なぜ なぜ 分析 テンプレート - 出来事流れ図~書き方と作成方法を事例をつかって解説

テンプレート 分析 なぜ なぜ なぜなぜ分析:5 How分析:アイデアを出し整理する【エクセルテンプレート】

Webシステムの障害の原因分析、なぜなぜ分析について思うこと

テンプレート 分析 なぜ なぜ なぜなぜ分析の事例とフォーマット|トヨタ式の問題特定のやり方

「なぜなぜ分析」が誰でも実践できるシンプルな方法

テンプレート 分析 なぜ なぜ なぜなぜ分析

「なぜなぜ分析」が誰でも実践できるシンプルな方法

テンプレート 分析 なぜ なぜ 【初心者向け】なぜなぜ分析は難しい!?効率的な書き方を紹介します!

テンプレート 分析 なぜ なぜ トヨタ式のなぜなぜ分析って?5回のWHYがなぜ重要なの?なぜなぜ分析の注意点

「なぜなぜ分析」が誰でも実践できるシンプルな方法

テンプレート 分析 なぜ なぜ なぜなぜ分析で「5回のなぜ」を繰り返し、真因を導くためのポイントを解説

テンプレート 分析 なぜ なぜ Webシステムの障害の原因分析、なぜなぜ分析について思うこと

なぜなぜ分析で「5回のなぜ」を繰り返し、真因を導くためのポイントを解説

テンプレート 分析 なぜ なぜ なぜなぜ分析を正しく行い、課題を解決していくための重要ポイントを徹底解説!

図解 なぜなぜ分析:5Whys ~現場の問題解決手法~

テンプレート 分析 なぜ なぜ なぜなぜ分析:5 How分析:アイデアを出し整理する【エクセルテンプレート】

テンプレート 分析 なぜ なぜ なぜなぜ分析の事例とフォーマット|トヨタ式の問題特定のやり方

なぜなぜ分析7つのコツ|個人レベルで使う問題解決法の正しいやり方

1.はじめに: 「なぜなぜ」分析、あるいは 「なぜを5回繰り返す」といえば、 トヨタの問題解決や論理的思考の例 としてたびたび書籍等でもとりあげられます。 以下、 検知方法の 例に ついて 記載します。 同一チームで 問題を 観察していた 人 オブサーバー の 視点 開発フェーズに 対して 原因分析を 行う システム開発では、 開発工程が 分かれています。 社会心理学での チームエラー に 記載されていますが、 エラーの 種類と して 以下の 3つが 記載されています。 現場の問題には複数の要因があり、真の原因をタイムリーに 現場で 見つけ、現場で解決する為に考えられた根本問題解析 (RCA:Root Cause Analysis)の ひとつです。 問題点が あれば、 なぜなぜ 分析の 対象と して 問題を 記載します。 ポストモーテム を 読んでいたら ポストモーテムと いう 言葉が 出てきて、 原因分析と 関係が ありそうに 思いましたので 記載します。 開発者視点でしか 見えない 問題、 管理者視点でしか 見えない 問題、 立場に より 問題の 見え方が 違う ケースが あります。 また、 まず 個人レベルで 基本的ななぜなぜ 分析の 実施方法に ついて 知って おくのは 有用に 思います。 Webサービスの 開発を していると、 システム障害が 起こる ことが あって、 この 原因分析や 再発防止策等を 立てることが あるのですが、 少しこの 原因分析や 再発防止策に 至る 流れが 最近面白くなってきました。 テンプレート 上記の 個人的な 考えを 反映したなぜなぜ 分析 5W の テンプレートを Google スプレッドシート で、 作ってみました。 誰も 気づかなければ、 個人の ミスや エラーは そのまま チームの ミスや エラーに 直結してしまいます。 以下は、 の 失敗から学ぶ の ポストモーテムに ついての 記述を 引用します。 何故テストで 検出が できなかったのかを その フェーズで 何故問題を 発見できなかったのかを 定義します。 ・なぜなぜ分析 やり方 ・なぜなぜ分析 シート エクセル ・なぜなぜ分析 テンプレート エクセル、パワーポイント ・なぜなぜ分析 実践例 製造、品質、設備、営業、介護 ・ なぜなぜ分析 例題 事例集等です。 原因分析の 手法などは 調べてみるとたくさんあって、 興味を 持ちましたので 調べた 結果を 記載します。 後輩から 先輩には 指摘が しにくいなどが 発生します。 【悪い例】 事象:メールの宛先を誤った - 要因:作業者が注意を怠っていた 【ポイント】 人ではなくシステムに問題がないか分析する 3-4.現場を想定できていない 事象の定義から解決策の設定に至るまで、普段から現場におらず検証もできていない状態では、的はずれな分析になってしまいます。 【なぜなぜ分析シートのフォーマット例】 発生した問題 1次要因 2次要因 真因の特定 再発防止策 — — — — — — — — — — — — — — — なぜなぜ分析の目的 なぜなぜ分析のルーツであるトヨタでは「カイゼン」活動の一環として、発生した問題を現場レベルで即時に解決するためになぜなぜ分析を実践しています。 あるべき姿からのアプローチは、不具合に対し管理されていなければならな い 項目 条件 は何かを分析前に調査し、その項目を現場・現物・現象に合わ せて比較、検証します。 この辺りの 内容は、 に 詳しく 記載されています。 問題となる事象に対して、 1回目の「なぜ」 2回目の「なぜ」 3回目の「なぜ」 4回目の「なぜ」 5回目の「なぜ」 というように繰り返していきます。 なぜなぜ分析の特徴としては、 ・深い理論を必要とせず気軽に着手できること ・全員参加の議論でメンバーのレベルアップが期待できること ・完成した資料は会社の技術資産になること 等が挙げられます。 会議と言っても、 僕の役割は5 How分析の名前の様に 「どうやってそれが出来るのか?」「どうやってそれが出来るのか?」 と繰り返し質問をし、彼の返答を紙に書いていっただけです。 「1枚」ワークス主宰 浅田すぐる 追伸: 私が主宰する「1枚」ワークスでは、 今回ご紹介したようなトヨタで学んだ仕事術 を、 どなたでも実践可能なようにシンプル化 してお伝えしています。 修正失敗 指摘は したが、 修正に 失敗した ケースです。 ・現場で対応できる再発防止案を 拙速に提起 ・新人の解析能力育成の 訓練の為の手法 元祖 なぜなぜ分析の歴史 なぜなぜ分析は トヨタにて開発され、製造方法の改善手法として社内で使用され、現場での問題解決訓練の重要な一つでした。 実際に 実施して、 思った ことを 記載します。 失敗の 種類を 分類して おく 社会心理学での チームエラー に 基づいて、 発見失敗なのか、 指摘失敗なのか、 修正失敗なのかを 分類します。 その 指摘を 行わないのが、 指摘の 失敗です。 この要因を列挙する過程、つまり「 なぜなぜ」と考える過程がなぜなぜ分析です なぜなぜ分析の基本的な考え方 なぜなぜ分析 基本の考え方 【原因と要因の違い】 「原因」=1つ。 上記文書から ダウンロードできる テンプレートは 障害報告書と いうよりも 振り返りの テンプレートに 近い もので、 比較的ライトに 問題分析を したい 場合使用できそうな テンプレートに 思いました。 この 「ポストモーテム」は、 うまく いったこと、 いかなかった こと、 そして 改善の ために チームでできる ことに ついて オープンかつ 率直に 話し合う ために 行われます。 気づいたのだから 即座に 指摘すればよさそうな ものですが、 この 指摘の 失敗は 最も 起こりやすく、 チームエラーの 強力な 原因であることが わかっている そうです。 恒久対応フェーズ 恒久対応時に 問題点が あれば、 分析の 対象と して 問題を 記載します。 例題:機械が動かなくなった原因の特定 1回目のなぜ:機械が動かなくなったのはなぜ? 答え「オーバーロードがかかり、ヒューズが切れたから」 2回目のなぜ:オーバーロードがかかったのはなぜ? 答え「オーバーロードがかかったのは、軸受部の潤滑が十分でないから」 3回目のなぜ:十分に潤滑しないのはなぜ? 答え「十分に潤滑しないのは、潤滑ポンプが十分くみ上げていないから」 4回目のなぜ:十分くみ上げられないのはなぜ? 答え「十分くみ上げられないのは、ポンプの軸が摩擦してガタガタになっているから」 5回目のなぜ:摩擦したのはなぜ? 答え「摩擦したのは、ストレーナー(濾過器)が付いていないので切粉が入ったから」 5回の「なぜ?」を繰り返した結果、例題では「ストレーナーを取り付ける」という対策にたどり着きました。 原因分析者の 視点 開発者視点、 管理者視点 なのか 置かれた 立場で、 発見失敗、 指摘失敗、 修正失敗なのかは 変わる 気が します。 Google では、 プロジェクトの 立ち上げ時や サービスに 重大な 障害が 生じた ときも 同様に、 チームが 再び 集まって 事態の 詳細に ついて 話し合います。 なぜなぜ分析例 問題 1次要因 2次要因 真因 プロジェクターが使いたいときに使えない どこにあるのかわからない 決まった保管場所がない 保管のルールがない 前の使用者が返却してない 返却を確認する仕組みがない またなぜなぜを実施するときは、因果関係に気を付ける必要があります。 するとその後、いったいどんな質問がくると思いますか? 「そもそもさあ、なんでこの仕事やってるの?」 「そもそもさあ、なんでこの会議やるの?」 「そもそもさあ、なんでこの書類必要なの?」 気づいていただけたでしょうか? ご覧のとおり、「そもそもさあ」と口走ると、 自動的にその後の表現は「なぜ?」を問うものになります。 発見失敗 メンバーの 誰かが ミスや エラーを 犯した ときに、 メンバーが 誰も それに 気づかない 場合が これに あたります。 原因分析自体への 取り組みを 実施していないと いう 状況であれば、 何故を聞くこと 自体は 難しい ことではなく、 なぜなぜ 分析 5W は 実施が しやすいと 思いました。 【悪い例】 事象:チームの離職率が高い - 要因:採用ターゲットがズレている 【ポイント】 入社後の社員同士のやり取りを見れていない 4.リスティング広告業務でなぜなぜ分析を実践 問題の解決に役立つなぜなぜ分析。 5回何故を 聞く 必要は ない 真因に たどり 着いたら、 何故を 聞くのを やめ、 真因に 対しての 対策を 立てます。 修正する 事は それほど 大変であるとは 思われないのですが、 指摘した 人は 指摘した ことで 自分の 責任を 果たしたと 思って 十分に 確認しない こともあり、 また、 指摘された 人が エラーを ごまかしたり、 訂正しなかったりする ことさえ 起こる ことも あります。 原因分析者の 視点を 意識する 原因分析者の 立場に より 問題の 見え方が 変わります。 参照モードで パブリック公開していますので、 興味ある 方は 使ってみてください。 問題を 検出すべき フェーズ 問題を 検出すべき テスト工程の フェーズです。 参考 その他、 文書作成時に 参考に した 情報です。 なぜなぜ分析なら根本原因を見つけたい問題を、 5 How分析ならどんな事のアイデアを出したいのかの要望を、 セルP11 に入力します。 なぜ 指摘しないのかと 言うと、 ミスや エラーを 指摘する ことで、 相手の 気分を 害して 人間関係が ぎくしゃくする ことを 避けようとする 意思が 働きます。 Web上の 原因分析に 関する 資料 Web上で 見つけた 原因分析に 関する 資料の リンクを 記載します。 なぜなぜ分析 悪い事例 トヨタ式なぜなぜ分析 事例~悪い事例2~ A社の製品のシャフト軸が破損しやすい、とのクレームが複数の顧客から入った。 ステップ1:テーマの選定【何が問題かを明確にする】 ステップ2:現状把握と目標設定【どうなっているかを調査する】 ステップ3:活動計画の立案【いつまでに解決するかを計画する】 ステップ4:要因の解析【何が原因か深堀する】 ステップ5:対策の検討と実施【どうすればいいかを考える】 ステップ6:効果の確認【良くなったのかを確認する】 ステップ7:標準化と管理の定着【元に戻らないように歯止めを掛ける】 これが問題解決ストーリーです。 あくまで 障害の 根本原因分析に 適用できそうと いう 意味で、 自己改善などの ケースだと 適用が できないように 思います。 そこで 差があるモノだけに焦点を絞って「なぜそれが起こったのか」を系統的 に求め、これ以上、分解できない 再発防止策が打てる ところまで分析をま す。 障害検知フェーズ 障害検知が どのようになされたのかを 振り返り、 検知方法に 問題が あればなぜなぜ 分析の 対象と して 問題を 記載します。 問題の類型ごとのなぜなぜ分析 問題の分類 なぜなぜ分析の内容 1.プロセスがなかった この場合、プロセスがなかったことは仕方がないのでなぜなぜ分析せずに、そのまま新しいプロセスを追加する、というところで再発防止策が決着します。 例えば、 部下から 上司には 指摘が しにくい。 現場 現物 現実 三現主義 元祖 トヨタ式なぜなぜ分析の特徴 ・推定定される要因を考えるのではなく 事実 fact の原因を見つける、存在しない要因や 不明の要因は検討の対象外です。 根本問題解析手法の比較 突発性不良と慢性不良 元祖 トヨタ式なぜなぜ分析 事例 ~『トヨタ生産方式』著:大野耐一より~ ある工場内のあるマシンが故障して停止した際に「なぜマシンは停止したか?」の問いに、「過負荷がかかって、ヒューズが断線」と答えただけではヒューズを交換して再起動すればいい、という答えしか返ってこない。 本来発見すべき フェーズが 何処かを 判断して、 その フェーズで 何故問題を 発見できなかったのか 記載します。 指摘失敗 他のメンバーが ミスや エラーを 起こした ことに 気づいた 場合には、 それを 指摘して、 訂正させる 必要が あります。 問題を 発見すべき 開発フェーズ 詳細設計、 基本設計等の 問題を 発見すべき フェーズです。 ロジックツリーはどんなときに使う? ・問題・課題分析(解決のための原因をすべてリストアップする) ・ある一つの要素について、構成されるもの(種類)をすべて洗い出したい時 ・ある事象について起こりうるパターンをすべて出したい時 ロジックツリーの書き方 左から右へ枝分かれするように項目を洗い出します。 ところが、、、 いざこの技術を実践しようと思うと、 「 本を読んでもよくわからない・・・・ 雑誌で見かけたがなんだか難しい・・・ 何をどうしたら実践できるのかよくわからない・・・」 あなたがもしそう感じているのであれば、 以下の内容がお役に立てば幸いです。 全社員の 前で プロジェクトの ポストモーテムの 分析結果を 共有する チームも あります。 障害に 関してだと、 以下のような フェーズに 分かれます。.

  • .

  • .

なぜなぜ分析7つのコツ|個人レベルで使う問題解決法の正しいやり方

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com