神戸 山口組 - 神戸山口組、山健組の内紛・分裂のワケ…5年前に銃撃された元ヤクザが明かす

山口組 神戸 神戸山口組を研究する会

山口組 神戸 六代目山口組“渦中の帰参幹部”が激白! 神戸山口組の極秘内情

山口組 神戸 山口組

「神戸山口組」に異変 構成員減少、3分の1に 山健組の古巣合流など要因(ラジトピ ラジオ関西トピックス)

山口組 神戸 山健組(中田浩司組長)が神戸山口組に宣戦布告・木村会も六代目山口組入り、どうした神戸山口組解散か?

山口組 神戸 神戸山口組“敵は弘道会”発足メンバーが無念の急死…

山口組 神戸 井上邦雄

山口組 神戸 井上邦雄

神戸山口組を立ち上げた「5人の大御所」の一角が離脱…またも組織内外に衝撃走る

山口組 神戸 六代目山口組“渦中の帰参幹部”が激白! 神戸山口組の極秘内情

山健組(神戸山口組)

山口組 神戸 神戸山口組、山健組の内紛・分裂のワケ…5年前に銃撃された元ヤクザが明かす

山口組分裂問題は「勝負あり」!? 衰退する神戸山口組…それでも完全決着に時間がかかるワケ

山口組 神戸 神戸山口組崩壊、山健組に続き、黒誠会、正木組、池田組離脱!絆會が動き始めた?六代目山口組は?

神戸山口組

( - )- 五代目山口組組長へ昇格 五代目時代• ( - ) - 辞任• 2020年に入り次第に神戸山口組(井上邦雄組長)の直系組織の離脱が目立つ 2020年7月には山健組が神戸山口組から離脱、神戸山口組に残留する山健々員もいたものの、8月に入ると今度は二代目黒誠会(剣政和(本名 笹昭)会長)、 正木組(正木年男(本名 : 朴年男)組長)、池田組(池田孝志組長)が離脱したというのだ。 ( - ) - 事故死• 脚注 [ ] [] 出典 [ ]•.

  • 歴代組長 氏名 在任期間 備考 初代 - 2代 1925年 - 山口春吉の実子 3代 - 4代 - 組長 5代 - 二代目組長 6代 2005年 - 組長、二代目総裁 歴代若頭 山口組における「」は、「組長」に次ぐナンバー2の立ち位置にあたり、にいう「理事長」、にいう「」や「」、にいう「」に相当する。 タグ 六代目山口組 司忍 織田絆誠 任侠山口組 織田絆誠 六代目山口組 高山 山口組 最新 山口組 抗争最新 山健組 織田 山健組 織田絆誠 六代目山口組 神戸山口組 絆會 現在 絆會 最新 山健組 副組長 織田 山健組 井上邦雄 絆會 神戸山口組 井上邦雄 中田浩司 織田絆誠 中田浩司 中田 織田 関係 弘道会 任侠山口組 絆會 神戸山口組 六代目山口組 絆會 織田絆誠 在日 破門 絶縁 所払い 任侠山口組 井上邦雄 五代目山口組 篠田健市 息子 司忍 嫁 司忍 姐さん 弘道会 司忍 息子 東大 山口組 高山清司 高山清司若頭 神戸山口組 三代目弘道会 田岡一雄 篠田健市 嫁 司忍 刺青 弘道会初代 弘道会 武闘派 七代目山口組 野内組 山口組抗争 山口組総裁 神戸山口組対山口組 絆会 高山清司 刺青 山口組最新情報 神戸山口組最新 四代目山口組 名古屋 ヤクザ ヤクザの処分 全国の六代目山口組直系組織でも弘道会と渉外事、トラブル等あれば直系組織は弘道会を立てる位、弘道会は山口組内で実力共に山口組最大組織になった。 組織図 役職 氏名 出身団体 在任期間 組長 (二代目) 2005年7月 - 現在 執行部 役職 氏名 二次団体 本部 若頭 三代目 名古屋市中村区 舎弟頭 青山千尋 二代目 福岡市中央区 本部長 鳥取県米子市 若頭補佐・関東ブロック長 五代目 東京都台東区 若頭補佐・中部ブロック長 三代目 名古屋市中村区 若頭補佐・阪神中四国ブロック長 二代目 兵庫県姫路市 若頭補佐・大阪南ブロック長 津田 力 四代目 和歌山県和歌山市 若頭補佐・東海ブロック長 薄葉政嘉 十一代目 愛知県豊橋市 若頭補佐・大阪北ブロック長 秋良東力 大阪市浪速区 若頭補佐・九州ブロック長 生野靖道 四代目 大分県大分市 舎弟 役職 氏名 二次団体 本部 舎弟 青野哲也 七代目 浜松市南区 舎弟 野村 孝 三代目 大阪市北区 舎弟 高木康男 六代目 静岡市清水区 幹部 役職 氏名 二次団体 本部 幹部・北海道地区長 茶谷政雄 札幌市白石区 幹部・四国地区長 加藤徹次 六代目 高知県高知市 幹部・若頭付 山下 昇 大阪府東大阪市 幹部・組織委員長代理 吉村俊平 四代目 大阪市中央区 幹部・事務局長 篠原重則 二代目 香川県高松市 幹部 佐藤光男 東京都台東区 幹部 五代目 神戸市中央区 兵庫若中 役職 氏名 二次団体 本部 若中 野元信孝 三代目 神戸市中央区 大阪若中 役職 氏名 二次団体 本部 若中 能塚 恵 三代目 大阪市中央区 若中 高野永次 三代目 大阪市中央区 若中 布川皓二 二代目 大阪市中央区 若中 里 照仁 二代目 大阪市淀川区 若中 鈴川驗二 六代目 大阪市平野区 若中 新井錠士 二代目 大阪市北区 若中 金田芳次 二代目 大阪市東成区 若中 植野雄仁 二代目 大阪市中央区 他都道府県若中 役職 氏名 二次団体 本部 若中 清田健二 十代目 愛知県瀬戸市 若中 北島 虎 二代目 名古屋市中村区 若中 貝本 健 名古屋市中川区 若中 田保伸一 二代目 石川県金沢市 若中 田中三次 三代目 熊本県熊本市 若中 田堀 寛 二代目 名古屋市中区 若中 塚本修正 静岡県富士市 若中 一ノ宮敏彰 福岡市中央区 若中 高山誠賢 滋賀県大津市 若中 山嵜昌之 三代目 横浜市中区 若中 浜田重正 二代目 横浜市中区 若中 波入信一 七代目 福島県会津若松市 若中 中山和廣 三代目 愛媛県今治市 若中 井上茂樹 二代目 岡山市北区 若中 渡部 隆 四代目 札幌市中央区 若中 平松大睦 二代目 新潟市西蒲区 若中 小林良法 三代目 徳島県徳島市 若中 森 健司 三代目 名古屋市中区 若中 杉山志津雄 三代目 三重県四日市市 若中 小牧利之 三代目 静岡市駿河区 若中 竹嶋利王 二代目 静岡県富士宮市 若中 戸塚幸裕 二代目 浜松市中区 若中 山田 一 三代目 岡山県津山市 若中 川合彰典 二代目 北海道旭川市 他団体関係 友好団体 率いる六代目体制に入って以降の山口組は、『盃外交』と呼ばれる活発な他団体交流を展開し、かつての反目組織すら含む日本各地の暴力団組織と友好関係を築いてきた。 ( - ) - 一和会により暗殺 四代目代行時代• 一、内を固むるに和親合一を最も尊ぶ 一、外に接するに愛念を持し信義を重んず 一、長幼の序を弁え礼に依って終始す 一、世に処するに己の節を守り譏を招かず 一、先人の経験を聞き人格の向上を図る 指針 [ ]• 山健組組織図 組長 空席 執行部 副組長 - (若中・二代目組長) 若 頭 - (組長) 最高顧問 - 相談役 - 相談役 - (二代目会長) 舎弟頭 - (三代目会長) 本部長 - (二代目会長) 若頭代行 - (会長) 若頭補佐 - (会長) 若頭補佐 - (二代目会長) 若頭補佐 - (二代目組長) 舎弟 幹部 (二代目会長) (会長) (組長) 若中 (総長) (二代目会長) (二代目会長) (会長)• ( - ) - 中野会により暗殺• 概要 山口組の組員は1名の 組長()と数名の 舎弟(弟分)および数十名の 若中(子分)から成る計100人弱に過ぎないが、組長を除く全組員は、それぞれが数十人から数千人の構成員を抱える組織の首領であり、 直参(直系組長)と呼ばれる。 健竜会での活動 [ ] (昭和50年)、に 愛芳会(あいほうかい)を設立し、理事長補佐に就任した。 ( - 現在) 六代目山口組 主たる事務所(本部)は4-3-1である。 ( - ) - 解任• ( - ) - 四代目山口組組長へ昇格 四代目時代• 2015年8月27日、共に離脱した13団体と 神戸山口組を結成し、神戸山口組総本部長に就任した 引用 wikipedia 神戸・三宮の性風俗店からあいさつ(みかじめ)料を受け取ったとして、兵庫県警暴力団対策課と生田署などは31日、県暴力団排除条例違反の疑いで、特定抗争指定暴力団神戸山口組大門会会長の無職清崎達也容疑者(50)=熊本市中央区=を逮捕した。 来歴 [ ] 生い立ち [ ] (23年)8月、に生まれる。 平成30年度 - 一燈照隅(一人ひとりが一隅を照らすことになれば、人の和が成り立つこと) 組織図 [ ] 役職 氏名 出身二次団体 在任期間 組長 四代目 2015年8月 - 現在 執行部 [ ] 役職 氏名 二次団体 本部 副組長 二代目 大阪市中央区 若頭 兵庫県淡路市 副本部長 青木和重 北海道札幌市 舎弟頭補佐 宮下和美 二代目 神戸市西区 若頭補佐 藤田恭道 二代目 大阪市西淀川区 若頭補佐 仲村石松 三代目 兵庫県尼崎市 若頭補佐 大瀧一門 茨城県石岡市 舎弟 [ ] 役職 氏名 二次団体 本部 舎弟 岡本久男 二代目 神戸市中央区 舎弟 須ノ内祥吾 二代目 大阪市淀川区 舎弟 小嶋恵介 二代目 大阪府堺市 舎弟 (侠友会) 東京都 幹部・若中 [ ] 役職 氏名 二次団体 本部 幹部 清崎達也 四代目 熊本県熊本市 若中 藪内秀宝 (侠友会) 兵庫県淡路市 若中 元満志郎 二代目(山健組) 福岡県福津市 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• ( - ) - 病死 三代目代行時代• そうした中で神戸山口組若頭補佐を務める二代目黒誠会(大阪 剣政和組長)、正木組(福井県 正木年男組長)は引退、また同じく神戸山口組の最高顧問であった池田組(岡山県 池田孝志(金孝志)組長) も離脱、池田組も山口組の看板を外し独立組織にそれに続いて三代目熊本組(岡山 藤原健治組長)も離脱し同じ岡山県の池田組と統合する噂もある。 先代: - 組長 初代: 2015年 - 現在 次代: - 先代: 組長 四代目: 2005年 - 2018年 次代: 先代: 山本一廣 会長 四代目: 2000年 - 2005年 次代:.

  • .

「6代目は4000人に増加、神戸は500人と半分以下に…」 山口組分裂抗争がついに最終局面へ 両組の構成員数に差が出た“決定的理由”(文春オンライン)

.

  • .

  • .




2022 blog.edcanvas.com