距離 感 とか ある し ウマ 娘 - ウマ娘とかいう種族に転生した話

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 比企谷八幡、ウマ娘トレーナーになる!

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】カプリコーン杯のコース解説とおすすめウマ娘│ウマ娘ラボ

【ウマ娘】カプリコーン杯のコース解説とおすすめウマ娘│ウマ娘ラボ

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 『ウマ娘』ダイワスカーレットとエイシンフラッシュの意外な関係性…“エモすぎる”イベントが話題に

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】ウララちゃんって思ったより胸あるんだな…

【ウマ娘】配布SSRトーセンジョーダンの性能が判明!配布にしては良い性能してないか?

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】タマモクロスの使用感の話と育成論│ウマ娘ラボ

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】タマモクロスの使用感の話と育成論│ウマ娘ラボ

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】ウララちゃんって思ったより胸あるんだな…

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】タマモクロスの使用感の話と育成論│ウマ娘ラボ

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】長距離ウマに真に必要なものはスタミナではない話【ジェミニ杯】|ぴあ|note

ある 娘 し 感 距離 とか ウマ 【ウマ娘】長距離ウマに真に必要なものはスタミナではない話【ジェミニ杯】|ぴあ|note

比企谷八幡、ウマ娘トレーナーになる!

ウマ娘とかいう種族に転生した話

「嘘を吐くな」 「いや、そこは愛バ信じよう?」 「それなら愛らしく振る舞え」 「確かに」 「まあ、いい。 八幡「さて、これからどうなるか………」 カフェ「……トレーナー、さん?」 八幡「カフェか……お友だちも居るのか?」 トントンッ 八幡「居るみたいだな。 「この時期に腹筋がバキバキに割れているやつはいない」 「確かに」 「……ウマ娘って腹筋割れにくいんだぞ」 「え、そうなの!?」 「そもそもの筋肉の質が違うからそこまで鍛える必要がないんだ。 触ってみて違和感ないかとか」 「へぇ~、ラックってさ、自分のことになると鈍感だよね」 「え!? 鈍感!? つまり、それってトレーナーが僕のこと好きってこと?」 「うん、そうだヨ!」 違うらしい。 先に距離適性を見極めたい」 「うーん、思ったんだけど、それはいいや」 「なに? トレーナーの言うことが聞けないのか?」 「いや、聞くけどさ。 会って2、3日だよ?」 「確かに」 「放任主義が高じて全員辞めたんだって」 「高じるものなの? ……もしかして、僕たちって問題児のトレーナーの担当ウマ娘?」 「……そう、なるのかな?」 「僕は別にいいけどね」 「アタシも」 「でも、チームリギルとかは行かなかったの?」 「誘われたよ? というか、家にはリギルに入れって言われてた」 「でも行かなかったんだ?」 「まーね。 「トレーナー」 「なんだ?」 「これに関してはトレーナーの所為だよね?」 「まあ、な」 「甘いもの食べたいな」 「……おう、奢る」 「もらってくれる相手いなかったら老後の面倒見てね」 「……メイクデビュー、勝とうな」 「……うん」 はちみーなるものを帰りに要求しようと心に決めつつ切り替える。 何があったの?」 「トレーニングがきついんだよぅ」 「そんなに? どんなことしてるの?」 僕はトレーニングメニューをシービーに渡す。 「その、マルゼンスキー先輩はどんな人だった?」 「んー、言ってることがわかんなかった」 「わかんなかった? 英語でも話してたの?」 「いや、『リギルはチョベリグなチームだけど、トレーナーとアベックとは行かないからそこらへん考えてちょ!』みたいなこと言ってた」 「キャラ濃いね」 「ゲキマブなチャンネーだったよ」 「実は言ってたことわかってたでしょ、シービー」 「いや?」 「それで、そのマルゼンスキー先輩は……」 と言いかけたところで、それよりさ、と言ってシービーは僕にずいっと顔を近づける。 じゃあ、なおさら急がないとな」 「うん、早速バシバシ頼むよ!」 「し、死ぬ……! 殺される!」 「どうしたの? そんな死にそうな顔して」 「シービー……おんぶして」 「やだけど。 「シンボリルドルフって知ってる?」 「シンボリ……? シンボリ家の子か?」 「来年入学だってさ」 「そうか、いることは知っていたが、来年か」 「シービーが家柄的に付き合いあって知ってるんだって」 「そういう繋がりか」 「うん、寒門コンビの僕たちだけだったら知れなかったね!」 「……ああ、いや、そうだな」 「……? 何さ?」 「いや、なんでもない。 アタシだけしかいないチームなんだ」 「……チーム?」 「チーム」 「シービーだけ?」 「アタシだけ」 「チーム?」 「チーム」 「名前は?」 「スピカ」 聞いたことがあるようなないような。 」 ノシッ 八幡「………あの〜お友だち?今乗られると重さダイレクトに伝わっちゃって困るんですけど?」 ポンポンッ 八幡「………」 ワシャワシャ! 八幡「………」 ギュー! 八幡「アホ毛引っ張んな。 脚質は使える時は差しか追い込み、人数が多いと逃げか先行かな」 「……ちょっと待て」 「なに?」 「一番得意なものを言え」 「うーん、どうだろう。 TierS スーパークリーク ハロウィン 固有スキルが最強クラスの スーパークリーク ハロウィン。 「トレーナー」 「なんだ?」 「僕はいいんだけどさ」 「?」 「そういうことするならトレーナー室とかでした方がいいよ?」 「そういうこと?」 「女の子のシャツ捲り上げるとか社会人としてやばいからね?」 バッとトレーナーが手を離す。 スポンサーリンク TierB エアグルーヴ 固有スキルが発動すればそこそこ強い エアグルーヴ。 今回のテーマは 「1月チャンピオンズミーティング『カプリコーン杯 』は中京芝1200m雪・重 冬 の高松宮記念モデルで確定! コース解説や、Tier表を含めたおすすめウマ娘の紹介」です。 女性になら気にせずにマッサージも触診もできる」 「え、トレーナーは普通にしたじゃん」 「……まあ、そうだが」 「必要なんだよね?」 「必要だ」 「じゃあ、いいんじゃないの?」 「……気にするやつもいるってことだ」 「それで、リギルの……」 「お前は……」 僕の言葉を遮ってトレーナーが言う。 「最初はとりあえず色々と話を聞こう」 「話?」 「ああ、お前はレースに出ていたんだろう? 適正距離や脚質を事前に聞こうと思っていてな」 「ああ、そうだなぁ。 「か、考えとくよ! 元々、クラシック路線だろうって話だったんだし」 「そう? じゃあ、良かった」 「……そもそも、わかってる? 僕、デビュー戦負けたら引退だよ?」 「負けるの?」 「負けないけど……」 「じゃあ、いいじゃん」 ああ言えばこう言う……。 神神神ークが所持 好転一息 上記に同じく回復スキルとして優秀、が所持 比較してマトロが選ばれやすいのは恐らくヒントの差 は覚えれるスキルが多すぎて 欲しいスキルがほぼ育成中に来ないのが当たり前になっている為です。 「リギルに入るのか?」 「え? 僕ってリギルに入れるの?」 「いや、知らないが……」 「どうして?」 「リギルの話をするから興味があるのかと」 「ああ、マルゼンスキーって先輩のことが気になって」 そう言うと、トレーナーは少し肩を落とす。 「こんちは」 「ああ、今日もターフで練習だ」 「うへぇ、頑張ります」 「そうしてくれ」 「あ、そうだ、トレーナー」 「なんだ?」 「チームリギルって知ってます?」 「……ここにいて知らない方が珍しいだろう」 トレーナーは少し顔をしかめる。 「シービーはさ」 「何?」 「三冠ウマ娘が目標なの?」 「んー、ちょっと違うかな」 「じゃあ、何が目標?」 「楽しいレースをすること。 ……小さい時から体作りを心掛けていたような体だからな」 「身長は小さいけど」 「ウマ娘の本格化が来てないからだろう」 「本格化?」 「ああ、ウマ娘には本格化というものがあって、それによって体格が大きく変わったり、実力が比にならないほどに成長する。 「シービーってさ……」 「なに?」 「夢女子多そうだよね」 「夢……なに?」 「いや、シービーはかっこいいなって」 「んふふ、ありがと」 それから、僕は放課後になってトレーナー室に行った。 他のスキルも使いやすいのでとりあえずで差しときましょ 垂れウマ回避 差し追込は基本前が詰まってるので優先的に取ったほうがいいでしょう 正直馬群に飲まれると意味あるのか?という点がなくもないですが… 振り絞り 後半のスキル発動数が一定を超えると発動する回復技 差し追込はだいたい最後にバカスカスキル発動するので お守り代わりにどうぞ。 「それよりさ、ラックはどのレース走るの? ティアラじゃないよね?」 「ん……まだ決めかねてる、かな」 「じゃあ、クラシック路線にして」 「それはどうして?」 「アタシ、三冠ウマ娘になるから。 」 エアグルーヴ「………」ヨロヨロ… フジ「………」 フジ エアグルーヴ、きっと相当な何かを言われたみたいだね。 「誤解です! 違うんです! 破廉恥じゃありません!」 そう叫ぶが、きゃー! と蜘蛛の子を散らすように逃げていくウマ娘たち。 食いしん坊・好意追走・スタミナキープ等の回復スキル 長距離キャラはいかにスタミナを削って他に回すか、という部分もあるので 回復はある程度重視したほうがいいです 所詮確率なので過信は禁物ですが… 逃亡者(逃げ) とにかく発動条件を満たすのが容易です 逃げなんて先頭取ってないとその時点で負けてるようなもんですからね。 『こんなところで、あんな破廉恥な……』 『あの子も動じてないし、そう言う関係……』 『待って、あの子、噂の子じゃない?』 『本当だ! しかもあのトレーナーも……』 『その二人が破廉恥な関係なの!? なんてこと……』 うん。.

  • .

  • .

【ウマ娘】ウララちゃんって思ったより胸あるんだな…

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com