患を管理するための治療計画の内容を理解できるよう支援をする。 #F 自己概念混乱に関連した社会的相互作用障害 患者の目標 成果目標 ・引きこもりが解消し、他者と関わることが出来る。 主な看護診断と患者の目標 到達目標 #A 知識不足に関連した非効果的自己管理 患者の目標 到達目標 ・血圧コントロールの必要性を理解し、日常生活で実施出来る。 #E 情動的な問題 不安、緊張 に関連した対他者暴力リスク問題 患者の目標 成果目標 ・幻覚、妄想や感情障害による不安、緊張、恐怖について表出することが出来る。 2 行動範囲の拡大 大前提として、行動範囲の拡大は計画的に行っていく 根拠 肺炎再燃のリスクがある場合は、回復状況、年齢、既往歴に応じて慎重に活動量を増やす、再び、発熱、咳嗽、喀痰などが出現するようであれば、中止して様子を観察する。 転職の相談なら「マイナビ看護師」 転職相談 面接対策 条件交渉 退職相談 総合評価 担当対応 求人の質 サービス 3.

  • 外部からのきっかけに反応して食べる 看護目標 長期:適切な栄養摂取と消費のバランスを理解し、適正体重を目指した生活習慣獲得への行動変容を説明できる 短期:1)体重を減らすために適正な摂取エネルギー量として指示された食事摂取の意志を表示する 2)不適切な生活習慣が血糖コントロールに影響していたと、自身の言葉で述べる 3)体重を減らすことが血糖コントロールに影響することを述べる OーP ・同一条件下での体重の経過、食事摂取記録、運動実施記録、血糖、尿糖などの確認 ・明らかになる糖尿病の状態を患者がどのようにとらえているか、患者の認識を確認する TーP ・現時点での疑問、新たに情報が加わることで生じる問題に、いつでも対応する姿勢を示す ・これまでの生活での摂取エネルギー量と消費エネルギー量のアンバランスを引き起こしている問題を、患者とともに検討する ・今後の生活での問題解決に向けての目標設定を患者とともに行う ・栄養士などのスタッフと連携をとりながらチームとして情報を共有し、個々の生活背景と身体状態に応じた具体的な実施方法を検討する EーP ・患者自身が知りたいという気持ちを引き出し、それを手がかりとして食事療法と運動療法の意義と目的を個々の状況に合わせて説明する ・患者家族の反応を確認しながら食品交換表を用いて食事療法について説明を行う #3不規則な食生活でのインスリン療法の実施により低血糖を引き起こす可能性を恐れている 看護診断 恐怖 関連因子:機能障害を起こす疾患 診断指標:自信がなくなってきたという訴え。 ヌーベルヒロカワ ゴードンの機能的健康パターンに基づく看護過程と看護診断 第3版 編集 江川隆子 より 最新版は、第5班 というわけで、できあがったアセスメントの内容と、それぞれのパターンにおける、何についてアセスメントするのか(何について、結論を出すのか)とが異なるとき、「ずれてる」ということになります。 #D 膀胱留置カテーテルの長期留置に関連した感染リスク問題 患者の目標 成果目標 ・尿路感染を起こさない ・身体の清潔を保つことが出来る 心不全患者に対する看護計画 具体策 #A 知識不足に関連した非効果的自己管理 患者の目標 成果目標 ・自己の健康管理状態を把握することが出来、指示された薬物療法、食事療法が実施することが出来る。 院内情報が豊富な「看護のお仕事」 転職相談 面接対策 条件交渉 退職相談 総合評価 担当対応 求人の質 サービス 3.

  • 警戒心の増大 看護目標 長期:インスリン注射と低血糖の管理に自信を持ち実施できるようになったと述べる 短期:1)インスリン注射への気持ちを表現する 2)低血糖の原因t歩対処方法を述べる 3)インスリン注射を自身で実施できる OーP ・インスリン注射や低血糖に対する恐怖の程度を観察する ・インスリン注射や低血糖に対する捉え方を確認する TーP ・患者の訴えに理解と共感を示しインスリン注射に、関連する患者の思いを十分に引き出し受け止める ・ライフスタイルに合わせたインスリン注射の実施方法を患者と話し合い、必要時に医師に調整を依頼する EーP ・患者の個々のライフスタイルに合わせた低血糖予防と対処方法を説明する ・インスリン注射に理解、受け入れ状況に合わせてインスリン注射を指導する ・インスリンの作用に合わせた食事療法、運動療法の注意点と実施方法を説明する #4糖尿病と診断されたことにより、長期にわたる治療が必要なこと、合併症の発症・進展の可能性に対する不安を抱えている 看護診断 不安 関連因子:健康状態の変化、健康状態に対する脅威 診断指標:不眠、他者を非難する傾向、意識集中が困難 看護目標 長期:糖尿病を持ちながらの生活で、自身の心理的身体的安楽を見つける 短期:糖尿病発症の受け入れがない気持ちを表現する OーP ・不安のレベルを明らかにするために不安の症状、程度を観察する ・新たに情報を得る中で糖尿病に対する認識を確認する TーP ・不安を助長させないよう、丁寧にゆっくりと患者のペースに合わせて話し、患者の気持ちを理解できるようしっかりと聞き、安心感と安楽の提供と感情の表出を促す EーP ・専門用語を用いず、理化しやすい言葉を用いて糖尿病を説明する #5糖尿病のコントロール不良により生体防御機能が低下している 看護診断 感染リスク状態 危険因子:不適切な第一次防御機構、第二次防御機構 看護目標 長期:感染予防に対する適切な注意事項、対処方法を説明できる。 【例】 #1 非効果的気道浄化 *1 #2 安楽障害 *2 *1 T.




2022 blog.edcanvas.com