いづれ の 御 時に か - 『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

の 御 か いづれ 時に 源氏物語【桐壺・光る君の誕生】~いづれの御時にか~敬語表現や主語は間違いなくテストで問われます!!

「いづれの御時にか」

の 御 か いづれ 時に いづれの御時にか・桐壺1:源氏物語2

の 御 か いづれ 時に 吟鳥子 『いずれの御時にか』

「いづれ」「いずれ」の意味と違い

の 御 か いづれ 時に 源氏物語(紫式部)

の 御 か いづれ 時に 「いづれの御時にか」

の 御 か いづれ 時に 廣田收先生「『いづれの御時にか』と光源氏の物語り」を読み直す

の 御 か いづれ 時に 「いづれ」「いずれ」の意味と違い

の 御 か いづれ 時に 第1回 「桐壺」より

の 御 か いづれ 時に 第1回 「桐壺」より

の 御 か いづれ 時に 「いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、いとやむごと

いづれの御時にか

l おぼえいとやむごとなく、上衆めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに、さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑあることのふしぶしには、まづまう上らせ給ふ、 m あるときには大殿籠り過ぐして、やがて候はせ給ひなど、あながちに御前去らずもてなさせ給ひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを、この皇子生まれ給ひてのちは、いと心ことに思ほしおきてたれば、 n 坊にも、ようせずは、この皇子のゐ給ふべきなめりと、一の皇子の女御はおぼし疑へり。 l 世間での評価もたいへん重々しく、高貴な人らしく見えるが、(帝が)むやみに近くにおつきまとわせなさるあまりに、しかるべき管弦のお遊びの折々や、何事でも由緒ある行事のふしぶしには、まっ先に参上させなさる、 m またあるときにはお寝過ごしになって、そのまま(翌日も)おそばにお仕えさせになるなど、むやみにおそばから下がらせないよう待遇なさっていたうちに、自然と身分の軽い人にも見えたのだけれど、この皇子がお生まれになってからは、たいそう格別に待遇しようとお心づもりなさっていたので、 n 皇太子にも、悪くすると、この皇子がおつきになりそうに見えると、一の皇子の(母である弘佞殿の)女御はお疑いになっていた。 敬語の区別: 御 さぶらふ たまふ たまふ いづれの 御時にか 女御更衣あまた さぶらひ たまひけるなかに いとやむごとなき際にはあらぬが すぐれて時めき たまふ ありけり 尊敬語 謙譲語 丁寧語 古語探訪 いづれの御時にか 01001:語り手の苦渋の選択から創出された物語の時空間 ・「御時」の「御」は帝を指す。 「[桐壺更衣を]宮仕へに出だしたまへりしに 国王すぐれて時めかしたまふこと 並びなかりけるほどに」(「須磨」) 「いとやむごとなき際にはあらぬが すぐれて時めきたまふ」(桐壺冒頭) 同じ内容を、片や自動詞「時めく」を使い、片や他動詞「時めかす」を使って、述べたことはあきらかであろう。 桐壺~そのころ、高麗人のまゐれるが中に~ 【冒頭部】 そのころ、高麗人のまゐれるが中に、かしこき相人ありけるを・・・・・ 【現代語訳】 そのころ、高麗の人が(わが国に)来ていた、その中に、すぐれた人相見がいたのを(帝は)お聞きになって、宮中に(外国人を)お呼びになることは、宇多天皇のお戒めがあるので(できないから)、非常にこっそりと、この御子を鴻臚館にお遣わしになった。 桐壺~おのづからことひろごりて~ 【冒頭部】 おのづからことひろごりて、もらさせたまはねど、東宮の祖父大臣など、・・・・・ 【現代語訳】 自然と(観相の)ことが世間にひろがって、(帝は)お漏らしにならないけれども、皇太子の祖父の大臣などはどういうことであろうかと、お疑いになっていた。 桐壺~いづれの御時にか~ 【冒頭部】 いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひけるなかにいとやむごとなききはにはあらぬが、・・・・・ 【現代語訳】 どの帝の御代であったろうか、女御や更衣が大勢お仕えなさっていた中に、たいして高貴な身分ではない方で、きわだって帝のご寵愛を受けていらっしゃる方があった。 桐壺~母后、あなおそろしや~ 【冒頭部】 母后、あなおそろしや、春宮の女御の、いとさがなくて、桐壺の更衣のあらはにはかなくもてなされし例もゆゆしう、・・・・・・ 【現代語訳】 母后は、「まあ、おそろしいこと。 に…ありけり 三次元構造 /いづれの御時にか/ 〈女御更衣〉あまた さぶらひたまひけるなか に いとやむごとなき際にはあらぬ 〈 〈[更衣]〉が すぐれて 時めきたまふ 〉 ありけり 助詞と係り受け /いづれの御時にか/ 女御更衣あまた さぶらひたまひけるなか に いとやむごとなき際には あらぬがすぐれて 時めきたまふ ありけり• 桐壺~風の音、虫の音につけて~ 【冒頭部】 風の音、虫の音につけて、もののみ悲しうおぼさるるに、弘徽殿には、久しう上の御局にもまう上りたまはず、・・・・・・ 【現代語訳】 (帝は)風の音や虫の声につけても、ただもう悲しくお思いであるのに、弘徽殿の女御は長い間清涼殿の上の御局にも参上なさらず、(今夜は)月が美しいので、夜のふけるまで管絃の遊びをしておられるらしい。 源氏物語「光源氏の誕生」」(桐壺) 現代語訳 源氏物語「光源氏の誕生」」(桐壺) 現代語訳 a いづれの御時にか、女御・更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。 初代:光源氏と一の宮の父 院号なし 死後は故院など 二代:初代の第一皇子 院号は朱雀院 死後は故院など 三代:初代の第十皇子であるが実父は光源氏 院号は冷泉院 生存中 四代:父は二代帝 在位中のため院号なし 天皇は譲位されると内裏から院という建物に移って余生を過ごす。 桐壺~父の大納言はなくなりて~ 【冒頭部】 父の大納言はなくなりて、母北の方なむ、いにしへの人の由あるにて、親うち具し、・・・・・・・・・ 【現代語訳】 (桐壷の更衣の)父の大納言は亡くなって、母(である大納言の)北の方は旧家出身の深い教養ある人で、両親がそろっていて、現在世間の評判もはなやかな他のおん方々にもたいして見劣りしないように、どんな宮中の儀式をもおとりはからいなさったけれども、しっかりしたうしろだてがないから、特別なことがあるときには、(更衣は)やはり頼るあてもなく心細そうである。 【語 句】 さしありて・・・現在 世のおぼえ・・・世間の評判 何時の儀式・・・宮中で、毎年きまって行われる諸儀式 とりたてて・・・特別に。 いづれ の御時 に か 女御更衣あまたさぶらひたまひ けるなか に いとやむごとなき際 に はあら ぬ が すぐれて時めきたまふ あり けり 助詞: 格助 接助 係助 副助 終助 間助 助動詞 助動詞の識別: に ける に ぬ けり• 14歳で入内したときの回想シーンで、11歳の青白い少年の帝を見て こんな少年が私のお婿さまだと言うの……? と不満に思った弘徽殿の女御が、帝に優しく語りかけられて 恥ずかしそうにお笑いになるのは悪くないわ 物語の殿方のように私を奪ったりはして下さらないでしょうけれど、こういう控えめな求愛も悪くないわ とすぐに思い直すのがなんか可愛らしかった。 桐壺~その年の夏、御息所はかなき心地に~ 【冒頭部】 その年の夏、御息所はかなき心地にわづらひて、・・・・・ 【現代語訳】 その年の夏(若宮の母)御息所はふとした病気にかかって、里さがりしようとなさるが、(帝は)お暇をどうしてもお許しくださらない。 桐壺~限りあれば、さのみも~ 【冒頭部】 限りあれば、さのみも、えとどめさせたまはず、・・・・・ 【現代語訳】 (別れが惜しくても)限度というものがあるから、(帝は)そうむやみにも、おひきとめになるわけにもゆかず、(身分がら)お見送りさえおできにならない気がかりさを、言いようもなく悲しく思わずにはいらっしゃれない。.

  • .

  • .

blog.edcanvas.com: いづれの御時にか (2) (ウィングス・コミックス) : 吟 鳥子: Japanese Books

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com