その 気 に なっ てい た お前 の 姿 は お笑い だっ た ぜ - 目の保養!ごちそうさまでした。

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 母に残したのは、白紙のメッセージ

トウカイテイオー(ウマ娘 プリティーダービー)

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 目の保養!ごちそうさまでした。

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 超人オリオン

【大人になって苦手になったもの】虫、下ネタ、そして。。。

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 気の利いたメッセージ集・感謝の言葉 覚えておくと役立つひと言フレーズ

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 【2ch】絶対笑えるコピペまとめ【5ch】25選!NAVERまとめの代わりに

【悲報】ロシア、やっぱりドーピングしてた模様『もはや定期スレ』『ROCとか一体何だったんや?』

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 超人オリオン

フリードリヒ・ニーチェ

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ フリードリヒ・ニーチェ

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 目の保養!ごちそうさまでした。

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ お飾り王妃になったので、こっそり働きに出ることにしました ~うさぎがいるので独り寝も寂しくありません!~

フリードリヒ・ニーチェ

た は ぜ 気 に だっ お笑い 姿 てい その の た お前 なっ 【悲報】ロシア、やっぱりドーピングしてた模様『もはや定期スレ』『ROCとか一体何だったんや?』

痩せてる人たちに「太らない理由」を聞いたら、胸が熱くなった

痩せてる人たちに「太らない理由」を聞いたら、胸が熱くなった

ゴルシ! -- 名無しさん 2021-04-20 08:46:33• そう思えば思うほど高まる呼吸の音が、 凩 ( こがらし )のように深夜の四壁に反響するのを聞いていた。 又……かように私が、専門外の精神病科の仕事に立ち入って、自身に貴方の御介抱を申上げておりますのも、そうした重大な秘密の漏洩を警戒致したいからで、同時に、万一、貴方の御記憶が回復いたしました節には、時を移さず駈け付けまして、誰よりも先に、その事件の真相も聞かして頂かねばならぬ……その事件の真相を 蔽 ( おお )い 晦 ( くら )ましている怪魔人の正体を曝露して頂かねばならぬ……という考えからで御座います。 私はそれを見ると何んという事なしに涙が眼がしらに 滲 ( にじ )み出て来た。 つまりその青年が、正木先生と私とのために、この病室に 幽閉 ( とじこ )められて、想像も及ばない恐ろしい精神科学の実験を受けている苦しみを詳細に描写したものに過ぎないのですが」 「……ヘエ。 同時にこの大学みたように精神病科を 継子 ( ままこ )扱いにする学校は、全然無価値なものになってしまうのです。 「なぜ!なぜ今になって現れたの!?」 ララア(エルメス) vs アムロ(ガンダム) 四方から迫るエルメスのビット攻撃を驚異的な反射速度でかわしつつ、 そのニュータイプ能力を全開にして、ビットそのものをも撃破していくアムロ。 ……で御座いますから、申さば貴方は、その解放治療場内で行われました、或る驚異すべき実験の中心的な代表者でおいでになりますと同時に、当九大の名誉の守り神とも申すべきお方に相違ないので御座います」 「……そ……そんな恐ろしい実験の中心に……どうして僕が……」 と私は思わず 急 ( せ )き込んで、寝台の端にニジリ出した。 うわぁ~、ゴテゴ テ言ぅさかい泣き出したがな、ごめんごめん」 「え? 笑ろてんのかこれ? 笑ろてる顔かこれ? 笑ろても泣いてもお んなじよぉな、こ~んな顔やなぁ。 その中で三人の頬ぺたの赤い看護婦たちが、三人とも揃いのマン丸い赤い腕と、赤い脚を高々とマクリ出すと、イキナリ私を引っ捉えてクルクルと 丸裸体 ( まるはだか )にして、 浴槽 ( ゆぶね )の中に追い込んだ。 ここが 斯様 ( かよう )に狂うが 原因 ( もと )じゃと。 私はそれを見ると、自ずと廻転椅子の上に 居住居 ( いずまい )を正した。 そんなに 夥 ( おびただ )しい、限りもないであろう、過去の記憶を、どうしてコンナに綺麗サッパリと忘れてしまったのか……。 その時に若林博士は、その 仄青 ( ほのあお )い 瞳 ( ひとみ )を少しばかり伏せて、今までよりも一層低い調子になった。 一所懸命に 縋 ( すが )り付いていた腕を引き抜かれて、ハズミを 喰 ( くら )った私は、固い人造石の床の上にドタリと 尻餅 ( しりもち )を突いた。 「 4、 3、 2、 1、 ゼロー! 」 (カツ・レツ・キッカ) アムロが脱出ランチに乗っていないことを知り、動揺するWBクルー。 疲れますので……」 と云ううちに、やおら 背後 ( うしろ )の 華奢 ( きゃしゃ )な 籐椅子 ( とういす )を振り返って、ソロソロと腰を 卸 ( おろ )したのであったが、その 風付 ( ふうつ )きを見ると私は又、思わず眼を 反 ( そ )らさずにはいられなかった。 医師は 昏睡 ( こんすい )が来る度毎に何か非常の手段を用いようかと案じているらしかった。 物は試しじゃお 閑暇 ( ひま )の時分に。 帝一「誰にも負けない!僕は作る!!僕の国を!」 帝一の人生をかけた戦いが幕を開けた…! 登場人物 【一年】 ・赤場帝一…海帝中学でも生徒会長を務めた。 そうして又、元の通りに若返って来たのだな……と見ているうちにその唇の隅には、やがて 和 ( なご )やかな微笑さえ浮かみ出たのであった。 「それでは只今から、この九大精神病科本館の教授室……先程申しました 正木敬之 ( まさきけいし )先生が、御臨終の当日まで 居 ( お )られました部屋に御案内いたしましょう。 何しろお前たちは見るに痛ましい人生の 芽生 ( めば )えだ。 斎藤先生は 忽 ( たちま )ちの 中 ( うち )に満座の諸教授の論難攻撃の焦点に立たれたのでありますが、しかし先生は一歩も退かずに、 該博 ( がいはく )深遠なる議論を以て、一々相手の攻撃を逆襲、粉砕して行かれましたので、午後の三時から始まった会議が、日が暮れても片付きませぬ。 今朝、暗いうちに起った不可思議な、恐ろしい出来事の数々を、キレイに忘れてしまっていた私は、そこいら中が変に 剛 ( こわ )ばって痛んでいる身体を、思い切ってモリモリモリと引き伸ばして、力一パイの大きな 欠伸 ( あくび )をしかけたが、まだ充分に息を吸い込まないうちに、ハッと口を閉じた。 お兄さんに 倶絺羅 ( くちら )、妹に 舎利 ( しゃり )と名づけました。 語源、系統なんぞは、まだ判明致しませぬが、 強 ( し )いて訳しますれば今の幻魔術もしくは『 堂廻目眩 ( どうめぐりめぐらみ )』『 戸惑面喰 ( とまどいめんくらい )』という字を当てて、おなじように『ドグラ・マグラ』と読ませてもよろしいというお話ですが、いずれにしましてもそのような意味の全部を引っくるめたような言葉には相違御座いません。 怖 ( こ )わ 怖 ( ご )わ 右手 ( めて )をあげて、自分の顔を 撫 ( な )でまわしてみた。 二人はこうして、ちょっとの 間 ( ま )、 睨 ( にら )み合いの姿になった……が……そのうちに若林博士は、私が何の返事もし得ない事を察したかして、 如何 ( いか )にも失望したらしくソット眼を閉じた。 その驚異的な新学説の原理原則と申しますのは、前にもちょっとお話しました通り、極めてわかり易い、女子供にでも理解され得るような、興味深い、卑近な種類のもので……その学説の原理を実際に証明すべく『狂人解放』の実験を初められた訳です……が……しかも、その実験は、もはや、ほかならぬ貴方御自身の御提供によって、 申分 ( もうしぶん )なく完成されておりますので……あとに残っている仕事と申しますのは唯一つ、貴方が昔の御記憶を回復されまして、その実験の報告書類に、署名さるるばかりの段取りとなっておるので御座います」 私は又も呆然となった。 コンテンツ自体の寿命も縮めかねん -- 名無しさん 2021-04-22 13:04:26• 「……あッ……大正十五年の十月十九日……あの斎藤先生の写真の下に懸かっているカレンダーの日附は、斎藤先生が亡くなられてから、ちょうど丸一年目の日附ですね」 私がこう云って振り返った……その瞬間に変化した若林博士の表情の恐ろしかった事……それは、ほんの一瞬間ではあったが……大きな、白い唇をピッタリと閉じて、 顋 ( あご )をグッと突き出すと同時に、青白い瞳を一パイに 剥 ( む )き出して私を 睨 ( にら )み付けた。 まことに 呆気 ( あっけ )ないものであったのですが、しかし、その結果から申しますと、誠に大きな意味を含む事になったのです。 私は自分の心の乱れからお前たちの母上を 屡々 ( しばしば )泣かせたり淋しがらせたりした。 ただ、ちょっとの 間 ( ま )、泣き止んで、寝台に顔を一層深く埋めながら、頭を左右に振っただけであった。 その下に大きく、横一文字に閉ざされた唇の色が、そこいらの皮膚の色と 一 ( ひ )と続きに生白く見えるのは、何か悪い病気に 罹 ( かか )っているせいではあるまいか。 「包み焼かないハンバーグ」で「天才はいる、悔しいが」と確信した -- 名無しさん 2021-04-20 21:09:55• そのような現象の実在が、科学的に可能であることが、明白、切実に証拠立てられますばかりでなく、そんな人々が、 以前 ( もと )の精神意識に立ち帰ります際には、キット或る長さの『自我忘失症』を経過することまでも、学理と、実際の両方から立証されて来るので御座います。 ……しかもその美少女は、私のタッタ一人の 従妹 ( いとこ )で、私と許嫁の間柄になっているばかりでなく「一千年前の姉さんのお 婿 ( むこ )さんであった私」というような 奇怪極まる私と同棲している夢を見ている。 今の人間は、みんな西洋崇拝で、一人残らず唯物科学の中毒に 罹 ( かか )っているのですから、先生の愚痴を注射した位ではナカナカ癒りませんよ。 けれども私の頭の中は依然として 空虚 ( からっぽ )であった。 しかしながら……そうした博士の苦心と努力は、遺憾ながら 酬 ( むく )いられなかった。 まさかの目の保養 投稿者:ハッピー 8月30日(日)10時04分52秒 ハッテンサウナへはまだちょっと怖いそこでスパ銭へ、男同士絡み合いには期待薄だがせめてチンポだけは子供からオジイチャンまで充分見れるだろう、それだけでも胸ワクワクでいそいそと入館此処は中クラスでお仲間の集まる場所とは聞いていない、入館しまず驚きは思ったより人が多いそして乾サでチンポを勃起させ堂々と晒し暗めのミストでは、触りに来る人これなら仮眠室の予想も出来る、俺と同じ様にハッテンサウナは怖いので此処へ集まってるのかな、小都市だからスパ銭もすくないし思う少し足を延ばせば派手に遊べるハッテン場も有るのに、いよいよ仮眠室へイヤー此処は予想以上に派手派手だ何と寝てる人のちんぽを弄っている人勃起させたチンポへ食らい付いてる人、極めつけは諸 ASEXしてる人それを囲むギャラリーが、それを見ながらオナニー等等まるでお仲間を一纏めにした様子だ、目の保養なんてなもんじゃない因みに俺も若い子2人を喰って大大満足、しかし此処はこれからどうなるのかな、そんな事考えながらチャリで帰宅。 片 ( かた )っ 端 ( ぱし )から頭を砕いて。 「100万の一般国民を疎開させるということは、これは軍人の無能を示すことだ」 (デギン) 「わたくしに面と向かってよくおっしゃる」 (ギレン) コロニーレーザー使用の為、住民を全員疎開させようとしているギレンに対して、国王自ら苦言を一言。 ……すなわち……その『狂人の解放治療』と申しますのは、本年の二月に、正木先生が当大学に赴任されましてから間もなく、その治療場の設計に着手されましたもので、同じく七月に完成致して、 僅々 ( きんきん )四箇月間の実験を行われました 後 ( のち )、今からちょうど一箇月前の十月二十日に、正木先生が亡くなられますと同時に閉鎖される事になりましたものですが、しかも、その僅かの間に正木先生が行われました実験と申しますのは、取りも直さず、貴方の過去の御記憶を回復させる事を中心と致したもので御座いました。 斎藤先生は滅多に酒を用いられぬ代りに、酔うと前後を忘れられるのが唯一つの欠点であったのですが、実に惜しい人を死なしたものです」 「……その一緒にお酒を飲んだ人は、まだ 判明 ( わか )らないのですか」 「……左様……今だに判明致しませぬが、これは余程デリケートな良心を持った人でなければ、名乗って出られますまい」 「……でも……でも……名乗って出ないと一生涯、息苦しい思いをしなければならないでしょう」 「近頃の人達の常識から申しますと、そんなにまで良心的に物事を考える必要がないらしいのです。 今朝暗いうちに、七号室で撫でまわして想像した時には、三十前後の 鬚武者 ( ひげむしゃ )で、人相の悪いスゴイ風采だろうと思っていたが、それから手入れをしてもらったにしても、 掌 ( てのひら )で撫でまわした感じと、実物とが、こんなに違っていようとは思わなかった。 つまり器用貧乏とは「多才」なのだ! (まぁ、彼らは常人とは違うからこその偉人なのだけれどw) そもそもどっぷりハマれなかったら趣味じゃないという考えがおかしい そもそも・・・ですよ! どっぷりハマれるものだけが趣味、なんていう考え方がおかしいんです。 今は文明開化の 御代 ( みよ )だよ。 しかも、それとても赤の他人の医学博士と、理髪師から聞いた事に過ぎないので、 真実 ( ほんとう )に、自分の過去として記憶しているのは今朝、あの……ブーンンン……という時計の音を聞いてから今までの、数時間の間に起った事柄だけである。 大空をわたる雲の一片となっているか、谷河の水の一滴となっているか、 太洋 ( たいよう )の 泡 ( あわ )の一つとなっているか、又は思いがけない人の涙堂に 貯 ( たくわ )えられているか、それは知らない。 満腹したせいか、全身の力がグッタリと脱け落ちて、 掌 ( てのひら )と、足の裏がポカポカと温かくなって、頭の中がだんだんと薄暗いガラン洞になって行く……その中の遠く近くを、いろんな朝の物音が行きかい、飛び違っては消え失せて行く……そのカッタルサ……やる瀬なさ……。 すると若林博士も、ちょうど脈搏の診察を終ったところらしく、 左掌 ( ひだりて )の上の懐中時計を、やおら 旧 ( もと )のポケットの中に落し込みながら、今朝、一番最初に会った時の通りの叮嚀な態度に帰った。 アッといわせる研究 仕遂 ( しと )げて。 着ている着物までも帯を解いて裏返して見たけれども、私の名前は 愚 ( おろ )か、頭文字らしいものすら発見し得なかった。 剣樹 ( けんじゅ )地獄や 石斫 ( いしきり )地獄。 ……もっとも、その祭文歌の中に摘発してあります精神病院の精神病者に対する虐待の事実なぞが、一般社会に重大視される事になりますと、現代の精神病院は一つ残らず 破毀 ( はき )されて、世界中に精神異状者の氾濫が起るかも知れない事実が想像され得るのでありますが、しかし正木先生は、左様な結果なぞは少しも問題にしてはおられなかったようで、唯、将来御自分の手で開設されるであろう『狂人解放治療』の実験に対する準備事業の一つとして、 斯様 ( かよう )な宣伝をされたものと考えられるので御座います」 「それじゃ 矢 ( や )っ 張 ( ぱ )り……」 と云いさした私は、思わずドキンとして座り直さずにはおられなかった。 その廊下の左右は赤い血のような豆菊や、白い夢のようなコスモスや、紅と黄色の奇妙な内臓の形をした 鶏頭 ( けいとう )が咲き乱れている真白い砂地で、その又 向 ( むこう )は左右とも、深緑色の松林になっている。 家庭の 建立 ( こんりゅう )に費す労力と精力とを自分は他に用うべきではなかったのか。 その時から生活の諸相が 総 ( すべ )て眼の前で変ってしまった。 それは……」 「……申すまでもない事です」 「……第一、忘れられる事でしょうか……そんな事が……」 「……さあ……そのような問題は、故、正木先生の 所謂 ( いわゆる )『記憶と良心』の関係に属する、面白い研究事項ではないかと考えられるのですが……」 「それでは斎藤先生の死は、それだけの意味で、おしまいになったのですね」 「さよう。 「たまんないなァ…」 (アムロ) 「ホント」 (セイラ) アムロの反応速度についてこれなくなったガンダムにマグネット・コーティングを施して性能アップを図る技士団。 その上にその主張してある主旨というものが又、極端に常軌を逸しておりまして、その標題と同様に、人を 愚弄 ( ぐろう )しているかの如く見えましたので、 流石 ( さすが )に当時の新知識を網羅した新大学の諸教授も、ことごとく面喰らわされてしまいました。 あの論文の価値が、こんなに 易々 ( やすやす )と看破されるようでは、まだまだ私の研究が浅薄であったに違いない。 「……いかがです……思い出されましたか……御自分のお名前を……」 私は 冠 ( かむ )りかけていた帽子を慌てて脱いだ。 産婆は 毬 ( まり )でもつくようにその胸をはげしく 敲 ( たた )きながら、 葡萄酒 ( ぶどうしゅ )葡萄酒といっていた。 私の生命全体が涙を私の眼から 搾 ( しぼ )り出したとでもいえばいいのか知らん。 毎日 天日 ( てんぴ )に焼かれたお蔭で。 若林博士は 流石 ( さすが )に権威ある法医学者であった。 ところが不思議なことに若林博士も、私のそうした顔を、 瞬 ( またたき )一つしないで見下しているのであった。 やっと下の方の片隅だけ 引歪 ( ひきゆが )める事が出来たが、それ以上は人間の力で引抜けそうになかった。 「 ああ、アムロ… 時が見える… 」 走馬灯のようにフラッシュバックしていくララアの残留思念。 それにつけて思い出すのは私があの写真を 撮 ( と )ってやった時だ。 ……ところが間もなく、 斯様 ( かよう )な斎藤先生の御不満が、正木先生の天才的頭脳と 相俟 ( あいま )って、当時の大学部内に、異常な波瀾を捲き起す機会が参りました。 この原稿を読み終りました私が、その内容の不思議さに眩惑されました結果、もしやこの標題の中に、この不思議な 謎語 ( なぞ )を解決する鍵が隠されているのではないか。 < 舎利子 ( しゃりし )>< 鶖鷺子 ( しゅうろし )>などともいう。 又、その緑色の反射の中央にカンバス張りの厚紙に挟まれた数冊の書類の 綴込 ( とじこ )みらしいものと、青い、四角いメリンスの風呂敷包みが、勿体らしくキチンと置き並べてあるが、その上から卓子の表面と同様の灰色のホコリが一面に 蔽 ( おお )い 被 ( かぶ )さっているのを見ると、何でも余程以前から誰も手を触れないまま置き放しにしてあるものらしい。 …… 吾 ( われ )を忘れて立上った。 人の身体の狂いを 治療 ( なお )す。 涙を 嚥 ( の )んでは 咽 ( む )せかえって、 身体 ( からだ )を 捩 ( よ )じらせ、 捻 ( ね )じりまわしつつ、ノタ打ちまわりつつ笑いころげた。 ……どこかに潜み隠れている、正体のわからない、冷血兇悪な精神病患者…… 其奴 ( そいつ )が描きあらわした怪奇、残虐を極めた犯罪の記念品……そんなものを次から次に見せ付けられて、思い出せ思い出せと責め立てられるのではあるまいか。 何故なら妻の死とはそこにもここにも 倦 ( あ )きはてる程 夥 ( おびただ )しくある事柄の一つに過ぎないからだ。 ……ですから卒業論文なぞも無論、その頃まで学術用語と称せられていた 独逸 ( ドイツ )語で書かれている事と期待されておりましたのに、案に相違して、その頃まではまだ普及されていなかった言文一致体の、しかも、俗語や方言 混 ( まじ )りで書いてあるのでした。 私は身を 飜 ( ひるがえ )して寝台の枕元に在る入口の 扉 ( ドア )に駈け寄った。 『letters and Anti-Semitic Correspondence Sheets』 は最近の私の悩みの種だが、私の名前を利用したいだけのこの党に対する嫌悪感だけは可能な限り決然と示しておきたい。 臓腑 ( はらわた )の底から湧き出して来る 戦慄 ( せんりつ )と共に、我を忘れて大声をあげた。 どうしてもお前達を 子守 ( こもり )に任せておけないで、毎晩お前たち三人を自分の枕許や、左右に 臥 ( ふせ )らして、夜通し一人を寝かしつけたり、一人に牛乳を温めてあてがったり、一人に小用をさせたりして、 碌々 ( ろくろく )熟睡する暇もなく愛の限りを尽したお前たちの母上が、四十一度という恐ろしい熱を出してどっと床についた時の驚きもさる事ではあるが、診察に来てくれた二人の医師が口を 揃 ( そろ )えて、結核の徴候があるといった時には、私は 唯 ( ただ )訳もなく青くなってしまった。 「……ドウモ……身体が弱う御座いますので……外套のまま失礼を……」 それは 矢張 ( やは )り身体に釣り合わない、女みたような声であった。 学者に停年はありませんからね」 といったような事だったと記憶しておりますが、これには 流石 ( さすが )の斎藤先生も 呆 ( あき )れておられましたようで……一緒に聞いておりました私も、少なからず驚かされた事でした。 この方の先生の教えられていることがだ」 今までのわだかまりが晴れわたり、 「 これは目連にも教えなければならない」 と思った舎利弗は、アッサジにお礼を言って、喜び勇んで目連のもとへ戻りました。 けれどもそのおしまいがけに、長く伸びた手足の爪を 截 ( き )ってもらって、 竹柄 ( たけえ )のブラシと塩で口の中を掃除して、モウ一度暖たまってから、新しいタオルで 身体 ( からだ )中を 拭 ( ぬぐ )い上げて、新しい黄色い櫛で頭をゴシゴシと掻き上げてもらうと、 流石 ( さすが )に生れ変ったような気持になってしまった。 若林博士の説明によると、そんなものは皆「私の頭も、これ位に 治癒 ( なお )りましたから、どうぞ退院させて下さい」という意味で、入院患者から主任教授宛に提出されたものばかり……という話であった。 ……というような、あらゆるタマラナイ恥かしさが、 叮嚀 ( ていねい )過ぎるくらい叮嚀な若林博士の説明によって、初めて、ハッキリと意識されて来たのであった。 人の病気を 治癒 ( なお )すが役目じゃ。 尤 ( もっと )もこの事は、誰かの口から洩れたと見えまして、新聞に掲載されたそうですが……私はツイ、うっかりしてその記事を見ませんでしたけれども……」 若林博士はここまで物語って来ると、その時の思い出に打たれたらしく、いかにも感動したようにヒッソリと眼を閉じた。 同時に堪え難い空腹に襲われかけている事に気が付いたので、傍に落ちていた帯を締め直すや否や、右手を伸ばして、生温かい牛乳の瓶を握りつつ、左手でバタを 塗 ( な )すくった焼 麺麭 ( パン )を掴んでガツガツと喰いはじめた。 三本並んだ太い 生木 ( なまき )の柱の中央に、白髪、 白髯 ( はくぜん )の神々しい老人が、高々と 括 ( くく )り付けられている。 その又肖像写真の左側には今一つ、隣りの部屋に通ずるらしい扉が見えるが、それ等のすべてが、 清々 ( すがすが )しい朝の光りの中に、 或 ( あるい )は 眩 ( まぶ )しく、又はクッキリと照し出されて、大学教授の居室らしい、厳粛な 静寂 ( しじま )を作っている光景を眺めまわしているうちに、私は自から襟を正したい気持ちになって来た。 気が付くと私は入口と反対側の壁の隅に 身体 ( からだ )を寄せかけて、手足を前に投げ出して、首をガックリと胸の処まで 項垂 ( うなだ )れたまま、鼻の先に在る人造石の床の上の一点を凝視していた。 扉の外は広い人造石の廊下で、私の部屋の扉と同じ色恰好をした扉が、左右に五つ 宛 ( ずつ )、向い合って並んでいる。 この部屋で正気を回復すると同時に、ホッとする間もなく、襲いかかって来た自己忘却の 無間 ( むげん )地獄……何の反響も無い……聞ゆるものは時計の音ばかり……。 あなたは 最早 ( もはや )、今朝から、完全に、今までの夢中遊行的精神状態を離脱しておられまして、今にも昔の御記憶を回復されるであろう間際に立っておられるので御座います。 その全体の大きさは、どう見ても今までの半分ぐらいしかないので、どんなに 瘠 ( やせ )こけているにしても……その外套の毛皮が如何に薄いものであるにしても、とても尋常な人間の出来る芸当とは思えない。 ……もちろん火星征伐の建白なぞとは全然、性質を 異 ( こと )にした、精神科学上研究価値の高いものと認められましたところから、とりあえずここに保管してもらっているのですが、恐らくこの部屋の中でも……否。 すなわち、只今までお話致しました正木先生の精神科学に関する御研究の 中 ( うち )でも、一番大切な精神解剖学、精神生理学、同病理学と、それからそのような御研究のエッセンスともいうべき心理遺伝学と、この四種類の原稿は、以前から手許に引取っておられました『脳髄論』の本文と一緒に、自殺の直前に焼棄ててしまわれましたので、現在、正木先生の御研究の内容を 覗 ( うかが )うのに必要な文献としましては、 僅 ( わずか )にソレだけしか残っていないのです。 その 中央 ( まんなか )を貫く長い廊下を、今しがた来た花畑添いの外廊下づたいに、一直線に引返して、向う側に行抜けると、監獄の入口かと思われる物々しい、鉄張りの扉に行き当った……と思ううちにその扉は、どこからかこっちを覗いているらしい番人の手でゴロゴロと一方に引き開いて、二人は暗い、ガランとした玄関に出た。 ちょうどこの節お 上 ( かみ )でなさる。 ……ところで斎藤先生の 斯様 ( かよう )な主張が、ほかの諸教授たちの反感を買ったのは無論の事でありました。 肉の眼で恐ろしい夢でも見るように、産婦は かっと 瞼 ( まぶた )を開いて、あてどもなく 一所 ( ひとところ )を 睨 ( にら )みながら、苦しげというより、恐ろしげに顔をゆがめた。 新しいタオルで包んだ大きな枕の中に、 生 ( う )ぶ 毛 ( げ )で包まれた赤い耳をホンノリと並べて、長い睫毛を正しく、楽しそうに伏せている少女の寝顔が、眼に見えぬくらい静かに、静かに、悲しみの表情にかわって行くのであった。 「……ところでその正木先生が、生涯を 賭 ( と )して完成されました、その実験の前後に関するお話を致しますに 就 ( つい )ては、誠に恐縮で御座いますが、かく申す私の事を引合いに出させて頂かなければなりませぬので……と申します理由は、ほかでも御座いませぬ。 裏を返すというの は左官仕事用語で、塗り壁など表から壁土を塗りつけ、ある程度乾か せたのち裏からもう一度塗りつけることをいう By ダイナシさん 素灰 すばい =灰と土を混ぜ水で湿らせたもの。 お医者がステキに 儲 ( もう )かる話じゃ。 そうして、 「……ここは……九州大学……」 と 独言 ( ひとりごと )のように 呟 ( つぶ )やきつつ、キョロキョロと左右を見廻わさずにはおられなくなった。 そうして眼の 球 ( たま )だけをグルリグルリと上下左右に廻転さしてみた。 最前も、ちょっとお話をしました通り、正木先生の前にこの精神病科の教室を受持っておられましたお方で、私どもの恩師です」 そう云ううちに若林博士は軽い、感傷的な 歎息 ( ためいき )をしたが、やがてその長大な顔に、深い感銘の色をあらわしつつ、悠々と私の方に近付いて来た。 又もニジミ出して来る額の 生汗 ( なまあせ )をハンカチで拭いた。 どこから手を入れて 螺旋 ( ねじ )をかけるのか解らないが、旧式な唐草模様の付いた、物々しい恰好の長針と短針が、六時四分を指し示しつつ、カックカックと巨大な真鍮の 振子球 ( ふりこだま )を揺り動かしているのが、何だか、そんな刑罰を受けて、そんな事を繰り返させられている人間のように見えた。 万一、彼女が正真正銘の精神病患者で、彼女のモノスゴイ呼びかけの相手が、彼女の深刻な幻覚そのものに 外 ( ほか )ならないとしたら、どうであろう。 そうして 良 ( い )い加減、暖たまったところで立ち上るとすぐに、私を流し場の 板片 ( いたぎれ )の上に引っぱり出して、前後左右から冷めたい 石鹸 ( シャボン )とスポンジを押し付けながら、遠慮会釈もなくゴシゴシとコスリ廻した。 はっ」 【赤場479票>大鷹478票>東郷13票】 投票10秒前! 3秒前…2秒前…1秒前… 投票終了!! ラスト1秒で帝一自身が弾に投票し、結果は1票差で弾の勝利! 次の生徒会長は大鷹弾!! 弾「な…なぜ…」 帝一「これでいい。 私はシャ 嗄 ( が )れた声を振り絞った。 「……お兄さま……おにいさま……どうぞ……どうぞあたしを……助けて……助けて……ああ……」 私はその声に追立てられるように今一度、四方の壁と、窓と、 扉 ( ドア )を見まわした。 そうして右手の 取付 ( とっつ )きの部屋の前まで来ると、そこに今一人待っていた看護婦が扉を開いて、私たちと一緒に 内部 ( なか )に這入った。 お前たちの母上は亡くなるまで、金銭の 累 ( わずら )いからは自由だった。 氏 ( うじ )も 素性 ( すじょう )もスカラカ、チャカポコ。 爪先走りに切戸の 傍 ( かたわら )に駈け寄って、白木の膳を差入れている、赤い、丸々と肥った女の腕を 狙 ( ねら )いすまして 無手 ( むず )と引っ掴んだ。 「この前の通りの 刈方 ( かりかた )で、およろしいので……」 この質問を聞くと若林博士は、何やらハッとしたらしかった。 そしてU氏は無資産の老母と幼児とを後に残してその為めに 斃 ( たお )れてしまった。 大きな天と地との間に一人の母と一人の子とがその 刹那 ( せつな )に 忽如 ( こつじょ )として現われ出たのだ。 「それじゃこの斎藤先生は、正木先生に後を譲るために、お亡くなりになったようなものですね」 若林博士は、こういった私の質問が耳に這入ると一層深く感動したらしく、眼を閉じたままの眉の間の 皺 ( しわ )が一層深くなった。 恥かしいのか、怖ろしいのか、又は悲しいのか、自分でも 判然 ( わか )らない感情のために、全身をチクチクと刺されるような気がして、耳から首筋のあたりが又もカッカと 火熱 ( ほて )って来た。 「……それではこの方が、貴方とお 許嫁 ( いいなずけ )になっておられた、あのお兄さまということだけは 記憶 ( おぼ )えておいでになるのですね」 少女はうなずいた。 薄く、長く引いた眉の下に、 鯨 ( くじら )のような眼が小さく並んで、その中にヨボヨボの老人か、又は 瀕死 ( ひんし )の病人みたような、青白い瞳が、力なくドンヨリと曇っていた。 それは胎児自身が主役となって演出するところの『万有進化の実況』とも題すべき数億年、 乃至 ( ないし )数十億年の長時間に 亘 ( わた )る連続活動写真のようなもので、既に化石となっている有史以前の異様奇怪を極めた動植物や、又は、そんな動植物を惨死滅亡させた天変地妖の、形容を絶する偉観、壮観までも、一 分 ( ぶ )一 厘 ( り )違わぬ実感を以て、さながらに描きあらわすのみならず、引続いては、その天変地妖の中から生み出された原始人類、すなわち胎児自身の遠い先祖たちから、現在の両親に到る迄の代々の人間が、その深刻な生存競争のためにどのような悪業を積み重ねて来たか。 あとで 屍体 ( したい )を解剖したなら。 二三週間 前 ( ぜん )に 門司 ( もじ )駅の改札口で、今まで持っていた 金側 ( きんがわ )時計を 掏摸 ( すり )にして 遣 ( や )られてしまったのだ。 つまり、それ等のものの一切を相違なく貴方へお引渡し致しますのが又、正木先生から引き継がれました私の、第二の責任となっておりますので……」 若林博士は 斯様 ( かよう )云い切ると、確信あるものの如くモウ一度、その青冷めたい瞳で私を見据えた。 『ニーチェ全集 第14巻 この人を見よ・自伝集』理想社 第一版第五刷p166 - 168,184 - 185,198• 思わず二三歩飛び 退 ( の )いて 睨 ( にら )み付けた……スッカリ面喰ってしまいながら……。 アニメ2期では影で有馬記念11着 ライス説得中に字幕有り や天皇賞秋7着 パーマーヘリオスの回想でひっそりギャグ死 とネタも満載だったりする -- 名無しさん 2021-04-21 02:03:58• ……驚いて、弱って、 暗涙 ( あんるい )を拭い拭い立ち 竦 ( すく )んでいる私の手を引いて、サッサと扉の外に出ると、重い扉を未練気もなくピッタリと閉めた。 その通りに今度も願います」 「かしこまりました」 そう云う 中 ( うち )にモウ私の頭の上で鋏が鳴出した。 極めて冷静な態度で、 一 ( ひ )とわたり私の全身を検分し終ると、今度は眼をあげて、部屋の中の様子をソロソロと見まわし初めた。 然し彼はどんな事があっても 仕遂 ( しと )ぐべき事を仕遂げずにはおかなかった。 今朝から私の周囲にゴチャゴチャと起って来る出来事が、何一つとして私に、新らしい不安と、驚きとを与えないものは無い……しかも、それに対する若林博士の説明が又、みるみる 大袈裟 ( おおげさ )に、超自然的に拡大して行くばかりで、とても事実とは思えない……私の身の上に関係した事ばかりのように聞えながら、実際は私と全く無関係な、夢物語みたような感じに変って行くように感じつつ……。 精神病者を魔者に 憑 ( つ )かれたものとして、 片端 ( かたっぱし )から 焚 ( や )き殺している光景を描きあらわしたもので、中央に 居 ( お )りまする、赤頭巾に黒外套の老婆が、その頃の医師、兼祈祷師、兼 卜筮者 ( うらないしゃ )であった 巫女婆 ( みこばばあ )です。 「……何というんですか……僕の名前は……」 私が、こう尋ねた瞬間に、若林博士は 恰 ( あたか )も器械か何ぞのようにピッタリと口を 噤 ( つぐ )んだ。 生きた坊主の 賽銭 ( さいせん )集めじゃ。 ……私の頭が今朝、眼を醒した時から、どことなく変調子なように思われて来たのは、何かの精神病に 罹 ( かか )っていた……否。 「…… 然 ( しか )るに去る大正十三年の三月の末の事で御座います。 「助けてマスター! あの南米の女神、俺がちょっかいかけると、ほがらかに笑いながら俺の首を折りに来たの! フロントチョークから一気に飛ぶ感じで! 関節技で即死技とかありなの!? 俺の首ちゃんとくっついてる!?」 マイルーム会話「」。 「ララア…教えてくれ、どうしたらいいのだ!」 (シャア) どんなときでも自信たっぷりだったあのシャアが、他人に、しかも死んだものの幻影にすがるとは… 「違うかッ!」 (アムロ) 「ガンダムッ!」 (シャア) ビームライフルがジオングの胸を一撃! しかしそこはコクピットではなかった。 『ニーチェ全集 第14巻 この人を見よ・自伝集』理想社 第一版第五刷p170 - 171• 「シッ……静かに……貴方が今にも御自分のお名前を思い出されますれば、何もかも……」 と云いさして若林博士もピッタリと口を 噤 ( つぐ )んだ。 私は前こごみになっていた 身体 ( からだ )をグッと引き伸ばした。 ……九州の警視庁と呼ばれております福岡県の司法当局も、この事件に限っては徹頭徹尾、無能と同じ道を選んだ形になっておりますので、同時に、正木先生の御援助の下に、全力を挙げて 該 ( がい )事件の調査に着手致しました私も、今日に到るまで、事件の真相に対して何等の手掛りも掴み得ないまま、五里霧中に彷徨させられているような状態で御座います。 その時に 背後 ( うしろ )から若林博士が、催促をするように声をかけた。 ……換言致しますれば、正木先生は、御自分の書かれた卒業論文『胎児の夢』の主人公に脅やかされて行衛を 晦 ( くら )まされたものではないかと考えられるので御座います」 「……胎児の夢の主人公……胎児に 魘 ( おび )やかされて……何だか僕にはよく解りませんが……」 「イヤ。 その壁の一点を凝視したまま、出来るだけその声から遠ざかるべく、正反対の位置に在る窓の処までジリジリと 後退 ( あとしざ )りをして来た。 僕を実験するために、そんなに恐ろしい準備……」 「そうです、正木先生は実に二十余年の長い時日を、この実験の準備のために費されたので御座います」 「……二十年……」 こう叫びかけた私の声は、まだ声にならないうちに、一種の唸り声みたようなものになって、 咽喉 ( のど )の奥に引返した。 同時に、私が呆然となっているのを、何か他の意味で面喰っているものと感違いしたらしく、 微 ( かす )かに二三度うなずきながら唇を動かした。 ところが、その中にタッタ一人斎藤先生が、自席から立上って熱狂的な拍手を送って、ブラボーを叫ばれました姿を、只今でも私はハッキリと印象しておりますので、この一事だけでもその性格の一端を 窺 ( うかが )うのに十分で御座いましょう。 僕は、戦います!!) いよいよ、生徒会長選挙の幕が上がる! 最終巻 東郷 (というか蒜山)に私怨があった億人は、弾・帝一の勝率を上げるために、選挙に三年生を加えるというサプライズを発表した。 ……で……そのような次第で御座いますからして、現在、私の手に残っておりまする該事件探究の方法は、唯一つ……すなわち、その事件の中心人物となって生き残っておいでになる貴方御自身が、正木先生の御遺徳によって過去の御記憶を回復されました時に、直接御自身に、その事件の真相を判断して頂くこと……その犯行の目的と、その犯人の正体を指示して頂くこと……この 一途 ( いっと )よりほかに方法は無い事に相成りました。 それが朝の 静寂 ( しじま )を作る色んな物音をピョッピョッピョッピョッと超越し威嚇しつつ、市街らしい辻々をあっちへ曲り、こっちに折れつつ、驚くべき快速力で私の寝ている頭の方向へ駈け寄って来るのであったが、やがて、それが見る見る私に迫り近付いて来て、今にも私の頭のモシャモシャした 髪毛 ( かみのけ )の中に走り込みそうになったところで、急に横に 外 ( そ )れて、大まわりをした。 「この写真はどなたですか」 若林博士の顔は、私がこう尋ねると同時に、 著 ( いちじる )しく柔らいだように見えた。 私が浅ましい 狂人 ( きちがい )……。 流れ渡った世界の 旅行 ( たび )じゃ。 今度は、きっと思い出されるでしょう……」 私は新らしい編上靴を 穿 ( は )いた足首と、 膝頭 ( ひざがしら )を 固 ( こわ )ばらせつつ、若林博士の背後に 跟随 ( くっつ )いて、 鶏頭 ( けいとう )の咲いた廊下を引返して行った。 これも 矢張 ( やっぱ )り天意と申せば申されましょうが、……しかしいずれに致しましても 斯様 ( かよう )に偉大な正木先生を、当大学に迎えて、思う存分に仕事をさせられたのは、やはり故斎藤先生の御遺徳に相違御座いません。 それがアラレもない女の叫び声に 逐 ( お )いまわされながら、ヤミクモに 藻掻 ( もが )きまわっているばかりの私であった。 それは 斯様 ( かよう )な 仔細 ( わけ )で御座います。 叫ぼうにも叫ばれず、出ようにも出られぬ恐怖に包まれて、部屋の 中央 ( まんなか )に棒立ちになったまま喘いでいた。 「ララア、私はガンダムを討ちたい… 私を導いてくれララァ! 」 (シャア) 「…お手伝いします。 五臓六腑も 解剖 ( ひら )けば見えます。 この書き物を草している部屋の隣りにお前たちは枕を 列 ( なら )べて寝ているのだ。 お兄様よりほかにお 便 ( たよ )りする方は一人もない可哀想な妹です。 多分10年すれば脚長くて背も高いイケメン系美女になってると思う -- 名無しさん 2021-11-06 21:59:14• 確かウマ娘は女だけの種族だから七冠の母は居ても父は居ないはずでは?まあ、シンボリルドルフじゃないなら父親は誰なんだって話になるが… -- 名無しさん 2021-07-09 03:29:09• まだまだ 合点 ( がてん )が行きかねましょうが。 その時に巨人、若林博士の左の眼の下の筋肉が、 微 ( かす )かにビクリビクリと震えた。 窓の無い側の壁の附け根には、やはり 岩乗 ( がんじょう )な鉄の寝台が一個、入口の方向を枕にして横たえてあるが、その上の真白な寝具が、キチンと敷き 展 ( なら )べたままになっているところを見ると、まだ誰も寝たことがないらしい。 たとえば、 ……その腐敗美人の生前に生写しともいうべき現代の美少女に恋い慕われた一人の美青年が、無意識のうちに犯した残虐、不倫、見るに堪えない傷害、殺人事件の調査書類…… ……そのようなものが、様々の不可解な出来事と一緒に、本筋と何の関係もないような姿で、百色眼鏡のように回転し現われて来るのですが、読んだ後で気が付いてみますと、それが皆、一言一句、極めて重要な本筋の記述そのものになっておりますので……のみならず、そうした 幻魔作用 ( ドグラ・マグラ )の印象をその一番冒頭になっている真夜中の、タッタ一つの時計の音から初めまして、次から次へと 逐 ( お )いかけて行きますと、いつの間にか又、一番最初に聞いた真夜中のタッタ一つの時計の音の記憶に立帰って参りますので……それは、ちょうど真に迫った地獄のパノラマ絵を、一方から一方へ見まわして行くように、おんなじ恐ろしさや気味悪さを、同じ順序で思い出しつつ、いつまでもいつまでも繰返して行くばかり……逃れ出す隙間がどこにも見当りませぬ。 ……同時に部屋の中の品物が全部、右から左へグルリと半回転して、右手の入口に近く架けられた油絵の額面が、中央の大 卓子 ( テーブル )越しに、私の真正面まで 辷 ( すべ )って来てピッタリと停止した。 「……さようで……その『胎児の夢』と申します論文の内容も、 追付 ( おっつ )けお眼に触れる事と存じますが、単にその標題を見ましただけでも尋常一様の論文でない事がわかります。 永劫回帰 [ ] 詳細は「」を参照 ニーチェは、が目標とするような彼岸的な世界を否定し、ただこの世界のみを考え、そしてこの世界を生成の世界と捉えた。 徐 ( おもむ )ろに 背後 ( うしろ )の扉を開くと、待ち構えていたように一人の小男がツカツカと大股に這入って来た。 それから、 恰 ( あたか )も、 貴 ( たっと )い身分の人に対するように、両手を前に 束 ( たば )ねて、今までよりも一層親切な 響 ( ひびき )をこめながら、殆ど猫撫で声かと思われる口調で私を慰めた。 四角い黒革の 手提鞄 ( てさげかばん )と、薄汚ない 畳椅子 ( たたみいす )を左右の手に 提 ( ひっさ )げていたが、あとから這入って来た看護婦が、部屋の 中央 ( まんなか )に湯気の立つボール鉢を置くと、その横に活溌な態度で畳椅子を拡げた。 怪文書とかヤンデレとか気分が悪くなるからやめてほしいね -- 名無しさん 2021-04-22 10:09:10• 産婆は顔と言葉とでその酒を 盥 ( たらい )の中にあけろと命じた。 やがてまた南のほうから、 底沙 ( ていさ )というバラモンが王舎城に論議の挑戦に来ました。 ……それから今一つ、今も申します通り、その構想の不可思議さが又、普通人の 所謂 ( いわゆる )、推理とか想像とかを超越しておりまして、読んでいるうちにこちらの頭が、いつの間にか一種異様、幻覚錯覚、倒錯観念に捲き込まれそうになるのです。 入口の 扉 ( ドア )に走り寄って、鉄かと思われるほど 岩乗 ( がんじょう )な、青塗の板の平面に、全力を挙げて 衝突 ( ぶつか )ってみた。 殊にその寺院の屋根に似たダダッ広い 額 ( ひたい )の斜面と、軍艦の 舳先 ( へさき )を見るような巨大な顎の恰好の気味のわるいこと……見るからに超人的な、一種の異様な性格の持主としか思えない。 たとい返事をしてやったお 蔭 ( かげ )で、私の自由が得られるような事があったとしても、その時に私のホントウの 氏素性 ( うじすじょう )や、間違いのない本名が聞かれるかどうか、わかったものではないではないか。 ふと産婦の握力がゆるんだのを感じて私は顔を 挙 ( あ )げて見た。 それに 連 ( つ )れて頬の色が 俄 ( にわ )かに、耳元までもパッと燃え立ったと思ううちに、 「……アッ……お兄さまッ……どうしてここにッ……」 と 魂消 ( たまぎ )るように叫びつつ身を起した。 とりあえずこんな参考材料と 一所 ( いっしょ )に、自分自身の脳髄を、生きた標本として陳列してみたくなったダケの事なんだ。 私の周囲のものは私を一個の小心な、 魯鈍 ( ろどん )な、仕事の出来ない、憐れむべき男と見る外を知らなかった。 今朝、暗いうちに呼びかけられた時とは 全然 ( まるで )違った……否あの時よりも数層倍した、息苦しい立場に 陥 ( おとしい )れられてしまったのであった。 オノレが 頭蓋 ( あたま )の 空洞 ( うつろ )の中に。 現在の地球表面上に残る各種の遺跡によって、そんな事実を推定して行く地質学者や、古生物学者は皆、想像のみを事とするお 伽話 ( とぎばなし )の作者といえようか。 人の 身体 ( からだ )の狂いをなおす。.

  • .

  • .

鏡にむかって「お前は誰だ?」と言い続けた結果

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com