だが つく 国 - イスラーム国との戦いが終わったシリアで目につく米国の不可解な行動(青山弘之)

国 だが つく 感染者が10万人超えたのに・・海外に平然とウ/ソつく韓国「我が国の防疫は完璧。だからもっとトウシしてほしい」 :

一瞬の隙つく走塁、イチローさんの教え結実 国学院久我山の快進撃

国 だが つく 英語冠詞file7: 国や市の地名にtheはつくの?つかないの?

国 だが つく 「東京で暮らすよりも高くつく」…アフリカ内陸国で働く日本人の苦悩|資産形成ゴールドオンライン

NEWS WEB EASY

国 だが つく プログラマーが開発した「国の本当の大きさが確認できる地図サイト」で遊んでみた! 日本がやたらに長いことが判明

国 だが つく 中国が常任理事国から追放される日 日米対中国の外交戦

先進国は回復傾向だが…2022年の世界経済は「伸び悩み」が予想されるワケ

国 だが つく 日本が「嘘つきな国ランキング」で4位に対する海外の反応

国 だが つく もしも、米朝戦争が起きたら、米国につく国と朝鮮につく国を教えてくだ

国 だが つく 感染者が10万人超えたのに・・海外に平然とウ/ソつく韓国「我が国の防疫は完璧。だからもっとトウシしてほしい」 :

中国が常任理事国から追放される日 日米対中国の外交戦

国 だが つく NEWS WEB

「武蔵」がつく駅は21もある : なぜか「上総」よりも上にある「下総」

国 だが つく 「東京で暮らすよりも高くつく」…アフリカ内陸国で働く日本人の苦悩|資産形成ゴールドオンライン

英語冠詞file7: 国や市の地名にtheはつくの?つかないの?

先進国は回復傾向だが…2022年の世界経済は「伸び悩み」が予想されるワケ

考えれば 外道 ( げどう )に 堕 ( お )ちる。 いやしくも色の配合がこの心持ちの一部を代表して、線の 曲直 ( きょくちょく )がこの気合の幾分を表現して、全体の配置がこの 風韻 ( ふういん )のどれほどかを伝えるならば、形にあらわれたものは、牛であれ馬であれ、ないしは牛でも馬でも、何でもないものであれ、 厭 ( いと )わない。 山 ( やま )の 手 ( て )だね。 彼 ( か )れの 笊 ( ざる )には 支 ( ささ )うべき底なくして、彼れの春の日は無尽蔵に 長閑 ( のど )かと見える。 しかしすやすやと寝入る児に死ぬべき何の 科 ( とが )があろう。 しかし 出帰 ( でがえ )りの御嬢さんとしては夜なかに山つづきの庭へ出るのがちと 不穏当 ( ふおんとう )だ。 昨夕 ( ゆうべ )はよく寝られましたか」 戸を開けるのと、この言葉とはほとんど同時にきた。 余は書においては 皆無鑒識 ( かいむかんしき )のない男だが、平生から、 黄檗 ( おうばく )の 高泉和尚 ( こうせんおしょう )の 筆致 ( ひっち )を愛している。 松の下に黒くさびた 鉄灯籠 ( かなどうろう )が名の知れぬ赤石の上に、いつ見ても、わからず屋の 頑固爺 ( かたくなじじい )のようにかたく坐っている。 膳を引くとき、小女郎が入口の 襖 ( ふすま )を 開 ( あけ )たら、中庭の 栽込 ( うえこ )みを 隔 ( へだ )てて、向う二階の 欄干 ( らんかん )に 銀杏返 ( いちょうがえ )しが 頬杖 ( ほおづえ )を突いて、開化した 楊柳観音 ( ようりゅうかんのん )のように下を見詰めていた。 羽織はとくに濡れ 尽 ( つく )して肌着に 浸 ( し )み込んだ水が、 身体 ( からだ )の 温度 ( ぬくもり )で 生暖 ( なまあたたか )く感ぜられる。 しかしそんな注文も出来ぬから、 「ここから 那古井 ( なこい )までは一里 足 ( た )らずだったね」と別な事を聞いて見る。 上から 友禅 ( ゆうぜん )の 扱帯 ( しごき )が半分 垂 ( た )れかかって、いるのは、誰か衣類でも取り出して急いで、出て行ったものと解釈が出来る。 そら 天狗巌 ( てんぐいわ )が見え出しました」 逡巡 ( しゅんじゅん )として曇り勝ちなる春の空を、もどかしとばかりに吹き払う山嵐の、思い切りよく通り抜けた 前山 ( ぜんざん )の 一角 ( いっかく )は、未練もなく晴れ尽して、 老嫗 ( ろうう )の指さす 方 ( かた )に ( さんがん )と、あら 削 ( けず )りの柱のごとく 聳 ( そび )えるのが天狗岩だそうだ。 会議 かいぎのあと プーチンはテレビで「 ロシアはこのを 国 くにだとます」と 言 いいました。 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、 寛容 ( くつろげ )て、 束 ( つか )の 間 ( ま )の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。 ついでに 長良 ( ながら )の 乙女 ( おとめ )の墓を見て御行きなされ」 余は心のうちに是非見て行こうと決心した。 拒 ( こば )むものへの 面当 ( つらあて )でもない。 この 故 ( ゆえ )に 動 ( どう )と名のつくものは必ず卑しい。 馬子 ( まご )唄や 白髪 ( しらが )も染めで暮るる春 と次のページへ 認 ( したた )めたが、これでは自分の感じを云い 終 ( おお )せない、もう少し 工夫 ( くふう )のありそうなものだと、鉛筆の先を見詰めながら考えた。 線香は 呑気 ( のんき )に燻っている。 帽子から 雨垂 ( あまだ )れがぽたりぽたりと落つる頃、五六間先きから、鈴の音がして、黒い中から、 馬子 ( まご )がふうとあらわれた。 戴 ( いただ )くは天と知る故に、 稲妻 ( いなずま )の 米噛 ( こめかみ )に 震 ( ふる )う 怖 ( おそれ )も出来る。 「コーラッ」と 叱 ( しか )りつける源さんの声が、じゃらん、じゃらんと共に余の 冥想 ( めいそう )を破る。 「これは面白い」と余も簡単に 賞 ( ほ )めた。 ちと話しに 御出 ( おいで )なせえ。 「御寺 詣 ( まい )りをするのかい」 「いいえ、 和尚様 ( おしょうさま )の所へ行きます」 「和尚さんが三味線でも習うのかい」 「いいえ」 「じゃ何をしに行くのだい」 「 大徹様 ( だいてつさま )の所へ行きます」 なあるほど、大徹と云うのはこの額を書いた男に相違ない。 情 ( じょう )に 棹 ( さお )させば流される。 今代芸術 ( きんだいげいじゅつ )の一大 弊竇 ( へいとう )は、いわゆる文明の潮流が、いたずらに芸術の士を駆って、 拘々 ( くく )として随処に 齷齪 ( あくそく )たらしむるにある。 この二種の製作家に 主客 ( しゅかく )深浅の区別はあるかも知れぬが、明瞭なる外界の刺激を待って、始めて手を下すのは双方共同一である。.

  • あすこに 竜閑橋 ( りゅうかんばし )てえ橋がありましょう。 しかし 現 ( げん )に大徹とあるからには別人だろう。 生き別れをした 吾子 ( わがこ )を尋ね当てるため、六十余州を 回国 ( かいこく )して、 寝 ( ね )ても 寤 ( さ )めても、忘れる 間 ( ま )がなかったある日、十字街頭にふと 邂逅 ( かいこう )して、 稲妻 ( いなずま )の 遮 ( さえ )ぎるひまもなきうちに、あっ、ここにいた、と思うようにかかなければならない。 しばらくは軒を 遶 ( めぐ )る 雨垂 ( あまだれ )の音のみが聞える。 何でも 白髪という字を入れて、 幾代の節と云う句を入れて、 馬子唄という題も入れて、春の 季 ( き )も加えて、それを十七字に 纏 ( まと )めたいと工夫しているうちに、 「はい、今日は」と実物の馬子が店先に 留 ( とま )って大きな声をかける。 わが住む部屋も、欄干に 倚 ( よ )ればやはり同じ高さの二階なのには興が催おされる。 まあ御茶を一つ」 と立ち上がりながら、しっしっと 二声 ( ふたこえ )で 鶏 ( にわとり )を追い 下 ( さ )げる。 もしこの性質が 具 ( そな )わらない鏡を 懸 ( か )けて、これに向えと 強 ( し )いるならば、強いるものは 下手 ( へた )な写真師と同じく、向うものの器量を故意に損害したと云わなければならぬ。 古来からこの難事業に全然の 績 ( いさおし )を収め得たる画工があるかないか知らぬ。 惜しい事に 雪舟 ( せっしゅう )、蕪村らの 力 ( つと )めて 描出 ( びょうしゅつ )した一種の気韻は、あまりに単純でかつあまりに変化に乏しい。 詩人に 憂 ( うれい )はつきものかも知れないが、あの 雲雀 ( ひばり )を聞く心持になれば 微塵 ( みじん )の 苦 ( く )もない。 右手は 屋 ( や )の 棟 ( むね )で 遮 ( さえ )ぎられて、見えぬけれども、地勢から察すると、だらだら 下 ( お )りに風呂場の方へ落ちているに相違ない。 「こんな 田舎 ( いなか )に 一人 ( ひとり )では 御淋 ( おさみ )しかろ」と 和尚 ( おしょう )はすぐ余に話しかけた。 しまいには 鍋 ( なべ )の中の葛が、求めぬに、先方から、争って箸に附着してくる。 超俗の喜びもあろうが、無量の 悲 ( かなしみ )も多かろう。 「また誰ぞ来ました」と婆さんが 半 ( なか )ば 独 ( ひと )り 言 ( ごと )のように云う。 手拭 ( てぬぐい )を下げて、 湯壺 ( ゆつぼ )へ 下 ( くだ )る。 昼と夜を 界 ( さかい )にこう天地が、でんぐり返るのは妙だ。 南山 ( なんざん )や 幽篁 ( ゆうこう )とは 性 ( たち )の違ったものに相違ないし、また 雲雀 ( ひばり )や菜の花といっしょにする事も出来まいが、なるべくこれに近づけて、近づけ得る限りは同じ観察点から人間を 視 ( み )てみたい。 ぽかんと部屋へ帰ると、なるほど 奇麗 ( きれい )に掃除がしてある。 抜け 出 ( い )でんとして 逡巡 ( ためら )い、逡巡いては抜け出でんとし、 果 ( は )ては魂と云う個体を、もぎどうに 保 ( たも )ちかねて、 氤 ( いんうん )たる 瞑氛 ( めいふん )が散るともなしに四肢五体に 纏綿 ( てんめん )して、 依々 ( いい )たり 恋々 ( れんれん )たる心持ちである。 余は全くだと考えたから、ひとまず 腹這 ( はらばい )になって、両手で 顎 ( あご )を 支 ( ささ )え、しばし畳の上へ 肘壺 ( ひじつぼ )の柱を立てる。 余の首が肩の上に 釘付 ( くぎづ )けにされているにしてもこれでは永く持たない。 第一 昨夕 ( ゆうべ )はどうしてあんな心持ちになったのだろう。 時計は十二時近くなったが 飯 ( めし )を食わせる景色はさらにない。 余が今見た影法師も、ただそれきりの現象とすれば、 誰 ( だ )れが見ても、 誰 ( だれ )に聞かしても 饒 ( ゆたか )に詩趣を帯びている。 返事がないから、無断でずっと 這入 ( はい )って、 床几 ( しょうぎ )の上へ腰を 卸 ( おろ )した。 何気 ( なにげ )なく 座布団 ( ざぶとん )の上へ坐ると、 唐木 ( からき )の机の上に例の写生帖が、鉛筆を 挟 ( はさ )んだまま、大事そうにあけてある。 最後に、落ちる時も、上る時も、また十文字に 擦 ( す )れ違うときにも元気よく鳴きつづけるだろうと思った。 失恋の苦しみを忘れて、そのやさしいところやら、同情の 宿 ( やど )るところやら、 憂 ( うれい )のこもるところやら、一歩進めて云えば失恋の苦しみそのものの 溢 ( あふ )るるところやらを、単に客観的に 眼前 ( がんぜん )に思い浮べるから文学美術の材料になる。 この句から察すると何でも 禅坊主 ( ぜんぼうず )らしい。 相客 ( あいきゃく )は僧一人、 観海寺 ( かんかいじ )の 和尚 ( おしょう )で名は 大徹 ( だいてつ )と云うそうだ。 やはり 南宗派 ( なんそうは )かな」 「いいえ」と今度は答えた。 わが、 唐木 ( からき )の机に 憑 ( よ )りてぽかんとした 心裡 ( しんり )の状態は 正 ( まさ )にこれである。 それでなければ卒然と春のなかに消え失せて、これまでの 四大 ( しだい )が、今頃は目に見えぬ 霊氛 ( れいふん )となって、広い天地の間に、 顕微鏡 ( けんびきょう )の力を 藉 ( か )るとも、 些 ( さ )の 名残 ( なごり )を 留 ( とど )めぬようになったのであろう。 theがある国 地図帳を見ると、アメリカの英語表記は、 The United States of America 日本語では、正式にはアメリカ合衆国です。 虎の皮の尻尾が余の 膝 ( ひざ )の傍を通り越して、頭は老人の 臀 ( しり )の下に敷かれている。 余が欲する詩はそんな世間的の人情を 鼓舞 ( こぶ )するようなものではない。 眼に写るものの見えぬほど、濃くまつわりはせぬが、薄絹を 一重 ( ひとえ )破れば、何の苦もなく、下界の人と、 己 ( おの )れを見出すように、浅きものではない。 御前はそんな 形姿 ( なり )で 地体 ( じたい )どこへ、行ったのぞいと聴くと、今 芹摘 ( せりつ )みに行った戻りじゃ、和尚さん少しやろうかと云うて、いきなりわしの 袂 ( たもと )へ 泥 ( どろ )だらけの芹を押し込んで、ハハハハハ」 「どうも、……」と老人は 苦笑 ( にがわら )いをしたが、急に立って「実はこれを御覧に入れるつもりで」と話をまた道具の方へそらした。 「これから五丁東へ 下 ( くだ )ると、 道端 ( みちばた )に 五輪塔 ( ごりんのとう )が御座んす。 しばらくこの 旅中 ( りょちゅう )に起る出来事と、旅中に 出逢 ( であ )う人間を能の 仕組 ( しくみ )と能役者の 所作 ( しょさ )に見立てたらどうだろう。 三段登って廊下から部屋へ 這入 ( はい )ろうとすると、 板庇 ( いたびさし )の下に 傾 ( かたむ )きかけていた 一叢 ( ひとむら )の 修竹 ( しゅうちく )が、そよりと夕風を受けて、余の肩から頭を 撫 ( な )でたので、すでにひやりとした。 たちまちシェレーの雲雀の詩を思い出して、口のうちで覚えたところだけ 暗誦 ( あんしょう )して見たが、覚えているところは二三句しかなかった。 婆さんは 袖無 ( そでな )しの上から、 襷 ( たすき )をかけて、 竈 ( へっつい )の前へうずくまる。 おやとまた 吃驚 ( びっくり )する。 「へえ」 「ありゃ何だい」 「若い奥様でござんす」 「あのほかにまだ年寄の奥様がいるのかい」 「去年 御亡 ( おな )くなりました」 「旦那さんは」 「おります。 長閑 ( のどか )な春の感じを 壊 ( こわ )すべきはずの彼は、かえって長閑な春の感じを刻意に添えつつある。 路 寂寞 ( じゃくまく )と 古今 ( ここん )の春を 貫 ( つらぬ )いて、花を 厭 ( いと )えば足を着くるに地なき 小村 ( こむら )に、婆さんは 幾年 ( いくねん )の昔からじゃらん、じゃらんを数え尽くして、 今日 ( こんにち )の 白頭 ( はくとう )に至ったのだろう。 そこへ行くと日本の 献立 ( こんだて )は、 吸物 ( すいもの )でも、口取でも、 刺身 ( さしみ )でも 物奇麗 ( ものぎれい )に出来る。 余は 懐 ( ふところ )から写生帖を取り出して、婆さんの横顔を写しながら、話しをしかける。 刻々と 逼 ( せま )る黒き影を、すかして見ると女は粛然として、 焦 ( せ )きもせず、 狼狽 ( うろたえ )もせず、同じほどの歩調をもって、同じ所を 徘徊 ( はいかい )しているらしい。 飄然 ( ひょうぜん )と画帖を 懐 ( ふところ )にして家を 出 ( い )でたからには、余にもそのくらいの覚悟がなくては恥ずかしい事だ。 眠りながら 冥府 ( よみ )に連れて行かれるのは、死ぬ覚悟をせぬうちに、だまし打ちに惜しき一命を 果 ( はた )すと同様である。 まるで余を狐か 狗 ( いぬ )のように考えているらしい。 それへと云う席を見ると、 布団 ( ふとん )の代りに 花毯 ( かたん )が敷いてある。 身体 ( からだ )を 拭 ( ふ )くさえ 退儀 ( たいぎ )だから、いい加減にして、 濡 ( ぬ )れたまま 上 ( あが )って、風呂場の戸を内から 開 ( あ )けると、また驚かされた。 からっきし、どうも、人間もこうなっちゃ、みじめですぜ」 「何でまたこんな 田舎 ( いなか )へ流れ込んで来たのだい」 「ちげえねえ、旦那のおっしゃる通りだ。 巌角 ( いわかど )を鋭どく廻って、 按摩 ( あんま )なら 真逆様 ( まっさかさま )に落つるところを、 際 ( きわ )どく右へ切れて、横に 見下 ( みおろ )すと、 菜 ( な )の花が一面に見える。 次を見ると「花の影、女の影の 朧 ( おぼろ )かな」の下に「花の影女の影を 重 ( かさ )ねけり」とつけてある。 軒下 ( のきした )から奥を 覗 ( のぞ )くと 煤 ( すす )けた 障子 ( しょうじ )が立て切ってある。 人事についても満は損を招くとの 諺 ( ことわざ )はこれがためである。 花ならば 海棠 ( かいどう )かと思わるる幹を 背 ( せ )に、よそよそしくも月の光りを忍んで 朦朧 ( もうろう )たる 影法師 ( かげぼうし )がいた。 その 輪廓 ( りんかく )を見よ。 いくら江戸っ子でも、どれほどたんかを切っても、この 渾然 ( こんぜん )として 駘蕩 ( たいとう )たる天地の大気象には 叶 ( かな )わない。 画中の人間が動くと見れば 差 ( さ )し 支 ( つかえ )ない。 今日は勘弁するから、この次から、 捏 ( こ )ね直して来ねえ」 「捏ね直すくらいなら、ますこし上手な床屋へ行きます」 「はははは頭は 凹凸 ( ぼこでこ )だが、口だけは達者なもんだ」 「腕は鈍いが、酒だけ強いのは 御前 ( おまえ )だろ」 「 箆棒 ( べらぼう )め、腕が鈍いって……」 「わしが云うたのじゃない。 これならあなたに召し上がられるでしょう」 源兵衛は昨夕 城下 ( じょうか )へ 留 ( とま )ったと見える。 「 正一位 ( しやういちゐ )女に化けて 朧月 ( おぼろづき )」の下には「 御曹子 ( おんざうし )女に化けて朧月」とある。 これではいつ 何時 ( なんどき )、髪剃がどう間違って、どこへ飛んで行くか解らない。 父にそう云って、いつか御茶でも上げましょう」 茶と聞いて少し 辟易 ( へきえき )した。 ただそれぎりの 裏 ( うち )に暑苦しい世の中をまるで忘れた光景が出てくる。 途端 ( とたん )に自分の 膝 ( ひざ )から下が 斜 ( なな )めに月の光りを浴びる。 筆力の点から云えばとうていこれらの大家に及ぶ訳はないが、今わが 画 ( え )にして見ようと思う心持ちはもう少し複雑である。 睡魔の 妖腕 ( ようわん )をかりて、ありとある実相の角度を 滑 ( なめら )かにすると共に、かく 和 ( やわ )らげられたる 乾坤 ( けんこん )に、われからと 微 ( かす )かに 鈍 ( にぶ )き脈を通わせる。 花に動くにもあらず、鳥に動くにもあらず、人間に対して動くにもあらず、ただ 恍惚 ( こうこつ )と動いている。 そこを 辛抱 ( しんぼう )すると、ようやく 粘着 ( ねばり )が出て、 攪 ( か )き 淆 ( ま )ぜる手が少し重くなる。 行くのか、行かねえのか」 「 狂印 ( きじるし )は来んが、志保田の娘さんなら来る」 「いくら、和尚さんの 御祈祷 ( ごきとう )でもあればかりゃ、 癒 ( なお )るめえ。 軒端 ( のきば )を見ると青い煙りが、突き当って 崩 ( くず )れながらに、 微 ( かす )かな 痕 ( あと )をまだ 板庇 ( いたびさし )にからんでいる。 左右が高くって、中心が 窪 ( くぼ )んで、まるで一間 幅 ( はば )を三角に 穿 ( く )って、その頂点が 真中 ( まんなか )を 貫 ( つらぬ )いていると評してもよい。 才に任せ、気を 負 ( お )えば百人の男子を物の数とも思わぬ 勢 ( いきおい )の下から 温和 ( おとな )しい 情 ( なさ )けが吾知らず 湧 ( わ )いて出る。 路 ( みち )はわるいが、御若い方にはその 方 ( ほう )がよろしかろ。 首を 曲 ( ま )げて、 覗 ( のぞ )き込むと、 杢 ( もく )の字が小さく見える。 余は鶏の写生をやめて、同じページの 端 ( はじ )に、 馬子唄 ( まごうた )の 鈴鹿 ( すずか )越ゆるや春の雨 と、今度は 斜 ( はす )に書きつけたが、書いて見て、これは自分の句でないと気がついた。 西洋の詩は無論の事、支那の詩にも、よく 万斛 ( ばんこく )の 愁 ( うれい )などと云う字がある。 よく知ってるな」 「こう 見 ( め )えて、 私 ( わっち )も江戸っ子だからね」 「 道理 ( どうれ )で 生粋 ( いなせ )だと思ったよ」 「えへへへへ。 しかし普通の小説家のようにその勝手な真似の根本を 探 ( さ )ぐって、心理作用に立ち入ったり、 人事葛藤 ( じんじかっとう )の 詮議立 ( せんぎだ )てをしては俗になる。 幸い、普通ありふれた、恋とか愛とか云う 境界 ( きょうがい )はすでに通り越して、そんな苦しみは感じたくても感じられない。 のみならず青磁の皿に盛られた青い煉羊羹は、青磁のなかから今生れたようにつやつやして、思わず手を出して 撫 ( な )でて見たくなる。 纏っても自然界に存するものとは 丸 ( まる )で 趣 ( おもむき )を 異 ( こと )にする場合がある。 まあゆっくり、 煙草 ( たばこ )でも 呑 ( の )んで 御出 ( おいで )なせえ話すから。 今までは 床 ( とこ )の中に我慢して聞いていたが、聞く声の遠ざかるに連れて、わが耳は、釣り出さるると知りつつも、その声を追いかけたくなる。 平衡 ( へいこう )を保つために、すわやと前に飛び出した 左足 ( さそく )が、 仕損 ( しそん )じの 埋 ( う )め 合 ( あわ )せをすると共に、余の腰は具合よく 方 ( ほう )三尺ほどな岩の上に 卸 ( お )りた。 下に 駄菓子 ( だがし )の箱が三つばかり並んで、そばに五厘銭と 文久銭 ( ぶんきゅうせん )が散らばっている。 「どうです、好い心持でしょう」 「非常な 辣腕 ( らつわん )だ」 「え? こうやると誰でもさっぱりするからね」 「首が抜けそうだよ」 「そんなに 倦怠 ( けったる )うがすかい。 クリームの色はちょっと 柔 ( やわら )かだが、少し重苦しい。 御倉 ( おくら )さんの 旅の衣は鈴懸のと云う、 日 ( ひ )ごとの声もよも聞き覚えがあるとは云うまい。 来年は 筍 ( たけのこ )が椽を突き抜いて座敷のなかは竹だらけになろうと云ったら、若い女が何にも云わずににやにやと笑って、出て行った。 隠元 ( いんげん )も 即非 ( そくひ )も 木庵 ( もくあん )もそれぞれに面白味はあるが、 高泉 ( こうせん )の字が一番 蒼勁 ( そうけい )でしかも 雅馴 ( がじゅん )である。 己 ( おの )れはしかじかの事を、しかじかに 観 ( み )、しかじかに感じたり、その 観方 ( みかた )も感じ方も、 前人 ( ぜんじん )の 籬下 ( りか )に立ちて、古来の伝説に支配せられたるにあらず、しかももっとも正しくして、もっとも美くしきものなりとの主張を示す作品にあらざれば、わが作と云うをあえてせぬ。 ただ、物は 見様 ( みよう )でどうでもなる。 ただ 心地 ( ここち )よく 眺 ( なが )めている。 一人の男、一人の女も 見様次第 ( みようしだい )でいかようとも見立てがつく。 彼は 髪剃 ( かみそり )を 揮 ( ふる )うに当って、 毫 ( ごう )も文明の法則を解しておらん。 われらが俗に画と称するものは、ただ 眼前 ( がんぜん )の人事風光をありのままなる姿として、もしくはこれをわが審美眼に 漉過 ( ろくか )して、 絵絹 ( えぎぬ )の上に移したものに過ぎぬ。 身に落ちかかる 災 ( わざわい )を知らぬとすれば無邪気の 極 ( きわみ )である。 涙を十七字に 纏 ( まと )めた時には、苦しみの涙は自分から 遊離 ( ゆうり )して、おれは泣く事の出来る男だと云う 嬉 ( うれ )しさだけの自分になる。 まるで人情を 棄 ( す )てる訳には行くまいが、根が詩的に出来た旅だから、非人情のやりついでに、なるべく節倹してそこまでは 漕 ( こ )ぎつけたいものだ。 障子も 襖 ( ふすま )も 開 ( あ )け 放 ( はな )つ。 うただけはなかなか覚えなかったのですが、何遍も 聴 ( き )くうちに、とうとう何もかも 諳誦 ( あんしょう )してしまいました」 「どうれで、むずかしい事を知ってると思った。 「ちょっと観海寺の裏の谷の所で、 幽邃 ( ゆうすい )な所です。 ある人は 無絃 ( むげん )の 琴 ( きん )を 霊台 ( れいだい )に聴くと云うだろう。 旦那の 前 ( めえ )だが、あれで 出返 ( でもど )りですぜ」 「そうかい」 「そうかいどころの 騒 ( さわぎ )じゃねえんだね。 七騎落 ( しちきおち )でも、 墨田川 ( すみだがわ )でも泣かぬとは保証が出来ん。 しかし流れて行く人の表情が、まるで平和ではほとんど神話か 比喩 ( ひゆ )になってしまう。 ただおのが住む世を、かく 観 ( かん )じ得て、 霊台方寸 ( れいだいほうすん )のカメラに 澆季溷濁 ( ぎょうきこんだく )の俗界を清くうららかに収め 得 ( う )れば 足 ( た )る。 因果もこのくらい糸が細いと 苦 ( く )にはならぬ。 春の星を落して 夜半 ( よは )のかざしかな 春の夜の雲に濡らすや洗ひ髪 春や 今宵 ( こよひ )歌つかまつる御姿 海棠 ( かいだう )の精が出てくる月夜かな うた折々月下の春ををちこちす 思ひ切つて更け行く春の独りかな などと、試みているうち、いつしか、うとうと眠くなる。 ことに西洋の詩になると、人事が根本になるからいわゆる 詩歌 ( しいか )の純粋なるものもこの 境 ( きょう )を 解脱 ( げだつ )する事を知らぬ。 七曲 ( ななまが )りの険を 冒 ( おか )して、やっとの 思 ( おもい )で、ここまで来たものを、そうむやみに俗界に引きずり 下 ( おろ )されては、 飄然 ( ひょうぜん )と家を出た 甲斐 ( かい )がない。 レオナルド・ダ・ヴィンチが弟子に告げた 言 ( ことば )に、あの 鐘 ( かね )の 音 ( おと )を聞け、鐘は一つだが、音はどうとも聞かれるとある。 昔し 以太利亜 ( イタリア )の画家サルヴァトル・ロザは泥棒が研究して見たい一心から、おのれの危険を 賭 ( かけ )にして、山賊の 群 ( むれ )に 這入 ( はい )り込んだと聞いた事がある。 人を馬鹿にした様子の底に 慎 ( つつし )み深い 分別 ( ふんべつ )がほのめいている。 淵明だって 年 ( ねん )が 年中 ( ねんじゅう ) 南山 ( なんざん )を見詰めていたのでもあるまいし、王維も好んで 竹藪 ( たけやぶ )の中に 蚊帳 ( かや )を釣らずに寝た男でもなかろう。 雄の方が逃げるとき駄菓子の上へ 糞 ( ふん )を 垂 ( た )れた。 ようやくの事「これはありがとう……」だけ出して、向き直る、 途端 ( とたん )に女は二三歩 退 ( しりぞ )いた。 何なら毎日来てもいい」 「そんなに長く 逗留 ( とうりゅう )する気なんですか。 面倒にも気の毒にも、 初手 ( しょて )から、余のごときものに、気をかねておらぬ有様で通る。 菓子皿のなかを見ると、立派な 羊羹 ( ようかん )が並んでいる。 鉛筆だから、書体はしかと 解 ( わか )らんが、女にしては 硬過 ( かたす )ぎる、男にしては 柔 ( やわら )か過ぎる。 間 ( あいだ )三尺も 隔 ( へだ )てていれば落ちついて見られる。 湯壺 ( ゆつぼ )は 地 ( じ )の下にあるのだから、 入湯 ( にゅうとう )と云う点から云えば、余は三層楼上に 起臥 ( きが )する訳になる。 ただこちらが 先 ( せん )を越されたのみである。 小人 ( しょうじん )から 罵詈 ( ばり )されるとき、罵詈それ自身は別に 痛痒 ( つうよう )を感ぜぬが、その 小人 ( しょうじん )の面前に 起臥 ( きが )しなければならぬとすれば、誰しも不愉快だろう。 すべてのものを幽玄に化する一種の 霊氛 ( れいふん )のなかに 髣髴 ( ほうふつ )として、 十分 ( じゅうぶん )の美を 奥床 ( おくゆか )しくもほのめかしているに過ぎぬ。 見ているうちに、ぼおっとするところが 尊 ( とう )とい。 時々は 異 ( い )な 瓦斯 ( ガス )を余が鼻柱へ吹き掛ける。 左は山つづきの 崖 ( がけ )に赤松が 斜 ( なな )めに岩の間から庭の上へさし出している。 余は 固 ( もと )より詩人を職業にしておらんから、 王維 ( おうい )や 淵明 ( えんめい )の 境界 ( きょうがい )を今の世に 布教 ( ふきょう )して広げようと云う心掛も何もない。 糞 ( ふん )はどこぞに着いておらぬかと 眺 ( なが )めて見たが、それは箱のなかに取り残されていた。 やがて、廊下に足音がして、段々下から誰か 上 ( あが )ってくる。 余はがぶりと湯を 呑 ( の )んだまま 槽 ( ふね )の中に 突立 ( つった )つ。 隠居さんがああしているうちはいいが、もしもの事があった日にゃ、 法返 ( ほうがえ )しがつかねえ 訳 ( わけ )になりまさあ」 「そうかな」 「 当 ( あた )り 前 ( めえ )でさあ。 晩餐 ( ばんさん )を済まして、湯に 入 ( い )って、 室 ( へや )へ帰って茶を飲んでいると、 小女 ( こおんな )が来て 床 ( とこ )を 延 ( の )べよかと 云 ( い )う。 宝生 ( ほうしょう )の 別会能 ( べつかいのう )を観るに及んで、なるほど老女にもこんな優しい表情があり得るものかと驚ろいた。 依然として 市井 ( しせい )の一 豎子 ( じゅし )に過ぎぬ。 画でないと 罵 ( ののし )られても 恨 ( うらみ )はない。 いつ頃からこの不思議な 装 ( よそおい )をして、この不思議な 歩行 ( あゆみ )をつづけつつあるかも、余には解らぬ。 かちゃりと、小刀があたるたびに、赤い 味 ( み )が 笊 ( ざる )のなかに隠れる。 吾人の性情を瞬刻に 陶冶 ( とうや )して 醇乎 ( じゅんこ )として醇なる詩境に入らしむるのは自然である。 いくら雲雀と菜の花が気に入ったって、山のなかへ野宿するほど非人情が 募 ( つの )ってはおらん。 どうもさっぱし、 見境 ( みさけえ )のねえ女だから困っちまわあ」 「御嬢さんが、どうとか、したところで頭垢が飛んで、首が抜けそうになったっけ」 「 違 ( ちげえ )ねえ、がんがらがんだから、からっきし、話に締りがねえったらねえ。 自在 ( じざい )に 泥団 ( でいだん )を 放下 ( ほうげ )して、 破笠裏 ( はりつり )に 無限 ( むげん )の 青嵐 ( せいらん )を 盛 ( も )る。 ただ両域の間に 縷 ( る )のごとき幻境が 横 ( よこた )わる。 虚栄心を 挫 ( くじ )くのは修養上一種の方便かも知れぬが、何も 己 ( おの )れの真価以下の顔を見せて、これがあなたですよと、こちらを 侮辱 ( ぶじょく )するには及ぶまい。 床几の上には 一升枡 ( いっしょうます )ほどな 煙草盆 ( たばこぼん )が閑静に控えて、中にはとぐろを 捲 ( ま )いた線香が、日の移るのを知らぬ顔で、すこぶる 悠長 ( ゆうちょう )に 燻 ( いぶ )っている。 もちろん人間の 一分子 ( いちぶんし )だから、いくら好きでも、非人情はそう長く続く 訳 ( わけ )には行かぬ。 ただ 無地 ( むじ )と模様のつながる中が、おのずから 暈 ( ぼか )されて、夜と昼との境のごとき 心地 ( ここち )である。 長良 ( ながら )の 乙女 ( おとめ )が振袖を着て、 青馬 ( あお )に乗って、峠を越すと、いきなり、ささだ男と、ささべ男が飛び出して両方から引っ張る。 空に尾を 曳 ( ひ )く 彗星 ( すいせい )の何となく妙な気になる。 禿 ( は )げた側面は巨人の 斧 ( おの )で 削 ( けず )り去ったか、鋭どき平面をやけに谷の底に 埋 ( うず )めている。 文字 ( もじ )は寝ながらも 竹影 ( ちくえい ) 払階 ( かいをはらって ) 塵不動 ( ちりうごかず )と明らかに読まれる。 ははははは」 生温 ( なまぬる )い 磯 ( いそ )から、塩気のある 春風 ( はるかぜ )がふわりふわりと来て、親方の 暖簾 ( のれん )を 眠 ( ねむ )たそうに 煽 ( あお )る。 ただこの景色を一 幅 ( ぷく )の 画 ( え )として 観 ( み )、一 巻 ( かん )の詩として読むからである。 ただ二十字のうちに 優 ( ゆう )に 別乾坤 ( べつけんこん )を 建立 ( こんりゅう )している。 扱帯の上部はなまめかしい 衣裳 ( いしょう )の間にかくれて先は見えない。 第一、 淵川 ( ふちかわ )へ身を投げるなんて、つまらないじゃありませんか」 「なるほどつまらないですね。 死ぬべき条件が 具 ( そな )わらぬ先に、死ぬる事実のみが、ありありと、確かめらるるときに、 南無阿弥陀仏 ( なむあみだぶつ )と 回向 ( えこう )をする声が出るくらいなら、その声でおういおういと、半ばあの世へ足を踏み込んだものを、無理にも呼び返したくなる。 かけるなら一つ頼みたいがな」 かいてくれなら、かかぬ事もないが、この 和尚 ( おしょう )の気に 入 ( い )るか入らぬかわからない。 白い 襟 ( えり )がたぼの下から見える。 小供の時分、門前に 万屋 ( よろずや )と云う酒屋があって、そこに 御倉 ( おくら )さんと云う娘がいた。 醒 ( さ )めたりと云うには余り 朧 ( おぼろ )にて、眠ると評せんには少しく 生気 ( せいき )を 剰 ( あま )す。 老人の部屋は、余が 室 ( しつ )の廊下を右へ突き当って、左へ折れた 行 ( い )き 留 ( どま )りにある。 もうどう 焦慮 ( あせっ )ても 鼓膜 ( こまく )に 応 ( こた )えはあるまいと思う 一刹那 ( いっせつな )の前、余はたまらなくなって、われ知らず 布団 ( ふとん )をすり抜けると共にさらりと 障子 ( しょうじ )を 開 ( あ )けた。 衣装も髪も馬も桜も一瞬間に心の道具立から 奇麗 ( きれい )に立ち 退 ( の )いたが、オフェリヤの合掌して水の上を流れて行く姿だけは、 朦朧 ( もうろう )と胸の底に残って、 棕梠箒 ( しゅろぼうき )で煙を払うように、さっぱりしなかった。 ある時は 一弁 ( いちべん )の花に化し、あるときは 一双 ( いっそう )の 蝶 ( ちょう )に化し、あるはウォーヅウォースのごとく、一団の水仙に化して、心を 沢風 ( たくふう )の 裏 ( うち )に 撩乱 ( りょうらん )せしむる事もあろうが、 何 ( なん )とも知れぬ 四辺 ( しへん )の風光にわが心を奪われて、わが心を奪えるは 那物 ( なにもの )ぞとも 明瞭 ( めいりょう )に意識せぬ場合がある。 目に見えぬ 幾尋 ( いくひろ )の底を、大陸から大陸まで動いている 洋 ( こうよう )たる 蒼海 ( そうかい )の有様と形容する事が出来る。 ただ心持ちだけをさらさらと書いて、 「さあ、この中へ 御這入 ( おはい )りなさい。 わがいる部屋つづきの 棟 ( むね )の 角 ( かど )が、すらりと動く、 背 ( せい )の高い女姿を、すぐに 遮 ( さえぎ )ってしまう。 握る名と奪える 誉 ( ほまれ )とは、 小賢 ( こざ )かしき 蜂 ( はち )が甘く 醸 ( かも )すと見せて、針を 棄 ( す )て去る蜜のごときものであろう。 指を折って始めて、五年の流光に、転輪の 疾 ( と )き 趣 ( おもむき )を解し得たる婆さんは、人間としてはむしろ 仙 ( せん )に近づける方だろう。 家は随分広いが、向う二階の一間と、余が欄干に添うて、右へ折れた一間のほかは、 居室 ( いま )台所は知らず、客間と名がつきそうなのは 大抵 ( たいてい )立て切ってある。 常人 ( じょうにん )はこれを評して 愚 ( ぐ )だと云う、気違だと云う。 突然とやむものには、突然の感はあるが、 憐 ( あわ )れはうすい。 余が頭に何十万本の髪の毛が 生 ( は )えているか知らんが、ありとある毛がことごとく根こぎにされて、残る地面がべた一面に 蚯蚓腫 ( めめずばれ )にふくれ上った上、余勢が 地磐 ( じばん )を通して、骨から 脳味噌 ( のうみそ )まで 震盪 ( しんとう )を感じたくらい 烈 ( はげ )しく、親方は余の頭を掻き廻わした。 ジェリは、 一目 ( いちもく )宝石のように見えるが、ぶるぶる 顫 ( ふる )えて、羊羹ほどの重味がない。 もしこの上に 一頭地 ( いっとうち )を抜けば、わが感じたる物象を、わが感じたるままの 趣 ( おもむき )を添えて、画布の上に 淋漓 ( りんり )として 生動 ( せいどう )させる。 聟 ( むこ )とは 折合 ( おりあい )がいいか知らん。 Sponsored Link 地名と冠詞the 国名や市名など地名には、英語の冠詞theはつかず、 Japan Canada Somalia Tokyo Sapporo Chicago のように表記します。 固 ( もと )より急ぐ旅でないから、ぶらぶらと 七曲 ( ななまが )りへかかる。 それじゃ 泊 ( と )めてくれないかも知れんね」 「いえ、御頼みになればいつでも 宿 ( と )めます」 「宿屋はたった一軒だったね」 「へえ、 志保田 ( しほだ )さんと御聞きになればすぐわかります。 裾模様 ( すそもよう )の 振袖 ( ふりそで )に、 高島田 ( たかしまだ )で、馬に乗って……」 「そうさ、船ではなかった。 すかして見ると春の日影は一面に 射 ( さ )し込んで、射し込んだまま、 逃 ( の )がれ 出 ( い )ずる 路 ( みち )を失ったような感じである。 なぜ何とも云えぬかと考うる 途端 ( とたん )に、女はまた通る。 すぽりと 浸 ( つ )かると、乳のあたりまで 這入 ( はい )る。 温泉場は岡の 麓 ( ふもと )を出来るだけ 崖 ( がけ )へさしかけて、 岨 ( そば )の景色を半分庭へ囲い込んだ 一構 ( ひとかまえ )であるから、前面は二階でも、後ろは 平屋 ( ひらや )になる。 世に住むこと二十年にして、住むに 甲斐 ( かい )ある世と知った。 老人が 紫檀 ( したん )の書架から、 恭 ( うやうや.

  • .

日本が「嘘つきな国ランキング」4位!本当か なんで韓国が15位なの?ネットで不満の声: J

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com