メトトレキサート 禁忌 - 従来型合成抗リウマチ薬(csDMARD)ポイントまとめ(薬局薬剤師勉強用)|薬を学ぶ 〜薬剤師国家試験から薬局実務まで〜

禁忌 メトトレキサート メトトレキサートと併用禁忌の薬剤について知りたい|ハテナース

禁忌 メトトレキサート 従来型合成抗リウマチ薬(csDMARD)ポイントまとめ(薬局薬剤師勉強用)|薬を学ぶ 〜薬剤師国家試験から薬局実務まで〜

禁忌 メトトレキサート 関節リウマチ・膠原病の治療薬メトトレキサート

メトトレキサートの効果・副作用

禁忌 メトトレキサート メトトレキサート錠2mg「タナベ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

メトトレキサートの注意|大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学

禁忌 メトトレキサート 医療用医薬品 :

禁忌 メトトレキサート メトトレキサートの効果・副作用

禁忌 メトトレキサート メトトレキサートを使用できない場合もあるの?|リウマチ専門医監修|関節リウマチの総合情報サイト リウマチクラス

禁忌 メトトレキサート 関節リウマチ・膠原病の治療薬メトトレキサート

禁忌 メトトレキサート メトトレキサートと併用禁忌の薬剤について知りたい|ハテナース

リウマトレックスとメソトレキセートの違いは?

禁忌 メトトレキサート 【抗リウマチ薬】メトトレキサートのポイントまとめ(薬局薬剤師勉強用)|薬を学ぶ 〜薬剤師国家試験から薬局実務まで〜

メトトレキサート錠2mg「タナベ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

メトトレキサート(MTX)

5~5mg (1~2錠) 成人 5~10mg (2~4錠) 絨毛性疾患 1クールを5日間とし、メトトレキサートとして、通常、成人1日10~30mg(4~12錠)を経口投与します。 , 29 7 , 832, 1986.

  • , 112 7 , 978, 1972.

  • ・下痢 ・発疹、じんましん ・吐き気、嘔吐 ・発熱、咳、痰など風邪のような症状 ・喉の痛み ・口内炎、歯茎からの出血、青あざ ・息切れ、息苦しさ ・尿の減少 ・首回りやわきの下にしこりができる これらから、白血球が減少する 血球減少症、肺胞に炎症ができる 間質性肺炎、肺炎・尿路感染症・その他急性感染症などの 感染症、リンパ腫と合併する リンパ節腫脹、 肝機能障害、 腎障害、 狭心症、 心筋梗塞、 吐き気、 頭痛などが起こる可能性があるということなんですね。 ペニシリン ピペラシリンナトリウム等 、プロベネシド[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 併用薬剤がメトトレキサートの腎排泄を競合的に阻害するためと考えられている ]。 ショック、アナフィラキシー いずれも頻度不明 :ショック、アナフィラキシー 冷感、呼吸困難、血圧低下等 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 スルファメトキサゾール・トリメトプリム[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 両薬剤の葉酸代謝阻害作用が協力的に作用するためと考えられている ]。 レフルノミド[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 併用により骨髄抑制等の副作用を増強するためと考えられている ]。 脳症 白質脳症を含む 頻度不明 :脳症 白質脳症を含む が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 サリチル酸等の非ステロイド性抗炎症剤[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害等 が増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 主として、非ステロイド性抗炎症剤の腎におけるプロスタグランジン合成阻害作用による腎血流量の低下及びナトリウム、水分貯留傾向のためメトトレキサートの排泄が遅延するためと考えられている ]。 週1回の場合 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 朝 休薬 週2回の場合 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 朝 夕 休薬 週3回の場合 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 朝 夕 朝 休薬 このように12時間間隔で1〜2日間服用し、残りの5〜6日間は休薬するのが一般的な服用方法です。 感染症 頻度不明 :呼吸不全にいたるような肺炎 ニューモシスティス肺炎等を含む 、敗血症、サイトメガロウイルス感染症、帯状疱疹等の重篤な感染症 日和見感染症を含む が現れることがあるので、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、抗生剤、抗菌剤の投与等の適切な処置を行う。 骨髄抑制 頻度不明 :汎血球減少、無顆粒球症 前駆症状として発熱、咽頭痛、インフルエンザ様症状等が現れる場合がある 、白血球減少、血小板減少、貧血等の骨髄抑制、再生不良性貧血が現れることがあるので、4週間ごとに血液検査を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には、休薬等の適切な処置を行う。.




2022 blog.edcanvas.com