J1 順位 - 得点ランキング

順位 j1 福西崇史の2022シーズンJ1順位予想。一強の川崎を脅かすのはどこか(webスポルティーバ)

順位 j1 【今年もやるぞ!】2022シーズンJ1リーグ全順位予想!【30代サッカー好きおっさんのサッカー批評】

J1リーグ2021順位予想の振り返り。2022の予想については、開幕までに…。J1もJ2もJ3も予想するのでめっちゃ時間かかってる…。

順位 j1 Jリーグ・J1順位表|スポーツ情報はdメニュースポーツ

順位 j1 得点ランキング

ホーム&アウェイ順位表

順位 j1 J1リーグ2022順位予想。3連覇予想の川崎フロンターレ。対抗は浦和レッズと横浜F・マリノス。湘南、清水、京都が厳しいか。

順位 j1 順位表[J1]

順位 j1 Jリーグ・J1順位表|スポーツ情報はdメニュースポーツ

順位 j1 いよいよ開幕!J1全クラブの順位予想&プレビュー【2022】

いよいよ開幕!J1全クラブの順位予想&プレビュー【2022】

順位 j1 【今年もやるぞ!】2022シーズンJ1リーグ全順位予想!【30代サッカー好きおっさんのサッカー批評】

順位 j1 【まとめ】2022 J1

Jリーグ

2022年3月20日16時50分1秒更新 順位 チーム 勝点 試合 勝数 分け 敗数 得点 失点 得失差 1 16 7 5 1 1 12 7 5 2 12 7 3 3 1 12 8 4 3 12 5 4 0 1 8 4 4 4 10 5 3 1 1 7 3 4 5 9 4 3 0 1 4 2 2 6 7 7 2 1 4 9 8 1 7 7 5 1 4 0 3 2 1 8 6 5 1 3 1 8 7 1 9 6 5 1 3 1 4 4 0 10 5 4 1 2 1 4 3 1 11 5 5 0 5 0 5 5 0 12 5 5 1 2 2 8 9 -1 13 5 5 1 2 2 7 9 -2 14 5 5 1 2 2 4 7 -3 14 5 5 1 2 2 4 7 -3 16 4 7 0 4 3 3 9 -6 17 3 5 0 3 2 3 6 -3 18 2 5 0 2 3 3 8 -5• 川崎フロンターレ ・総合評価 A 順位予想1位・優勝予想 2020年を圧倒的な強さで制した王者。 浦和レッズ ・総合評価 D 順位予想13位 「3年計画」が不調であったため、 今季はリカルド・ロドリゲス監督が就任した。 横浜F・マリノス ・総合評価 B 順位予想6位 就任して4年目を迎えるアンジェ・ポテスコグルー監督が率いる。 ・当該J2クラブがJ2における年間順位の上位2クラブとなったとしても、J1に昇格できない ・当該J2クラブは、J1参入プレーオフに参加できない ・J2における年間順位の上位2クラブのうち、J1クラブライセンスの交付判定を受けたJ2クラブが1クラブの場合、当該J2クラブがJ1に昇格し、J1における年間順位の最下位 18位 のJ1クラブがJ2に降格する。 浦和レッズ ・総合評価 D 順位予想13位 「3年計画」が不調であったため、 今季はリカルド・ロドリゲス監督が就任した。 清水エスパルス ・総合評価 C 順位予想11位 昨季の主力がほとんど残留し、ここ2年の低迷から脱却すべく、魅力的な陣容を整えた。 川崎フロンターレ ・総合評価 A 順位予想1位・優勝予想 2020年を圧倒的な強さで制した王者。 徳島ヴォルティス ・総合評価 C 順位予想15位 チームをJ1昇格に導いたリカルド・ロドリゲス監督に代わり、後任の ダニエル・ポヤトス新監督となる。 大分トリニータ ・総合評価 D 順位予想16位 キャプテンの鈴木義宜を筆頭に、岩田智輝、田中達也、小塚和季といった主力級が相次いで移籍していまいかなりの痛手となった。 ベガルタ仙台 ・総合評価 D 順位予想19位 新型コロナウイルスの影響で降格枠はなかったが、2020シーズン、17位で終了し、普通であれば降格する順位となっていた。 ガンバ大阪 ・総合評価 A 順位予想4位 天皇杯で決勝進出をはたしたが、フロンターレに敗れ天皇杯準優勝。 アビスパ福岡 ・総合評価 D 順位予想17位 長谷部体制2年目となる今シーズンは、まずは J1残留が最初の目標となる。 セレッソ大阪 ・総合評価 B 順位予想8位 マテイ・ヨニッチやレアンドロ・デサバト、ブルーノ・メンデスといった 主力である外国籍選手たちがごっそり抜けた。 サンフレッチェ広島 ・総合評価 C 順位予想12位 昨シーズンに 15ゴールを決めたレアンドロ・ペレイラが移籍し、代わりに加入したマリノスで13得点を挙げた実績をもつジュニオール・サントスを獲得。 徳島ヴォルティス ・総合評価 C 順位予想15位 チームをJ1昇格に導いたリカルド・ロドリゲス監督に代わり、後任の ダニエル・ポヤトス新監督となる。 湘南ベルマーレ ・総合評価 D 順位予想20位 昨季はリーグ戦で6勝しか挙げられず、最下位に終わった。 横浜F・マリノス ・総合評価 B 順位予想6位 就任して4年目を迎えるアンジェ・ポテスコグルー監督が率いる。 順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差 1 16 7 5 1 1 12 7 5 2 12 7 3 3 1 12 8 4 3 12 5 4 0 1 8 4 4 4 10 5 3 1 1 7 3 4 5 9 4 3 0 1 4 2 2 6 7 7 2 1 4 9 8 1 7 7 5 1 4 0 3 2 1 8 6 5 1 3 1 8 7 1 9 6 5 1 3 1 4 4 0 10 5 4 1 2 1 4 3 1 11 5 5 0 5 0 5 5 0 12 5 5 1 2 2 8 9 -1 13 5 5 1 2 2 7 9 -2 14 5 5 1 2 2 4 7 -3 14 5 5 1 2 2 4 7 -3 16 4 7 0 4 3 3 9 -6 17 3 5 0 3 2 3 6 -3 18 2 5 0 2 3 3 8 -5 J1における年間順位の下位2クラブがJ2に降格し、J2における年間順位の上位2クラブがJ1に昇格する。 スポンサーリンク 鹿島アントラーズ ・総合評価 A 順位予想5位 2020シーズンのJ1は開幕4連敗というクラブ史上最悪のスタートを切ったが、徐々にチームの完成度を高めて昨季は5位フィニッシュ。 セレッソ大阪 ・総合評価 B 順位予想8位 マテイ・ヨニッチやレアンドロ・デサバト、ブルーノ・メンデスといった 主力である外国籍選手たちがごっそり抜けた。.

  • アビスパ福岡 ・総合評価 D 順位予想17位 長谷部体制2年目となる今シーズンは、まずは J1残留が最初の目標となる。 ベガルタ仙台 ・総合評価 D 順位予想19位 新型コロナウイルスの影響で降格枠はなかったが、2020シーズン、17位で終了し、普通であれば降格する順位となっていた。 湘南ベルマーレ ・総合評価 D 順位予想20位 昨季はリーグ戦で6勝しか挙げられず、最下位に終わった。 Ma… 19:00 Tokyo 2022年04月05日 Cerezo Osaka 19:00 Kashiwa Reysol 2022年04月06日 Kyoto Sanga 18:30 Gamba Osaka Avispa Fukuoka 19:00 Kashima Antlers Sagan Tosu 19:00 Consadole Sapporo Sanfrecce Hiro… 19:00 Yokohama F.

  • J 1チーム一覧 北海道コンサドーレ札幌 ・総合評価 B 順位予想9位 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が指揮を執って今季で4年目。 鹿島アントラーズ ・総合評価 A 順位予想5位 2020シーズンのJ1は開幕4連敗というクラブ史上最悪のスタートを切ったが、徐々にチームの完成度を高めて昨季は5位フィニッシュ。 ガンバ大阪 ・総合評価 A 順位予想4位 天皇杯で決勝進出をはたしたが、フロンターレに敗れ天皇杯準優勝。 サンフレッチェ広島 ・総合評価 C 順位予想12位 昨シーズンに 15ゴールを決めたレアンドロ・ペレイラが移籍し、代わりに加入したマリノスで13得点を挙げた実績をもつジュニオール・サントスを獲得。 清水エスパルス ・総合評価 C 順位予想11位 昨季の主力がほとんど残留し、ここ2年の低迷から脱却すべく、魅力的な陣容を整えた。 順位 チーム名 試合 勝点 勝数 敗数 引分 得点 失点 点差 1 7 16 5 1 1 12 7 5 2 7 12 3 1 3 12 8 4 3 5 12 4 1 0 8 4 4 4 5 10 3 1 1 7 3 4 5 4 9 3 1 0 4 2 2 6 7 7 2 4 1 9 8 1 7 5 7 1 0 4 3 2 1 8 5 6 1 1 3 8 7 1 9 5 6 1 1 3 4 4 0 10 4 5 1 1 2 4 3 1 11 5 5 0 0 5 5 5 0 12 5 5 1 2 2 8 9 -1 13 5 5 1 2 2 7 9 -2 14 5 5 1 2 2 4 7 -3 14 5 5 1 2 2 4 7 -3 16 7 4 0 3 4 3 9 -6 17 5 3 0 2 3 3 6 -3 18 5 2 0 3 2 3 8 -5.

ホーム&アウェイ順位表

スポンサーリンク 北海道コンサドーレ札幌 ・総合評価 B 順位予想9位 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が指揮を執って今季で4年目。 サガン鳥栖 ・総合評価 D 順位予想18位 決して資金的に恵まれないなかでも多くの選手を獲得した。 大分トリニータ ・総合評価 D 順位予想16位 キャプテンの鈴木義宜を筆頭に、岩田智輝、田中達也、小塚和季といった主力級が相次いで移籍していまいかなりの痛手となった。 サガン鳥栖 ・総合評価 D 順位予想18位 決して資金的に恵まれないなかでも多くの選手を獲得した。 Jリーグ年間順位一覧 J1 J2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 J1 J2 2020 川崎F G大阪 名古屋 C大阪 鹿島 F東京 柏 広島 横浜M 浦和 大分 札幌 鳥栖 神戸 横浜C 清水 仙台 湘南 徳島 福岡 長崎 甲府 北九州 磐田 山形 京都 水戸 栃木 新潟 東京V 松本 千葉 大宮 琉球 岡山 金沢 町田 群馬 愛媛 山口 2020 2019 横浜M F東京 鹿島 川崎F C大阪 広島 G大阪 神戸 大分 札幌 仙台 清水 名古屋 浦和 鳥栖 湘南 松本 磐田 柏 横浜C 大宮 徳島 甲府 山形 水戸 京都 岡山 新潟 金沢 長崎 東京V 琉球 山口 福岡 千葉 町田 愛媛 栃木 鹿児島 岐阜 2019 2018 川崎F 広島 鹿島 札幌 浦和 F東京 C大阪 清水 G大阪 神戸 仙台 横浜M 湘南 鳥栖 名古屋 磐田 柏 長崎 松本 大分 横浜C 町田 大宮 東京V 福岡 山口 甲府 水戸 徳島 山形 金沢 千葉 岡山 新潟 栃木 愛媛 京都 岐阜 熊本 讃岐 2018 2017 川崎F 鹿島 C大阪 柏 横浜M 磐田 浦和 鳥栖 神戸 G大阪 札幌 仙台 F東京 清水 広島 甲府 新潟 大宮 湘南 長崎 名古屋 福岡 東京V 千葉 徳島 松本 大分 横浜C 山形 京都 岡山 水戸 愛媛 町田 金沢 岐阜 讃岐 山口 熊本 群馬 2017 2016 年間 鹿島 浦和 川崎F G大阪 大宮 広島 神戸 柏 F東京 横浜M 鳥栖 仙台 磐田 甲府 新潟 名古屋 湘南 福岡 札幌 清水 松本 C大阪 京都 岡山 町田 横浜C 徳島 愛媛 千葉 山口 水戸 山形 長崎 熊本 群馬 東京V 讃岐 岐阜 金沢 北九州 年間 2016 2 浦和 神戸 川崎F G大阪 柏 大宮 横浜M 鳥栖 F東京 広島 鹿島 仙台 甲府 磐田 名古屋 新潟 湘南 福岡 2 1 鹿島 川崎F 浦和 広島 大宮 G大阪 柏 磐田 F東京 仙台 横浜M 神戸 新潟 名古屋 鳥栖 湘南 甲府 福岡 1 2015 年間 広島 G大阪 浦和 F東京 鹿島 川崎F 横浜M 湘南 名古屋 柏 鳥栖 神戸 甲府 仙台 新潟 松本 清水 山形 大宮 磐田 福岡 C大阪 愛媛 長崎 北九州 東京V 千葉 札幌 岡山 金沢 熊本 徳島 横浜C 讃岐 京都 群馬 水戸 岐阜 大分 栃木 年間 2015 2 広島 鹿島 G大阪 浦和 横浜M F東京 川崎F 柏 湘南 名古屋 新潟 鳥栖 神戸 甲府 松本 仙台 清水 山形 2 1 浦和 F東京 広島 G大阪 川崎F 横浜M 仙台 鹿島 名古屋 湘南 鳥栖 甲府 神戸 柏 松本 山形 新潟 清水 1 2014 G大阪 浦和 鹿島 柏 鳥栖 川崎F 横浜M 広島 F東京 名古屋 神戸 新潟 甲府 仙台 清水 大宮 C大阪 徳島 湘南 松本 千葉 磐田 北九州 山形 大分 岡山 京都 札幌 横浜C 栃木 熊本 長崎 水戸 福岡 岐阜 群馬 愛媛 東京V 讃岐 富山 2014 2013 広島 横浜M 川崎F C大阪 鹿島 浦和 新潟 F東京 清水 柏 名古屋 鳥栖 仙台 大宮 甲府 湘南 磐田 大分 G大阪 神戸 京都 徳島 千葉 長崎 松本 札幌 栃木 山形 横浜C 岡山 東京V 福岡 水戸 北九州 愛媛 富山 熊本 群馬 岐阜 鳥取 2013 2012 広島 仙台 浦和 横浜M 鳥栖 柏 名古屋 川崎F 清水 F東京 鹿島 磐田 大宮 C大阪 新潟 神戸 G大阪 札幌 甲府 湘南 京都 横浜C 千葉 大分 東京V 岡山 北九州 山形 栃木 松本 水戸 熊本 徳島 愛媛 草津 福岡 富山 鳥取 岐阜 町田 2012 2011 柏 名古屋 G大阪 仙台 横浜M 鹿島 広島 磐田 神戸 清水 川崎F C大阪 大宮 新潟 浦和 甲府 福岡 山形 F東京 鳥栖 札幌 徳島 東京V 千葉 京都 北九州 草津 栃木 熊本 大分 岡山 湘南 愛媛 富山 水戸 横浜C 鳥取 岐阜 2011 2010 名古屋 G大阪 C大阪 鹿島 川崎F 清水 広島 横浜M 新潟 浦和 磐田 大宮 山形 仙台 神戸 F東京 京都 湘南 柏 甲府 福岡 千葉 東京V 横浜C 熊本 徳島 鳥栖 栃木 愛媛 草津 札幌 岐阜 大分 水戸 岡山 富山 北九州 2010 2009 鹿島 川崎F G大阪 広島 F東京 浦和 清水 新潟 名古屋 横浜M 磐田 京都 大宮 神戸 山形 柏 大分 千葉 仙台 C大阪 湘南 甲府 鳥栖 札幌 東京V 水戸 徳島 草津 福岡 岐阜 富山 熊本 愛媛 横浜C 栃木 岡山 2009 2008 鹿島 川崎F 名古屋 大分 清水 F東京 浦和 G大阪 横浜M 神戸 柏 大宮 新潟 京都 千葉 磐田 東京V 札幌 広島 山形 仙台 C大阪 湘南 鳥栖 甲府 福岡 草津 横浜C 水戸 熊本 岐阜 愛媛 徳島 2008 2007 鹿島 浦和 G大阪 清水 川崎F 新潟 横浜M 柏 磐田 神戸 名古屋 F東京 千葉 大分 大宮 広島 甲府 横浜C 札幌 東京V 京都 仙台 C大阪 湘南 福岡 鳥栖 山形 愛媛 草津 水戸 徳島 2007 2006 浦和 川崎F G大阪 清水 磐田 鹿島 名古屋 大分 横浜M 広島 千葉 大宮 F東京 新潟 甲府 福岡 C大阪 京都 横浜C 柏 神戸 鳥栖 仙台 札幌 東京V 山形 愛媛 水戸 湘南 草津 徳島 2006 2005 G大阪 浦和 鹿島 千葉 C大阪 磐田 広島 川崎F 横浜M F東京 大分 新潟 大宮 名古屋 清水 柏 東京V 神戸 京都 福岡 甲府 仙台 山形 札幌 湘南 鳥栖 徳島 水戸 横浜C 草津 2005 2004 2 浦和 市原 G大阪 鹿島 名古屋 横浜M 新潟 神戸 東京V F東京 広島 C大阪 磐田 清水 柏 大分 川崎F 大宮 福岡 山形 京都 仙台 甲府 横浜C 水戸 湘南 鳥栖 札幌 2 2004 1 横浜M 磐田 浦和 G大阪 鹿島 F東京 市原 名古屋 東京V 大分 清水 神戸 広島 新潟 柏 C大阪 1 2003 2 横浜M 市原 磐田 鹿島 F東京 浦和 G大阪 名古屋 東京V 清水 柏 C大阪 神戸 京都 仙台 大分 新潟 広島 川崎F 福岡 甲府 大宮 水戸 山形 札幌 湘南 横浜C 鳥栖 2 2003 1 横浜M 磐田 市原 F東京 C大阪 浦和 名古屋 鹿島 柏 東京V 清水 G大阪 神戸 大分 仙台 京都 1 2002 2 磐田 G大阪 鹿島 東京V F東京 横浜M 京都 浦和 柏 神戸 市原 清水 名古屋 広島 仙台 札幌 大分 C大阪 新潟 川崎F 湘南 大宮 甲府 福岡 鳥栖 水戸 山形 横浜C 2 2002 1 磐田 横浜M 名古屋 G大阪 鹿島 京都 清水 市原 仙台 F東京 浦和 東京V 神戸 柏 広島 札幌 1 2001 2 鹿島 磐田 広島 清水 市原 名古屋 柏 F東京 東京V 横浜M G大阪 浦和 神戸 札幌 福岡 C大阪 京都 仙台 山形 新潟 大宮 大分 川崎F 湘南 横浜C 鳥栖 水戸 甲府 2 2001 1 磐田 市原 名古屋 清水 G大阪 柏 浦和 札幌 F東京 神戸 鹿島 福岡 広島 C大阪 横浜M 東京V 1 2000 2 鹿島 柏 磐田 G大阪 横浜M 福岡 名古屋 F東京 C大阪 V川崎 広島 京都 清水 神戸 川崎F 市原 札幌 浦和 大分 大宮 仙台 鳥栖 新潟 湘南 水戸 山形 甲府 2 2000 1 横浜M C大阪 清水 柏 磐田 F東京 神戸 鹿島 V川崎 広島 市原 名古屋 G大阪 福岡 川崎F 京都 1 1999 2 清水 名古屋 横浜M 柏 C大阪 鹿島 神戸 広島 京都 V川崎 市原 磐田 G大阪 浦和 福岡 平塚 川崎F F東京 大分 新潟 札幌 大宮 山形 鳥栖 仙台 甲府 2 1999 1 磐田 V川崎 清水 柏 C大阪 広島 横浜M 名古屋 鹿島 G大阪 福岡 神戸 浦和 京都 市原 平塚 1 1998 2 鹿島 磐田 浦和 横浜M 清水 名古屋 横浜F 柏 広島 札幌 京都 平塚 C大阪 神戸 福岡 G大阪 V川崎 市原 2 1998 1 磐田 清水 名古屋 横浜M 鹿島 V川崎 浦和 横浜F C大阪 柏 市原 平塚 広島 G大阪 京都 札幌 神戸 福岡 1 1997 2 磐田 G大阪 横浜M 鹿島 名古屋 清水 浦和 C大阪 平塚 柏 横浜F V川崎 広島 市原 福岡 京都 神戸 2 1997 1 鹿島 横浜F 柏 平塚 横浜M 磐田 清水 G大阪 浦和 広島 C大阪 名古屋 京都 神戸 市原 V川崎 福岡 1 1996 鹿島 名古屋 横浜F 磐田 柏 浦和 V川崎 横浜M 市原 清水 平塚 G大阪 C大阪 広島 福岡 京都 1996 1995 2 V川崎 名古屋 横浜M 清水 柏 鹿島 市原 浦和 磐田 C大阪 横浜F 広島 G大阪 平塚 2 1995 1 横浜M V川崎 浦和 名古屋 磐田 市原 平塚 鹿島 C大阪 広島 G大阪 清水 横浜F 柏 1 1994 2 V川崎 平塚 横浜M 広島 鹿島 清水 磐田 横浜F 市原 G大阪 浦和 名古屋 2 1994 1 広島 清水 鹿島 V川崎 横浜F 市原 磐田 名古屋 横浜M G大阪 平塚 浦和 1 1993 2 V川崎 清水 横浜M 鹿島 広島 G大阪 横浜F 名古屋 市原 浦和 2 1993 1 鹿島 V川崎 横浜M 清水 市原 広島 横浜F G大阪 名古屋 浦和 1.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com